フライパンの特徴別おすすめ!IH対応の人気モデル

スポンサードリンク
スポンサードリンク

毎日の食事作りになくてはならないフライパン。

様々な種類があって、迷ってしまいますよね。

 

最近では、安全性が高くお掃除しやすいIHクッキングヒーターの普及により、IH対応フライパンの人気も高まっています。

 

ちなみに、我が家も全てIH対応フライパンで揃えています。

 

そんな人気上昇中のIH対応フライパン。

どんな種類があるのでしょうか。

 

 

素材

 

〈鉄〉  

重いのが欠点ですが、熱に強いので

炒め物や中華料理におすすめです。

 

〈ステンレス〉

丈夫で錆びつきにくいため、長持ちします。

表面がツルツルしているため、簡単に汚れを落とせます。

一度熱すると冷めにくいので、余熱を利用した調理もできます。

 

〈アルミニウム〉

軽くて熱伝導に優れているので、火加減がスムーズです。

お手頃な価格でお買い求め出来るのも魅力です。

油馴染みがあまり良くなく、食材がひっつきやすいので、

炒め物や焼き物には不向きです。

水分の多い調理向きなので、パスタソース作りにピッタリです。

 

表面の加工

 

〈フッ素加工〉

油や水をはじくので、焦げ付きにくいです。

そのためお手入れも簡単です。

 

〈ダイヤモンドコート〉

フッ素加工の一種で、人口のダイヤモンド粒子を加えているので

普通のフッ素加工のものより、耐久性が高く長持ちします。

 

〈セラミック加工〉

表面をセラミックでコーティングしています。

高い耐熱性があるため、丈夫で長持ちします。

 

〈マーブルコート〉 

こちらもフッ素加工の一種で、大理石の粉を加えているので、

耐久性が高く、お手入れも楽です。

 

〈チタン加工〉

軽くて錆びつきにくいです。

熱伝導が低いので、肉料理など、

時間をかけてじっくり熱を通す料理に向いています。

 

 

このように、素材や表面の加工だけでも、種類が豊富ですよね。

形や大きさ、取っ手が外れるタイプなど、考え出したら本当に選ぶのも一苦労。

私もフライパンを買うときは、売り場にいつも居座ってます(笑)

 

ちなみに、私の周りで人気のフライパンは、フッ素加工されたものですね。

取っ手が外れるのものも、衛生的で、収納しやすく人気ですよ。

 

くっつかない!焦げない!フライパンのおすすめ!ガスで使いやすいものって?

 

安全性の高いIHクッキングヒーターの人気が高まる一方で

「ガスコンロじゃなきゃイヤ!」

という方も沢山いるでしょう。

それぞれメリット、デメリットがありますが、

ガスの最大の魅力は、直火調理のため、

微妙な火加減の調節ができるところでしょう。

そして、何より、ガス専用のフライパンって安いんです。

しかも、とっても軽い!

 

ガスコンロをお使いの方なら、

わざわざオール熱源対応のフライパンにせずに、

ガス火専用フライパンをおすすめします。

とても軽いガス火専用フライパンは、

持っても振っても疲れないので、

直火調理ならではの醍醐味が味わえますよ。

 

ただし、先々IHにするか迷っている方は、

買い替えの必要がないように、

オール熱源対応のものにした方が無難です。

 

 

フライパンを選ぶ際に気になるのは、

軽さだけではありませんよね。

くっつかない焦げ付かないフライパンかどうかも、

選ぶ基準となってくるでしょう。

 

IHフライパンと同様、ガス専用フライパンも

表面加工によって、決まってきます。

 

フッ素加工・ダイヤモンド加工・マーブルコート加工・

セラミック加工・チタン加工は、

表面のコーティングによって、くっつかず、

焦げ付きにくく、おすすめですね。

 

食材がくっつくと焦げ付いて、

せっかくのお料理が台無しになってしまいますので、

是非コーティングされたフライパンで

快適にお料理したいものですね。

スポンサードリンク

 

出費は出来るだけ抑えたい…フライパンのおすすめ!安くて長持ち!?

 

フライパンを揃えるのも結構な出費になりますよね。

出費は出来るだけ抑えたいけれど、

そうすると長持ちしないイメ―ジがあると思います。

いくら安く買えたとしても、長持ちしなければ、

すぐ買い替えなければいけません。

それでは、意味がないですよね。

 

〈安くて長持ち〉

というわがままな要望にかなうフライパンって

どんなものでしょうか。

 

私が個人的におすすめするのは、お料理を頻繁にされる方には、

ダイヤモンド加工やマーブルコート加工されたフライパンです。

 

普通のフッ素加工のフライパンに比べて

人口ダイヤモンドの粒子や大理石の粉を混ぜている分、

耐久性が高く長持ちします。

その分少々価格も上がりますが、そこまで高くありません。

耐久性と使い勝手の良さを考えたら、お得だと思います。

 

あまり、お料理をしない方には、

普通のフッ素加工(テフロン)で十分でしょう。

 

 

たかがフライパン、されどフライパン。

フライパン選びを間違うと、

毎日のお料理が楽しくなくなってしまいます。

 

これだけは絶対必要!というゆずれないポイントを決めてから、

フライパン選びをすることが大切ですよね。

 

タイトルとURLをコピーしました