毎日必ず触るものだからこそ! スマホケースのおすすめブランド

スポンサードリンク
スポンサードリンク

毎日必ず触るスマホ。

持っている機種がほとんどの人が同じな為、つまらないなと感じたことはありませんか?

 

そんな時には、スマホケースで差をつけましょう

 

スマホケースは様々なところで売られていて、大きいシリコンで作られたキャラクターのものや、押し花が入ったもの。

中に液体が入っていて中のスパンコールたちが動くものなどたくさんあります。

さらに、今は100均でも売られているほどです。

 

その数あるスマホケースの中でも、定番といったらiFace。

 

多くの会社とコラボもしていて、デザインも様々です。

 

このケースの特徴はなんといっても衝撃に強いことです。

デザインだけでなく、落としても割れないことが人気で定番にのし上がりました。

 

他にもTILEというシンプルな角ばったデザインで人気のものや、Latootooという鏡とカードケースが付いているブランドも人気が高いです。

 

しかし、人気のものは他の人と被ってしまう可能性があります。

絶対に被りたくないという場合は、自分で作ってしまいましょう。

 

これから、スマホケースを自分で簡単に作る作り方を紹介していきます。

これで、世界にひとつだけの特別なスマホケースが誕生します。

 

スマホケースはハンドメイド品で自分だけのオシャレを楽しもう!

 

 

スマホケースを探していると、

ハンドメイドのケースもたくさんあります。

これだけスマホが普及している中、

誰一人としてかぶることのない

ハンドメイドは主流になってきています。

 

ハンドメイドの商品は、

minneやメルカリなどで多く売られています。

刺繍のものや、押し花のもの、

ケースそのものにデザインを描いているもの、

レジンで飾っているものなど多くあります。

 

値段も約2000円〜4000円と、

市販のスマホケースと大差ありません。

ハンドメイドの良さは、何と言っても

世界に1つしか存在しないということです。

 

また、作っている人に頼んで

自分の好みのデザインにもしてくれます。

市販で売っているものであれば、

デザインされているものから、

自分の好みに近いものを選びますが、

 

ハンドメイドであれば、

好きな雰囲気のデザインを作っている人に

要求をして好みに合わせてもらう

ことができるのです。

 

さらに、ハンドメイドの場合、

デザインが無限にあります。

 

市販のものはある程度売れそうな

万人ウケしそうなものが多いですが、

ハンドメイドは作者の作りたいと

思ったものを作っている為、

奇抜なデザインも多く存在します。

 

なにそれ!と話題の中心になること

間違いありません。

ぜひ自分の好きなデザインを

探し出してみてください。

スポンサードリンク

 

スマホケースを好きなデザインで作っちゃおう!

 

 

こういうデザインにしたいと明確にある場合は、

思い切って自分で作ってしまいましょう。

今回は、ハンドメイド初級編を

説明していきたいと思います。

 

基本の作り方さえマスターすれば、

応用し自分のデザインを

作れるようになるはずです。

初級編なので、100均で

揃いそうなものを選んでいきます。

 

「用意するもの」

・透明なスマホケース

・デコるパーツ

・マニキュア

・ボンド

 

この4つは全て100均

揃えることができます。

 

今回はマニキュアでケース自体に色を塗る為、

透明なケースにしましたが、

すでに色が付いているものでも大丈夫です。

そして、マニキュアも1色ではなく

たくさんの色があるとさらに可愛くなります。

 

「作り方」

・マニキュアを使いケースに色を塗ります

・ケースの上にパーツを置いて配置を決める

・ボンドで貼り付ける

・完成!

 

これだけです。

とっても簡単にできます。

 

最初の塗る作業ががうまくいかなくても、

上にパーツを置く為修正はできます。

 

また、最初にパーツの位置を決めてから

貼り付けることで、失敗が減ります。

この時、カメラのレンズにパーツが

被ってしまわないよう気を付けましょう。

 

これは基礎のやり方のため、

アレンジの方法はたくさんあります。

 

まずケースに色をつける際に、

直接マニキュアで塗るのではなく、

水を入れたボールにマニキュアを

何滴か垂らしてマーブル模様を作ります。

 

そして、そこにケースをくぐらせれば、

マーブル模様のケースの完成です。

さらに、マニキュアでなくても、

レジンに変えるとさらに

アレンジの幅が広がります。

 

100均にもレジンは売っていますし、

時間はかかってしまいますが

自然乾燥でもできるため、

挑戦しやすいと思います。

 

デコるのに使うパーツにしても、ラインストーンや、

デコパージュ用のパーツ、レジン用のパーツなど

様々なものがあります。

 

また、レジンであれば、

雑誌の切り抜きや、お気に入りの写真なども

入れることができるため、

さらに特別感が増します。

 

このようにアレンジの方法はたくさんある為、

ぜひ自分だけのオリジナルのスマホケース

挑戦してみてください。

 

 

世界にたった1つのスマホケースを見つけよう!

 

 

スマホケースは数え切れないほど

多くの種類があります。

市販で売られているものも

とてもかわいいデザインが多く、

ハンドメイド商品も探していると

止まらなくなってしまうほどです。

 

毎日絶対触るスマホです。

見るたびに、かわいいーと

思えるものを選びましょう。

 

また、自分のデザインが明確にある場合は、

自分で作ってみましょう。

作り方は本当に簡単です。

 

自分で作ったものは

自然ととても愛着が湧きます。

ぜひ世界に一つしかないケースを

作ってみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました