スイミングプールに含まれる塩素って肌に影響しない?!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

スイミングスクールに通い始めてしばらくすると

髪の毛の色が変わったり、傷んだりすることがあります

そうすると髪の毛だけでなく

肌への影響もあるんじゃないかって不安にもなりますよね

 

私も塩素がどれくらい体に影響するか前から気になっていました

そのため今回、プールの塩素の影響力と対策について調べてみました

見ていってください。

 

プールの塩素は肌に影響が!?予防には医療現場の定番ワセリンで

 

そもそもなぜプールに塩素を入れるかというと消毒のためです

生水というのは病原菌が繁殖しやすいため

塩素を入れない方が危険なのです

 

そして気になる塩素の量はというと

人体に影響するような量にならないよう

水道水とほぼ変わらないくらいの量に抑えるよう決まっているそうです

 

しかし肌の弱い人や抵抗力の弱っている状態などでは肌荒れしたり

湿疹を起こしたりすることもあります

 

こういった人たちのための予防でオススメなのがワセリンです

聞いたことはあるけど使ったことがない人もいるかと思いますが

医療現場では定番ともいえるのがワセリンです

 

ワセリンとは塗って使う保湿剤です

効果として期待できるのが、肌の水分の蒸発を防ぐこと

外部の刺激から保護すること、炎症や痛みを抑えることなどです

 

保護するのならプールに入る前に塗っておきたいところですが

プールの水を汚してしまうことも考えられますので

入った後に塗るようにしましょう

また塗る前は塩素をよく洗い流す必要があります

塩素で弱ってしまった肌を刺激することがないよう

タオルを使わずに石鹸を泡立て優しく手で洗い流してください

 

また、脂漏性皮膚炎にワセリンを塗ると悪化することもあるというので

あらかじめそういった症状があるようでしたら

プールに入ること自体を控えた方が良いかと思われます

 

ちなみに最近では

ゴーグルを着用するスイミングスクールがほとんどだと思いますが

目に塩素が入ってしまっていると感じた場合も

優しく洗ってください

目を洗う水道ですが

あれは刺激が強すぎて目を傷つける可能性があるそうなので

使う場合は水の勢いを出来るだけ弱めにして使ってください

これは最近では常識なのでしょうか?

 

私は知りませんでした

 

子供のころ噴水のように噴き出して遊んだあと

そのままの水流を目に入れて洗っていた子がいたけれど

あれは危険な行為だったのですね

スポンサードリンク

プールに長時間入ると茶髪に?塩素で髪のキューティクルが剥がれる

 

塩素の入ったプールの影響としてよく聞くし

スイミングスクールに通っていた私も経験があるのが

髪の毛の茶髪化です

 

子供のころは特に少々茶髪になっても何も思わなかったのですが

よく考えると不安になります

 

調べてみたらこれも塩素の影響があるようです

塩素によって髪のキューティクルが剥がれて痛むため

細くなりやすくなるそうです

確かに乾かした後、きしきしするしパサつきますね

 

ただ全てが全て塩素のせいというわけではなく

髪を痛める原因は他にも考えられます

紫外線やドライヤーといったものも髪を痛めます

こういった要素が組み合わさって髪を痛めている面もあるかと思います

 

こちらの対策としては髪を長時間プールにつけないようにしたり

シリコンゴムの帽子をかぶったり、髪をよく洗い流して

できるだけ自然乾燥を心掛けるといったことが挙げられます

 

少し手間がかかりますし

スイミングスクールだと着替えの時間が限られているかもしれません

できることから始めてみてください

 

まとめ

 

以上がプールに含まれる塩素の影響とその対策でした

要約します

・プールの塩素は基本的には体に影響がないくらいしか入っていない

・肌の弱い人、痛くなった人は

プールに入ったあとにワセリンを塗るのが効果的

・プールで髪を痛ませないための対策は長時間プールにつけない、

シリコンゴムの帽子をかぶる等

・プールに入ったら肌や髪、目をよく洗う必要があるけれど、

あくまで優しく洗うこと

スイミングスクールに限らず、プールには塩素が入っています

これは怖い病気から私たちを守ってくれるものではありますが

美容や健康にも多少の害をもたらすことがあります

塩素の影響と正しい対策を知って、思いっきりプールを楽しんでくださいね

タイトルとURLをコピーしました