紫外線で目が痛い!?その原因とケアの仕方を学ぼう

スポンサードリンク
スポンサードリンク

紫外線対策はどのようなことをしていますか。

日焼け止めを肌に塗っているという方は多くいらっしゃると思います。

頭皮もスプレータイプの日焼け止めが売られるようになり、対策する人が増えました。

実は、これだけ対策をしていても、目の紫外線対策をしていないと意味がなくなってしまう可能性もあるのです。

 

それでは、どのような影響があるのでしょうか?

また、どのような対策があるのかについて紹介していきます。

夏の紫外線対策に向けて、目の紫外線対策に気をつけていきましょう。

 

紫外線で目が痛むのは日焼けが原因!?その詳細を眼科医が解説

 

紫外線は一体目にどうやって影響を及ぼすのでしょうか。

実は、目から入った紫外線を脳が察知し、紫外線から守ろうと

メラニン色素を多く出すように指令を出すのです。

そうしてシミなどが生成されていきます。

メラニン色素とは、肌が紫外線によって壊されないように

作られており、目から入ってきた紫外線で、

紫外線が多いと判断されて生成されてしまうのです。

紫外線を多く浴びた日、家に帰ってみると

目がしょぼしょぼとして痛むという経験はないでしょうか。

実は、紫外線の影響で「雪目」になっているからです。

医学的には「雪眼炎」と言われています。

なぜ雪という名がついているかというと、

雪の真っ白な色に日差しが跳ね返り通常よりも紫外線が多くなり、

その影響で目が痛くなる人が多かったからです。

雪は自然のレフ板と言われるほど光を跳ね返しています。

その雪目は、目の角膜が紫外線によって傷つけられて起こるのです。

目に傷がついているため、

いくら痛くても絶対に擦ってはいけません。

 

もし雪目になった際は、冷やしてください。

対処の方法は日焼けしている肌と同じです。

日差しで火傷状態の肌を冷やすように、

やられてしまった目も冷やしましょう。

そして、潤いが必要なので、

紫外線対策用の目薬などで水分を補給してください。

炎症を抑える効果があるため、

目薬をさすと痛みはだいぶ引きます。

最後は、ゆっくり休みましょう。

目を休める方法は、目を閉じることです。

目を閉じるだけでも、目の痛みはだいぶ変わってきます。

さらに、寝ている間に人間の体は修復作業をするため、

休息はとても大事です。

これがあるかないかで、

次の日の回復具合が大きく変わってきます。

この方法をぜひ試し、目を回復させましょう。

スポンサードリンク

紫外線で目が痛くならないために!目をしっかり守る対策法

 

それでは、そんな雪目にならないための

対策方法を紹介していきます。

目の日焼け対策はやはり、サングラスが必須です。

通常の日焼け止めや、日傘、帽子などにプラスして

サングラスも忘れないようにしましょう。

それではどのようなものを選べばいいのでしょうか。

サングラスは色が濃いものだったらいい

というわけではありません。

選ぶ際は、レンズが紫外線を

どれくらいカットしてくれるのかに注目してください。

レンズの色と、紫外線カット率は全く関係していないのです。

むしろ紫外線カットされないレンズの濃いサングラスは

悪影響の可能性もあります。

人の目は暗いところに行くと、

瞳孔を開いてより光を集めようとするのです。

その状態で、強い紫外線を浴びれば、

目は光を集めているので紫外線をより吸収してしまいます。

その紫外線の影響で角膜炎や白内障になる

リスクを高めてしまうのです。

そのため、必ず紫外線カットのものを選びましょう。

そして、紫外線はサングラスとの隙間からも

入ってくる恐れがあります。

隙間から紫外線が入ってこないよう、

なるべくサイズの大きめなものを選んでください。

大きいものでなくても、スポーツ用のサングラスであれば、

顔にフィットするデザインのため、防ぐことができます。

体を動かす時につける前提で作られているため、

落ちにくい設計にもなっているので安心です。

さらに、現在は紫外線カット効果のある

コンタクトレンズまで販売しています。

紫外線B波を97パーセント以上もカットしてくれる商品も

出ているため、コンタクトを利用される方にはオススメです。

色々な商品が出ていますが、自分のライフスタイルに

あったもので探してみてください。

日常でつけられるようなものを見つけ出しましょう。

 

紫外線に負けない夏を過ごしましょう!

 

いくら紫外線対策と言って、日焼け止めや日傘、

紫外線カットの服などをきていても、

目から吸収してしまえばメラニンは生成されてしまいます。

意外と盲点になっていますが、

目の紫外線対策も忘れずに行いましょう。

対策には、紫外線カットされるサングラスが効果的です。

また、コンタクトレンズなどでも紫外線カット効果のあるものが

販売されているため、コンタクトを使われる方にはオススメです。

サングラスやコンタクトでで目を守り、

もしやられてしまった時には

紹介した処置の方法を行なってください。

肌の日焼けと同様、目を冷やし目薬で水分を与え、

十分な休息をとりましょう。

目を大切にしないと、角膜炎や白内障になりかねません。

そうならないためにもきちんと対策や処置を行い、

紫外線に負けず夏を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました