通勤は距離だけじゃない!? 車の場合は渋滞も考えよう

スポンサードリンク
スポンサードリンク

春から新しい生活を始めるそこのあなた通勤時間はどのくらいかかりますか?

 

車の場合はいつも同じ時間で到着できるわけではなく時間によって渋滞があり、日によっては事故などで、通行止めになってしまう可能性もあります

 

毎日通う為、なるべく負担は少なくしたいところです。

今回は、そんな通勤の悩みを解決していきます

 

通勤時間はどのくらいまで妥協できるのか。

また、長距離運転でも身体の負担を最小限に抑えるオススメの車を紹介します

 

新生活を快適に過ごせるよう、少しでも参考にしていただけると嬉しいです

 

通勤の距離の限界は片道1時間!?他の交通手段も視野に

 

通勤時間は無給です

そのためなるべく短く抑え

時間を無駄にしたくありません

 

長くて1時間です

これ以上になってしまうと、毎日朝早く出ないといけず

疲れて帰る際にも夜遅くになってしまい

睡眠時間が減ってしまいます

 

新生活はただでさえ疲労が多い時期で

休息が大切です

これ以上であれば体力的に

もたなくなってしまうでしょう。

 

また、毎回通勤に何時間もかかってしまって

徐々に行くことが億劫になってしまいます

 

これから頑張ろうと思っていた気持ちも薄れてしまい

精神的ストレスにも繋がっていく可能性もあるでしょう

 

しかし、長時間が良くないとわかっていて

どうしてもかかってしまうこともあります。

その場合は、車ではなく他の交通機関も

視野に入れて考えてみましょう

 

今の時代は、バス電車もたくさんの

本数が出ていて、しかも正確です

大幅な遅れになることも少なく

遅れたとしても数分なことがほとんどです

 

正確に時間が予測できる公共交通機関の方が

通勤に向いている場合もある為

多くの手段を視野に入れ

自分にあった方法を探すといいでしょう

 

探す際のヒントとして、車通勤電車通勤

メリット・デメリットを紹介します

 

「車通勤」

・メリット

常に座って過ごす為、身体の負担が少ない

一人の為、自分の空間で快適に過ごせる

 

・デメリット

渋滞の可能性もあるため時間にムラがある

仕事終わりに飲みにいくなど

遊びに行くことができない

 

「電車通勤」

・メリット

時間に正

新聞を読んだり、勉強をするなど

通勤時間を有意義に過ごせる

 

・デメリット

通勤ラッシュの満員電車で

人に押されながら通勤する可能性がある

電車の乗り換えなどでも

移動は基本徒歩のため、体力的疲労がある

 

人によっても様々なメリットや

デメリットが出てきますが

あなたが通勤時間をどう過ごしたいかによって

変わってきます

 

自分のリズムにあった通勤方法を探し

なるべく負担が少なく

今日も頑張ろうと思える方法を選びましょう

 

 

長距離の通勤でも疲れにくい車がいいよね!?おすすめ車種

 

車通勤に決めた場合

長時間の運転になるのであれば

なるべく負担は抑えたいところです

 

疲れ方は車によって全然変わってきます

疲れにくいようシートに余裕のあるものや

自動運転機能が搭載され、安全に運転することを

最優先にしているものなど多くあります

 

身体の負担を最小限に抑えるため

車選びも大切です

そこで、今回は長距離通勤にオススメの車種を

紹介していきます

 

・トヨタ カローラアクシオ

現在の車はバックモニターに頼り

後ろはあまり目視できないような

デザインのものが多くあります

 

しかし、カローラアクシオは

ウィンドウが低い位置に設置されているため

後ろを自分の目で見て確認することができます

また、小回りもきくため

運転しやすくなっています

 

・スバル インプレッサG4

走行中の安定感、座ると体にフィットするシートで

長距離運転に向いている車種です

車間距離を制御できる機能も付いているため

高速などに乗った際には、アクセルを調整する手間が少なく

快適に運転できます

 

・ホンダ フィット

価格が165万と他の車種と比べると

リーズナブルな車種になります

自動ブレーキや車間距離を制御する機能も付いていて

他と比べても機能は申し分ないため手が出しやすく

新しく車を買うという方にオススメです

 

いかがでしたでしょうか?

運転を疲れさせる原因

車から伝わってくる振動や揺れ、エンジンのなどです

 

またアクセルの微妙な調整や

ハンドルの調整などの動きから

疲労感を感じています

これらを抑えることで

疲労感を抑えることができるのです

 

自分は車の運転に何を求めるかを考え

自分にあったものを選びましょう

その選択で、これからの新生活が大きく変わってきます

 

 

快適な通勤時間を追求しましょう

 

 

車か公共交通機関かだけでも

通勤のスタイルは大きく違います

 

自分は時間の正確さを求めるのか

一人の余裕のある空間での通勤を求めるのか

通勤時に何を求めるのか認識しましょう

 

また、車通勤の場合も

どのぐらい快適な車を選択するかによって

疲労感が違ってくるため、試乗などをし

自分の体にあったものを選ぶことをオススメします

 

これらの選択によって

新生活のモチベーションや成果が大きく変わります

 

新生活を有意義に過ごし

自分のペースで生活に慣れていきましょう

タイトルとURLをコピーしました