ちゃんと知っておこう!fba手数料の計算方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

国内での圧倒的知名度を誇るamazon。

私も商品の購入や動画視聴でよく利用しています。

このamazon が行っているfbaというサービスをご存知でしょうか。

fbaの正式名称は「フルフィルメントby amazon」といい、その頭文字をとるとfbaとなるわけです。

 

具体的には、amazonが行っている販売業務の効率化を手助けしてくれるサービスです。

 

流れとしては、自分で商品を仕入れて出品し、出品した商品をamazonに送る。

売れたらamazonが商品をお客様に発送、という流れです。

在庫を管理することや、個別の発送する業務って大変ですので、これをamazonがやってくれるのなら助かりますよね。

 

気になるのはやはり手数料や送料といった費用です。

今回は、fbaの詳細やその手数料の一覧、計算方法などを簡単にまとめてみました。

fbaに興味のある方、参考にしてみてください。

 

知らないと恐いamazonのfbaの手数料に消費税も考慮しておこう!

 

まずfbaに、他にどのようなメリットが

あるのかを見ていきましょう。

 

例えば、プライムマークというものが表示されることで、

商品検索結果の上位への表示、お急ぎ便対応、

一部は除きますが国内通常配送料無料となります。

他にもクレジットカードや代金引換、電子マネー支払い、

amazonショッピングカード、amazonギフト券など

様々な決済方法を購入者が利用することができます。

個人的にも同じ商品、同じ価格でamazonプライム商品があると、

amazonが認めた商品という安心感もあって、

やはりそちらを選んでしまいます。

 

ただ、そんなメリットだらけに見えるfbaですが、

もちろん無料ではありません。

販売と配送代行、在庫保管などの手数料がかかります。

そのほか月間登録料、販売手数料、カテゴリー成約料、基本成約料などにも

消費税が課税されますので、こちらも考慮してください。

スポンサードリンク

 

fbaの手数料一覧!内容をしっかり理解しておこう

 

メリットとともに手数料というオマケがついてくるfbaですが、

一体どんなものがあるのでしょうか。

以下に手数料がどういったものかをまとめました。

ちなみに出品サービスプランは、

大口出品サービス・小口出品サービスの2種類があるようです。

大口出品サービスは月50点以上の販売を見込んだ方、

小口出品サービスはそれ以下を考えている方

と考えてよいかと思います。

 

たくさんある手数料でどうにも分かりにくく思えますが、

簡単な計算方法があります。

fba料金シミュレーターというものが

amazon公式サイト内に設置されています。

そちらを利用すると自分で発送した場合と、

fbaを利用した場合を簡単に比較することができます。

 

 

・配送代行手数料・・・

配送する際の手数料です。小型・標準・大型と荷物の大きさや、

商品が低価格の場合などによって異なります。

 

・在庫保管手数料・・・

場所代のようなものです。月額の基準金額や

商品サイズ、保管日数などで計算されます。

 

・fba在庫の返送・所有権の放棄手数料・・・

fba在庫を返送するとき、所有権を放棄するときの手数料です。

 

・購入者返品手数料・・・

30日間返品送料無料というシステムを

購入者が利用したときにかかる手数料です。

 

・長期在庫保管手数料・・・

1年を超えて在庫を保管する商品にかかる手数料。

商品の大きさによって決まります。

 

・納品不備受領作業手数料・・・

ラベルや梱包に不備があった際にamazonが対処すると

発生する手数料です。

 

・fba商品ラベル貼付サービス手数料・・・

amazonにラベル貼りを頼むと発生する手数料です。

 

・fba梱包準備サービス・・・

袋入れやテープ貼りといった作業を

amazonに頼むと発生する手数料です。

 

・販売手数料・・・

商品のカテゴリーによってが変わってきます。

 

・月額4,900円の登録料・・・

大口出品サービスの料金プランを利用すると発生します。

 

・基本成約料・・・

小口出品サービスの料金プランに発生する手数料です。

商品1点ごとに100円がかかります。

 

・カテゴリー成約料・・・

本、ミュージック、ビデオ・DVDが成約した場合に

かかる手数料です。

 

 

まとめ

 

以上がfbaの詳細と手数料の一覧や計算方法でした。

手数料が細かく、高いと感じて

敬遠してしまう方もいたかと思います。

 

しかし、低価格で自ら出品して発送コストを抑えた場合と、

amazonというブランドの訴求力

システムを駆使して高値をつけて出品した場合、

どちらがより売れるかというのは難しい問題です。

一度シミュレーションを利用したり、

実際の利用者の口コミを確認したりして、

利用の有無を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました