婚活アプリ30代攻略法!これを直せばあなたも人気ユーザーに

スポンサードリンク
スポンサードリンク

結婚したい人が気軽に登録できる安心な婚活アプリ、登録者数が数百万人いるアプリはいくつもあります。

 

ただ、結婚までの道のりがスムーズかと言えばそうではありません。

ある人気結婚アドバイザーの元には婚活アプリに関わる相談がいくつも寄せられるそうです。

 

30代男性に多い相談が「婚活アプリを使ってもなかなか良い女性と会えない」、ということです。

 

今回は結婚アドバイザー流の婚活アプリで女性と会うためのコツ、特に30代の男性向きの方法をご紹介します。

 

マッチングアプリに登録してみたものの上手くいかない、会うまでに至らないといった方、参考になればと思います。

 

婚活アプリで上手くいく人とそうでない人を比較してわかる3つの違い

 

婚活アプリを攻略するためには、

上手くいく人とそうでない人を

比較すると分かりやすいです。

 

大きな違いは主に3つです。

それは相手の身になれているか、

情報量が適正かどうか、

焦りを隠せているかどうか、

ということです。

 

この3つを成功者がどうやっているか

見ていきましょう。

 

まず「相手の身になる」です。

 

見ず知らずの女性に対して、

相手の身になるということは

難しいと思います。

 

しかしプロフィール欄や

アピール欄があるはずです。

こういったところを

しっかりとリサーチして、

どういうタイプの人なのかを

想像することが大切です。

 

次は「情報を出しすぎない」です。

 

リサーチしたら今度は

アプローチをする必要があります。

30代男性ともなると

収入が上がっていたり、

役職についていることもありますね。

 

しかしそれらを全てさらけ出すと、

多くの女性は引いてしまいます。

 

最初は信頼関係を築くための

コミュニケーションを取ります。

まずは最小限のアピールで興味を引き、

続きは会ってから、

という流れが理想的です。

 

そして「焦りを見せない」です。

 

お互いに「結婚したい者同士」

だと言っても、

真剣度合いは人それぞれです。

 

すぐにでも結婚したい人もいれば、

一度婚活アプリを使ってみたくて登録した、

くらいの人もいるでしょう。

 

警戒心が解けていない段階での

「会いましょう」は

女性にとって恐怖です。

 

相手の身になって、

怖い思いをさせないよう

会う約束を切り出すタイミング

十分に気を遣う必要があります。

 

 

婚活アプリで出会えない?あなたのメッセージに問題ありかも!?

 

その他にも気を付けるべきなのは

メッセージです。

やりがちなNGメッセージは次の通りです。

 

簡単すぎる文、長すぎる文、

同じ文面を送る、です。

 

婚活アプリを長く続けていると

やりがちになるのが

簡単すぎる」メッセージです。

 

メッセージは、見ず知らずの人と

会うかどうかの判断材料です。

少なすぎると判断結果は

「NO!」となるでしょう。

 

かといって自分のことを延々と連ねる

長すぎる」メッセージも困ります。

先ほども書きましたが、

初めから自分をさらけ出しすぎると

怖がられてしまいます。

 

同じ文面を送る」のもダメです。

いくら名文でも、

誰にでも当てはまるような文面なら、

女性に見抜かれます。

 

「自分の良さは理解してくれる人にさえ

わかってもらえればいい」、

そう考えるのも、ある意味

間違いではないと思います。

 

しかし、メッセージというアプリの

画面越しで、縁が切れてしまうのは

もったいないです。

 

良さをわかってもらうには、

それなりの時間と機会が必要です。

 

30代男性ともなると

仕事が忙しい方も多いと思います。

しかし、これはこれで大切な

コミュニケーションです。

 

相手の身になって、

丁度いい文面、丁度いい長さを

考えて送ってみてください。

 

 

まとめ

 

以上が婚活アプリの攻略方法、

特に30代男性に向いた対策でした。

 

要約します。

 

3つのことに気を付ける

(相手の身になる、情報をしすぎない、

焦りを見せない)

 

メッセージは簡単すぎず、長すぎず、

一人一人に違う文面を送る

 

30代ともなると仕事に慣れ、

充実している方も多いでしょう。

忙しいとコミュニケーションが

雑になりがちです。

 

でも、生涯のたった一人の

かもしれないと思えば、

きっと大切に接することが

できるはずです。

 

良いご縁が見つかるといいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました