一日のうちで一番紫外線が強い時間って知ってる!?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

老化はもちろん、健康にも害を及ぼす紫外線女性の方で紫外線にノーガードで挑む方は少ないと思います

 

私も帽子や日傘、100円ショップで購入した腕や首をガードするアイテムを活用し、日々戦っています

 

そんな強敵紫外線ですが、特に気をつけないといけない強い時期時間帯がいつなのかご存知でしょうか

 

一番強い時期は6月から7月で4月から9月までの間には年間の約8割の紫外線が降り注ぐそうです

 

一番強い時間帯は11時から15時で10時から15時までの間の紫外線は1日の約5割以上となるようです

 

寒さがなくなり、暑さと共にやってくる開放感の季節、そして外に出るランチの時間帯に気をつけなきゃいけないなんて辛いですが老化を防ぎ、健康を維持するためにも頑張って対策していきましょう

 

対策する場所は頭と顔、手足といった肌が多いと思います。

しかし今回、知っておいてほしいのは目に対する対策です

何をするにも大切な目の日焼けと、その対策方法をまとめてみました

 

紫外線による目からの日焼け!?肌への対策だけでは不十分!?

 

 

肌は守っても、目についての対策が不十分な方は多いです

肌と違って目の日焼けが危険なことを知らない

そして目が日焼けしても肌が黒くならないと思っている人が

多いことが原因かと思います

 

紫外線が目に当たることで

どういったことが引き起こされるか見ていきましょう

 

まず目に紫外線が当たると、目の細胞にダメージを受けます

次にそのダメージに対して脳がメラニンという色素を作るよう指示をします

 

そうすると肌を露出していないのに肌が黒くなることがあるのです

 

また角膜に紫外線が入ると、角膜の炎症を引き起こし

目の痛みや充血などの症状が出たりもします

白内障を招く危険もはらんでいます

 

目は起きている間中、使うものです

近年ではスマホやパソコン、テレビなど、目を使う作業が多くなっているため

疲れ目とは切っても切れない関係かと思います

 

疲れ目は視力低下も引き起こし

抵抗力が弱っている状態は病気も招きやすくなります

 

目の使用頻度は最小限に抑えられるよう努力し

紫外線からも守るよう対策していく必要があります

スポンサードリンク

 

目への紫外線対策にはメガネが効果的!?

 

 

どうやって目を守るかというと、メガネをオススメします

帽子や日傘でもある程度紫外線はカットできますが

道路や建物に反射した紫外線は避けることができないと思います

 

そのため目に紫外線が直接入らないよう

メガネを着用して目の直前で紫外線をカットしてください

 

大手メガネメーカーJINSでは99%以上のレンズが紫外線をカットするほか

同じく大手メガネメーカーZoffも

紫外線を100%カットするクリアレンズを取り扱っているそうです

 

こうした安価で豊富なデザインの商品を抱えるお店で

好きなデザインのメガネやサングラスを

様々なファッションに合うよういくつか所有する、というのも楽しそうです

 

選ぶ上での注意点として

メガネはレンズの上下からも光が入ってきますので大きめなレンズにして

できるだけ目をカバーするものを選んだ方が良いという点が挙げられます

 

また、色が濃いほうが紫外線をカットできるかというとそうではありません

 

紫外線が防げるメガネやサングラスには

紫外線透過率というものの記載があるはずなので、そちらを参考にしてください

 

見方としては「紫外線透過率1%以下」ならば

99%以上の紫外線が防げるということになります

 

また、すでにメガネを持っているという方は

メガネの上からかけられるサングラスというものも存在します

 

海や山、サイクリングなどの

レジャー向けとして開発された商品が多いので

メガネ専門店にない場合は

アウトドア用品を取り扱っているお店でも見てみてください

 

まとめ

以上が紫外線の強さや目に対する対策でした

まとめますと・・・

 

・紫外線の強い時期は4月から9月、強い時間帯は10時から15時まで

・紫外線が目に入っただけでも肌が黒くなることや

角膜の炎症や白内障の危険もある

・健康な目を維持するために対策が必要

・紫外線を防ぐメガネやサングラスを選ぼう

 

毎日の生活で目はとても大切です

 

いつまでも健康な目、健康な肌、健康な体でいられるよう

日々の対策を万全にしましょう

タイトルとURLをコピーしました