夏至の日照時間は冬至とどのくらいの差があるのか知ってる!?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

夏至をイメージでしか知らない人は多いのではないでしょうか?

 

私もそうでした

 

夏至は一年で一番昼が長い日というイメージだけでした

  • 冬至はその逆で一番昼が短く
  • 夏至と冬至のお昼の時間差は5時間弱ある

それが私の知っていること全てでした

 

でもある日ふと「それってつまりどういうこと?」と気になったので、調べてみました

 

夏至について知識として知っておきたい方、見ていってください

 

夏至は日の出の時間が一番早い!?

 

まず夏至の基本から見ていきましょう

夏至は一年で一番、日の出から日の入りまでの時間が長い日です

 

ただしこれは北半球でのことで、

この日の南半球は逆で、最も昼の時間が短くなるそうです

 

この夏至という単語は、二十四節気の一つです

二十四節気とは中国からきた季節を表す言葉です

ざっくり言いますと日本の四季は春夏秋冬の4つですが

二十四節気は24個というような意味です

1年の日数や太陽の位置などで24の分割点を決めているそうです

 

夏至は毎年6月21日か22日くらいとなるようです

なお夏至の時刻は、日の出時間が一番早いわけでも

日の入りも一番遅いわけではありません

 

日本で日の出が一番早いのは夏至の1週間前あたり

日の入りが一番遅いのは夏至の1週間後あたりだそうです

 

普段、日が長くなったことや

日が短くなったことはそれなりに意識していたつもりですが

細かい時刻については気にしていませんでした

 

しかも6月は梅雨の時期というのもあり

日が隠れていることも多く、日が一番長いと気づきにくいですね

スポンサードリンク

夏至の日の出と日の入りにまつわる行事や習慣について

 

冬至についての風習は有名です

かぼちゃやあずきを食べたり、お風呂にゆずを入れるなどです

 

しかし夏至は私の周りでは聞いたことがありません

本当にないのか、調べてみたところ一部地域ではありました

 

パターンとしては餅や団子、饅頭などを神様にお供えするか

地域ごとに決まったものを自分で食べる、といった習慣がありました

 

神様にお供えするのは関東地方と島根県、熊本県の一部地域でした

自分たちで食べるのは次の地域です

大阪近郊ではタコ、京都府は水無月という和菓子、

愛知県では無花果田楽などでした

 

夏至の催しもありました

ヨーロッパのほうでは夏至祭りが結構開催されているようです

国内では3つほど有名なお祭りがありました

 

まず、三重県伊勢市にある「二見興玉神社」の夏至祭です

この夏至祭期間中には、夫婦岩の間から昇る日の出の前で禊をして

無病息災を祈るという神事があります

きっと荘厳な光景だと思います

機会があればぜひ一目見てみたいです

 

つぎにスウェーデンヒルズのある町

北海道石狩郡当別町の夏至祭りです

コンサートやフォークダンス、北欧プレートといった

異国情緒あふれる催しが楽しめるお祭りのようです

 

最後はフィンランドと深い交流を持つ

長野県南佐久郡小海町の夏至祭りです

小海町とフィンランドの文化の感じ

自然の尊さを学ぶことを目的としたお祭りです

そのため「ヒンメリ」という伝統的な装飾づくりや

フィンランドのゲーム「モルック」、サウナヨガなど

文化色の強いお祭りとなっています

 

まとめ

 

以上が夏至に関する基礎知識、行事や習慣でした

 

簡単にまとめます

・夏至とは一年で一番日の出から日の入りまでの時間が長い日のこと

・日の出時刻は一番早くもなく、日の入りは一番遅いわけではない

・日本では毎年6月21日か22日が多い

・夏至の風習として決まったものを食べる地域もあるが

冬至ほど一般的ではない

・国内で有名な夏至祭りは3つ(三重県伊勢市「二見興玉神社」、

北海道石狩郡当別町の夏至祭り、長野県南佐久郡小海町の夏至祭り)

 

夏至のことを知ろうとすると、中国由来の二十四節気や

ヨーロッパの風習といったものもセットで知ることができました

それだけ夏至は各国で認知され

重要視されている現象だということです

 

今年も曇りや雨かもしれませんが、もし晴れ間がのぞいたら

日の出や日の入りを見てみるのもいいかもしれませんね

タイトルとURLをコピーしました