麦茶のカフェイン含有量は?カフェインを含まないお茶紹介

スポンサードリンク
スポンサードリンク

初めての子育てをしているお母さまは何もかもが初めてで、色々悩むことも多いと思います。

特に子供の最大の生命線、水分補給には気を遣っているのではないでしょうか。

 

今回ご紹介したいのは赤ちゃんの麦茶です。

乳児にとって麦茶は必ず必要な飲み物ではありません。

しかし母乳やミルクが終わったら、次の飲み物として重要になってくるものです。

 

少しずつ慣らしていったり、離乳食が始まって栄養が足りているようでしたらミルクの代わりの水分にしていったりしても良いでしょう。

カフェインの有無や飲ませ方や量、麦茶を飲まないときの水分補給などについてご紹介します。

参考にしてみてください。

 

麦茶を赤ちゃんに与える時の飲ませ方!作り方や薄め方

 

 

まず麦茶はいつから飲めるのかというと、

生後1か月くらいからです。

カフェインの入っていない

ベビー用麦茶というものが売っています。

こちらから初めてみると良いでしょう。

ちなみにカフェインがなぜいけないのかというと、

赤ちゃんは消化器系が未成熟で、

消化・分解・吸収に時間がかかるためです。

そして興奮したり、覚醒したり、利尿といった作用が

強く出てしまいます。

利尿の何が怖いかというと、利尿が頻繁に起こると、

水分を取っているのに脱水を引き起こすこともあるためです。

こういった理由から赤ちゃんの飲み物、食べ物は

カフェインの入っていないものにした方が良いのです。

 

ベビー用麦茶にはそのまま飲めるものと、

粉から作るタイプがあります。

飲ませるタイミングとしては、母乳やミルクに

支障が出ないタイミングを見計らってください。

もちろん乳児は基本的に

母乳やミルクだけで構わないとされています。

ただお風呂上がりや夏の外出時といった場面で、

必要になったら麦茶を与えるという

選択肢があっても良いと思います。

 

麦のアレルギーがあるかもしれないため、

与えはじめは少量(薄めてもOK)から、

時間は病院が診察をしている時間帯にしましょう。

大人用のノンカフェインの麦茶をあげる場合、

離乳食を始めてからの方が良いです。

必ず一度沸騰させたお湯を使い、

薄め方としては2倍程度がおすすめです。

麦茶にも味や苦みがあり、

赤ちゃんはそういったものに敏感です。

徐々に慣らしてあげてくださいね。

 

 

麦茶を赤ちゃんが嫌がって飲まない時の水分補給について

 

 

最初から麦茶を飲めるという赤ちゃんもいますが、

どちらかというと飲まないという子の方が多いです。

私の子もそうでした。

私の子は体重の増加が早く、それを産院に相談したところ、

ミルク以外の水分補給を提案されました。

そのとき麦茶を与えてみようとしたのですが、

一口だけ口に入れたあとは受け付けてくれませんでした。

その後、教わった5つのやり方で挑戦しました。

 

1.麦茶にミルクを混ぜる

2.ごく少量の砂糖を混ぜる

3.薄める

4.麦茶の種類を変える

5.コップにする

 

この5つの方法を、

いつも喉が渇いていると思われるタイミングで、

温度はミルクと同じくらいにして与えました。

結果としては13で、飲むこともありました。

麦茶を飲まないことでお悩みでしたら、

この5つの方法を試してみてください。

もちろん赤ちゃんによって好みや状況もあると思います。

ちなみにうちの子は離乳食が始まったら、

白湯をすごく飲むようになりました。

成長したら麦茶を飲むようになる子も多いです。

あまり麦茶を飲む・飲まないに気を取られず、

白湯にしてみたり、ミルクを若干早めにあげたりして

調整してみてください。

ただミルク以外の水分補給として、

ジュースを頻繁に与えた場合、

しばらく甘い飲み物しか受け付けなくなるという話はよく聞きます。

 

 

まとめ

 

以上が赤ちゃんの麦茶についてでした。

まとめます。

・生後1か月から与えられるベビー用麦茶がある

・カフェインの有無、母乳やミルクの時間に

支障がないよう気を付ける

・麦茶を飲まない場合は白湯、もしくは早めのミルクがおすすめ

 

水分しか摂らない赤ちゃんに

何を与えるかはとても大きな問題です。

ただお母さまが悩み過ぎて辛くなってしまっては、

赤ちゃんにもよくありません。

麦茶についてはそこまで考えすぎず、飲んでくれなくても

「まあいいか」くらいの気持ちでいてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました