バーベキューのレシピを簡単に! 簡単かつ大胆なアレンジで本格的イタリアンに!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

暖かくなってくると自然の中でバーベキューしたくなりますよね!

家族や友達とワイワイ楽しいけど、なんだかマンネリなメニュー…なんてこともあるかもしれません。

 

今年はそんなマンネリを吹き飛ばすイタリアンBBQにしてみませんか?

 

アルミの深皿やスキレットを使ったアヒージョ

エビやイカなどの海鮮も、トマトやズッキーニなどのお野菜も簡単においしく食べれますよ。

 

いつもは丸焼きにするイカも、一口大にカットしたらニンニクの効いたオリーブオイルにIN!あっという間にイタリア〜ン♪残ったオイルに浸したバゲットもまた絶品!

 

火起こし〜肉が焼けるまでの前菜はカプレーゼ、そして生ハムチーズのブルスケッタ

 

カプレーゼは前もってタッパーに仕込んでいけばすぐ食べれるし、準備も簡単。

ブルスケッタは、火起こし係の人も片手でパクパクいけちゃうので、きっと喜んでくれるはず!

 

いつもは焼きそばだけど、今回はパスタに変更なんてのもアリですね。

 

パスタはおなべ一つでデキるので、思ったより簡単ですよ!

アヒージョの残りオイルを絡めても簡単においしい1品の出来上がりです。

 

イタリアンといっても身近にあるオリーブオイルやハーブを使って簡単、なのにオシャレに仕上げます!

 

バーベキューの定番、お肉の仕込み方はこれ!この一手間がお肉に魔法をかける!?

 

 

バーベキューといえば肉!

とにかく肉がないとはじまりません。

 

イタリアンバーベキューでは、

お肉はシンプルな味付けが基本。

ローズマリーなどのハーブは

お肉との相性がバツグン!

ハーブがミックスされているクレイジーソルトは

手軽に使えますね。

 

大胆にかたまり肉を焼くのも

バーベキューの醍醐味。

でも、せっかくのお肉もカチカチで噛み切れず、

その上パッサパサではガッカリですよね。

 

ということで、バーベキュー前日に

チャチャッと下ごしらえは済ませちゃいましょう!

 

かたまり肉は筋切りがテッパン。

脂身と赤身の境目にサクサク包丁をさしていきます。

テキトーでOKです。

 

鶏肉は繊維を垂直に断ち切るようにサクサク。

皮にもブスブスさしておきます。

フォークでさしても大丈夫ですよ。

 

これをやるだけで、焼いた時の

縮みや反り返りを防げます!

 

筋切りしたお肉はジッパー袋にIN!

ワインに漬け込んで冷蔵庫にIN!

無ければ日本酒でもOKです。

 

玉ねぎのすりおろしやフルーツ

(なしやりんご、キウイにパイナップルなど)の

すりおろしに漬けるとやわらかくなりますよ。

 

ジッパー袋に移せば、

帰りのゴミも減るので一石二鳥。

下ごしらえを兼ねて

お好みで試してみてくださいね!

 

シンプルな味付けにしておいて、

食べる前にトマトソースをのせる

なんていうのもいいですね。

いつもの焼肉のタレとはひと味違った美味しさ。

 

なんならトマトソースはレトルトの

パスタソースで済ませちゃいます。

ラクしちゃいましょ。

 

かたまり肉のままで焼く場合は

キッチンばさみがあると便利ですよ。

まな板が無くてもザクザク切り分けできるので、

荷物も減りますしね。

スポンサードリンク

 

バーベキューが安心安全に出来ちゃうレシピ♪子供にも出来る簡単アレンジ方法

 

 

ファミリーでのバーベキューなら、

せっかくだから子供にだって楽しんでもらわなきゃ!

 

かといって、コンロ横でのお手伝いにはハラハラ…

ここはひとつイタリアンの定番、

ピザを仕込んで頂きましょう!

子供はみんなピザが大好き!

 

ピザ生地は冷凍のもので十分、

なんとギョウザの皮でも代用できますよ!

ピザトーストにしても良いですね。

 

生地にピザソースをぬーりぬり。

わいわいガヤガヤ、

好きなトッピングをポンポンポン。

好きなだけチーズをぱーらぱら。

あっという間に(?)キッズスペシャルの完成〜!

 

ポイントは

  • トッピングの具材は家で切って

種類ごとにわけてジッパー袋へ。

  • 生地は小さめをたくさん用意

(もうひとつやりたい!対策)

 

子供にだって楽しみながら

安全に出来ちゃいますよ!

 

 

イタリアンBBQ  まとめ

 

 

いかがでしたか?

簡単にイタリアンを取り入れて

いつもとはちょっと違う雰囲気に

なりそうですよね。

 

遠出するなら、いくつか冷凍して

クーラーボックスに入れれば

保冷剤がわりにもなりますよ。

 

ただし、現地に着いてもまだカッチカチのまま…

なんてことを防ぐためにも

距離や量を考えて調整してください。

 

今年は、おいしいイタリアンBBQ

ぜひトライしてみてくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました