衣替えのタイミング!春から夏への衣装つめかえはいつがベスト?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

もうすぐ夏が来るのに、衣替えがまだ終わってないという方は多いのではないでしょうか。

最近は気候変動が激しく、春から夏への季節の変わり目でも気温が低い日や雨が降って肌寒い日があったりするので、衣替えのタイミングに迷ってしまいますよね。

そこで今回は季節の変わり目の衣替えの目安やコツについてご紹介していきます!

季節の変わり目!衣替えの時期の目安は?春後半の服の整理

 

衣替えのポイントをご紹介していきますね。

①春序盤に着る服はしまう
もうすぐ初夏を迎えるからといって、

春服を全て押入れにしまうのはおすすめしません。
ですが、春先の寒い日に着るような

セーターやコーディガンなどの一部を

しまっても大丈夫でしょう。
一般的には3月〜5月が春と定義されますが、

同じ春でも序盤と終盤では大分気候が違いますよね。
仮に春の序盤が3月、中盤が4月、終盤が5月とします。
序盤の3月は地域によっては雪が降ったりするなど、

寒い日が続くことがありますが、
終盤の5月は過ごしやすい気温になり、

時には30度前後の夏日になる日がでてきますよね。
ですので、春から夏への衣替えの時期には、

春序盤に切るようなぶ厚めのニットや

アウターはしまうことがおすすめです。

②寝具の衣替えも忘れずに!
衣替えのついでに、普段なかなかできない

寝具を洗ったり、クリーニングに出しておきましょう。
晴れた日に布団を天日干ししておき、
余裕のある方は布団用の乾燥機を使って、

ダニ退治をしっかりしておくことがおすすめです。

③秋冬物の衣服のケアを
春夏物の衣替えと同時に、秋冬で着た

衣服のケアも忘れずに行ってくださいね。
特に、梅雨の時期はクローゼットや

押入れの中のカビには注意が必要です。
除湿剤や防カビ剤を設置しておく、

時々扇風機を当てて空気を循環させるなどの工夫をしましょう。

④衣替えの時期はゴールデンウィークがおすすめ!
地域により差はありますが、

具体的な衣替えの時期は5月中がいいでしょう。
この時期はゴールデンウィークもあり、

長期休暇中にじっくり衣替えを行う時間を作りやすいです。
また、気温が本格的に上昇してくる時期なので、

確実に使わなくなる衣服を判断しやすくなります。

長期休暇中に衣服と寝具の仕様を変えて、

本格的な夏の準備を行いましょう!

おしゃれ服の衣替え!時期の変わり目は春夏半分が楽チン

 

春終盤で着る服と、夏に着る服を出していきましょう。
気をつけておきたいところは、

薄手の長袖のカットソーや、カーディガンなどの

上着類を出しおくことですね。
最近の夏場には外での猛暑が続く反面、

屋内は冷房がガンガン効いていることもあるので、

長袖のパーカーやカーディガンは意外とよく使います!
また、衣替えついでにクローゼットや

タンスを整理しておくといいですよ。
ここでのポイントとしては、

まず色別に服を並べておくこと。
そして、服を平積みするのではなく、

縦置きして詰めるように服をしまうことです。
そうすることで、どんな色の服を持っているのか

パッと見て判断できます。
実際に並べてみると、意外と同じような色を

持っていることに気づくことができると思います。
その場で似ている服や、あまり着ていない服を

断捨離するのもいいでしょう。
また、この整理方法は同じような服を

新しく買ってしまった…

なんて失敗も少なくなりますのでとてもおすすめですよ。
そして、収納ケースはタンスでももちろん大丈夫ですが、

余裕のある方は今シーズンに着る服を

ハンガーラックにかけておくといいです。
ハンガーラックは服にシワがつくのも

避けることができますし、服をたたむ手間や

取り出す時間も省けますので時短につながりますよ。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
衣替えは面倒に感じますが、
自分の衣服や寝具をケアすることが

できる絶好のチャンスです。
衣替えをばっちり終えて、

新しい季節に備えていきましょうね。

 

タイトルとURLをコピーしました