初めてでも大丈夫! 浴衣の着方は実は簡単!?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

花火大会、夏祭りなどのシーズンになると活躍するのが浴衣!

浴衣って年中活躍するものではないので、着るとテンションがあがりますよね。

 

ただ浴衣ってちょっと着方が難しいイメージがありますよね。

間違った着方をしてしまうと大恥をかくことも!

 

きちんと正しい着方で浴衣を着たい!

であれば正しい着方をしっかりマスターしておきましょう。

 

また浴衣はいろんなアレンジの方法もあります。

ちょっと周りに差をつけたい時にも知っておくとより可愛く着こなせます。

 

今回はそこで、これで大人も、子供も楽しめる!

浴衣の着方についてみていきましょう。

 

ひとりでできる!浴衣の着方を覚えたら次はかわいい帯の結び方!

 

浴衣というと着る時に

色々な細かい決まりがあります。

ちょっと面倒に思ってしまうかもしれませんね。

 

何年も浴衣を着る機会がなく

ちょっと不安な方もいますよね。

まずは浴衣の基本的な着方を見ていきましょう!

 

まず最初に、浴衣下を着て

浴衣を羽織ったら丈の長さ調整をします。

次に上前の幅を決め、下前の幅も決めていきます。

 

次は裾の高さです。

そして腰紐を締めたら、後ろ襟を整えましょう。

 

次に胸紐を締めたら

背中のシワを伸ばし、おはしょりを整えます。

そして伊達締めを結べば完成です。

 

何度もイメージトレーニングを行い、

やってみましょう。

 

ひとりでも案外、難しく感じないかもしれません。

 

そして浴衣といえば

帯もその人の好みが結構分かれますよね。

色もそうですが、巻き方も色々な方法があります。

 

結び方でガラリと印象が変わります。

子供の場合、帯を可愛くしてあげると

大喜びすること間違いなしです!

 

では具体的にどんな結び方があるのでしょうか?

まず、ふわふわの兵児帯にオススメするのは

お花の帯の結び方です

 

まずリボン結びをします。

垂れ下がっている部分もリボン結びをしたら

形を整え、真ん中にブローチをつければ

可愛いお花の形になります!

 

また普通の蝶々結びをおしゃれにする方法もあります。

兵児帯を二本使うというやり方ですね。

 

この場合、二本を同時に結び、真ん中に飾りをつけます。

セーラームーンのような可愛らしい見た目になります。

 

ふわふわ度も増して女の子なら喜んでくれるはずです。

ちなみに最近では、帯がほとんど出来上がった状態で

売られているものもあります。

 

簡単に整えるとリボンやお花の部分が出来上がります。

背中部分につけるようなタイプのものが多いですね。

 

形が出来上がっている帯であれば簡単ですから、

不器用なママにはオススメです。

スポンサードリンク

 

 

夏まつりには着せたあげたい浴衣!着方を知って子供も大人も楽しもう

 

浴衣の着方をマスターしてしまえば、もう安心!

夏まつりなんかがあっても慌てずにすみますよね。

 

ただし自分でやるのと子供にやってあげるのとでは、

少し感覚も違うもの。

 

しっかりイメージトレーニングをしておくと安心です。

 

最近では親子でお揃いの浴衣なんかも人気です。

ママもせっかくの機会ですから

一緒に浴衣で夏のイベントを

楽しむのもアリですね。

 

完全に同じ柄の浴衣でなくても

色合いを同じにすると可愛いですよね。

あるいは帯を変えたりするのもいいですね。

 

ママはママらしく、

子どもは子供らしく着こなすことが出来ます

今年は浴衣で思いっきり夏を楽しみましょう!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

浴衣は慣れないうちはしどろもどろで

なかなか思うように綺麗に

着られないかもしれません。

 

ただ、手順がわかれば意外に難しくないので、

何度も練習してみてください。

当日になって慌てないように早めに

着方を予習しておくことをオススメします。

 

浴衣はしっかりと着られていないと

だんだん形が崩れてきたりするので要注意です。

 

また細かい部分ですが、襟元も

浴衣の着こなしには大事なポイントとなっています。

 

大人の女性として、格好良く着こなしたいもの。

こういったところもしっかり決めておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました