そもそも夏至って知ってる?日照時間と日の入りの関係性とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

夏至と聞くとどのようなイメージがありますか?

日の出が早く、日の入りが遅い、昼が一番長くなる時期を夏至と言います

 

夏至はこれから夏が始まります、という合図なのです

2019年の夏至は6/22にあります

 

梅雨真っ只中の時期で、あまり夏を感じられない時期に迎えるのです

 

夏至は日が1番長い時期だと紹介しましたが、実際どのくらい長いのでしょうか

 

夏至の日の1日の流れについて詳しく紹介していきます

また、昨年の夏至、冬至はどうだったかについて紹介していきます

 

夏至の日の日の出は早い?日の入りは遅い?1日の時間の流れを検証

 

 

夏至がなぜ一番日が長くなるかというと、太陽の動きに関係しています。

太陽が長い時間をかけて、1年で一番高い位置まで昇っていき、

また沈んでいくため日が出ている時間が長くなるのです

 

太陽のスピードは変わっていないのですが、

太陽が進む道が違うということです

 

逆に、当時の昼が一番短い日は、太陽が低い位置までしか登らないため、

太陽が見える時間が短くなるのです

 

2019年夏至の日の出と日の入りの時間

東京 日の出 4:26 日没 19:00 になっています

 

日が出ている時間は14時間34分とても長く日が出ているのです

 

また2019年冬至の日の出と日の入りの時間

東京 日の出 6:47 日没 16:32 になっています

日が出ている時間は9時間45分ととても短いです

 

夏至と当時の日が出ている時間には約5時間も差があります

 

日の出にも2時間30分差があり、日の入りにも2時間30分差があります

 

最近日が長いなと感じていても、まさかこんなにも違うなんて

思いもしません

 

太陽をたくさん浴びると人の幸せ度が上がると言われているため、

夏は楽しく遊ぶ人が多いのではないでしょうか

 

日本の伝統というと、冬至はゆず湯やカボチャなど

親しまれているものが多くあります

 

しかし、夏至にはそのような伝統があまりないのです

 

何故ならば、昔の人は夏は田植えの時期と重なっていて

それどころではなかったからです

 

日本人にとって米はとても大切な食材だったため、

夏は忙しく手が回らなかったと言われています

 

それでは、夏至は日が1番長い日と説明してきましたが、

去年の夏至はどうだったか覚えていますか?

 

また、冬至はどうだったか覚えていますか?

昨年の夏至と冬至について少し振り返ってみましょう

スポンサードリンク

去年の「夏至」と「冬至」はどうだったのか?去年の2018年を調べてみよう

 

 

2018年夏至の日の出と日の入り時間は

東京 日の出4:25 日没19:00

日の出ている時間は14時間35分です

 

2018年冬至の日の出と日の入り時間は

東京 日の出6:47 日没16:32

日の出ている時間は9時間45分です

 

今年の予想時間と比べると、夏至は1分長く、

冬至は全く同じ時間となりました

 

毎年あまり変動がなく、夏至と冬至の時間が決まっていることが

わかります

 

何故毎年同じ時間なのでしょうか

それは、地球が太陽の周りを一定のスピードで回っているからです

 

地球は太陽の周りを1年で1周します

そのため、急に地球の動くスピードが変わらない限り、

同じ時間に日が出て沈んでいくのです

 

逆に毎年変わっていくということは、1年で1周ではないことに

なってしまいます

 

では、日が出ている時間と、気温にはどのような関係が

あるのでしょうか

 

6月と聞いて1番暑い時期と思い浮かべますか?

 

やっぱり1番というと7月や8月を思い浮かべると思います

何故日が出ているのに暑くないのかというと雨が関係しています

 

日本は6月に梅雨が来ます

梅雨で地面も冷やされ、むしむしとはしますが

そこまで暑さは感じません

 

その時期に日に長く照らされるため、暑くはなりますが

日光を直接浴びるというよりも、地面が熱せられます

 

暖められた地面で空気が熱せられるまでに1〜2ヶ月ほどかかるため、

6月ではなく7月〜8月が暑くなるのです

 

また冬至は、寒い12月の時期で日が出る時間が短いと

太陽の暖かさをもらうことができず、寒くなる傾向があります

 

しかし冬も同じく寒さが本格的になるのは1月〜2月頃

太陽で熱せられなかった地面は1〜2ヶ月後に地面を冷やしていくのです

 

太陽の動きに注目して日々過ごしてみよう!

 

 

夏至と冬至で約5時間もの差があります

それほど差がついてしまうということは、太陽の動き方も

全く違ってきます

 

夏にはあれほど高くまで登っていた太陽が、冬にはこんな高さにあるなど、

1年通して毎日違う場所を通っています

 

太陽の場所が変わるということは月はどうなるのでしょうか

自然というのは不思議なことだらけです

 

日常で、太陽や月を見る時間などあるでしょうか?

 

少しでも自然に目を向けると新しい発見が多く出てきます

この不思議を昔の人々は機械を使わずに発見していたのです

 

そう考えると、あなたも何か発見できるかもしれません

さらに、昔の人が見つけ出した夏至と冬至の習慣を大切にし、

受け継いでいきましょう

タイトルとURLをコピーしました