レンタルか購入かどっちがお得!? 盆踊りのやぐらの価格を比較!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

夏といえば、盆踊りを連想する人は

多いのではないでしょうか?

 

誰でも踊れる簡単さも魅力の盆踊り。

近所の交流の場になっていることも多く、

日本の素晴らしい文化の1つですよね。

 

ちなみに、なぜ盆踊りにやぐらを

設置するか知っていますか?

もともと、盆踊りは先祖の霊を迎え送りする為のもの。

先祖を送る際には送り火を灯します。

この送り火を、やぐらにつける提灯で表しているんですね。

目的を知れば知るほど、やぐらは盆踊りには

絶対かかせないものであることがわかりますね!

 

さて、前置きが長くなりましたが

やぐらを設置するならレンタルか、購入か?

双方のメリットとデメリットを検証してみましょう☆

 

1 購入の場合

購入の場合、メリットとデメリットは以下の通り。

<メリット>

・毎年の手配は不要

・最終的には金銭的にもおトク

・補助金の対象になる可能性あり!(*1)

 

<デメリット>

・購入年度の費用捻出が大変

・保存場所の確保が必要

・大きさなどのアレンジは買い換えない限りできない

 

(*1…宝くじ助成金として承認され、支払いされた実績あり)

 

2 レンタルの場合

<メリット>

・保存管理について考える必要なし!

・毎年、規模等に合わせてアレンジ可能

・予算が組みやすい

 

<デメリット>

・毎年の手配が必要

・希望の大きさの物がないリスク

・毎年費用がかかってしまう

・天候などで期間の延長が発生する可能性がある

 

といったところでしょうか。

 

購入の場合、購入時費用の捻出と

保存場所さえクリアできれば

補助金も出ますしオススメです☆

レンタルの場合、後腐れなしなのが

1番のメリットかも知れませんね。

使用後は返却して保管場所も考えなくてOK!

毎年だいたい同額であれば予算が立てやすい面もあります。

 

一長一短となっている購入とレンタル。

 

どちらがより自分たちのお祭りに適しているか、

検討してみてくださいね♪

 

盆踊り用やぐらの販売価格の相場はいくら?

 

購入する場合、どのくらいの予算を

組めばいいのか悩みますよね!

 

そこで、おおよその目安となる

大きさと金額の相場をまとめました☆

 

・サイズ: 小(幅1950×奥行き1800×高さ900mm程度)

価格:100万〜120万

 

・サイズ: 中(幅2750×奥行き2700×高さ900mm程度)

価格:130万〜170万

 

・サイズ: 大(幅2750×奥行き2700×高さ1800mm程度)

価格:230万〜

スポンサードリンク

 

盆踊り用やぐらのレンタル価格の相場はいくら?

 

レンタルする場合の費用の相場も

気になりますよね☆

こちらもサイズごとにまとめましたので

参考にしてください!

 

・サイズ: 小(幅1950×奥行き1800×高さ900mm程度)

価格:3万円〜6万円/1日

 

・サイズ: 中(幅2750×奥行き2700×高さ900mm程度)

価格:7万〜10万/1日

 

(!注意!)

レンタルする場合はほとんどが

本体価格のみの表記となっています。

本体の他に、アンプや提灯などを

オプション追加すれば金額は変わりますのでご注意を!

送料や損料(壊したり汚したりしてしまった時の

保険みたいなものです。)が加算されることも

考慮しておきましょう!

 

また、レンタルの場合、

実際には多少の割引が効くこともあれば、

人気の季節なので値上がりしていることも!

 

なるべく早めにスケジュールをたてて、

見積りしてもらうのが確実であることは

間違いありません。

 

 

まとめ

 

盆踊りにかかせないやぐら。

 

準備は大変だけど、みんなの楽しむ笑顔が見れたら

とてもハッピーな気持ちになりますよね♪

 

古来より伝えられてきたやぐらの持つ意味も考えながら、

夏の風物詩をこれからも守っていきたいですね!

 

タイトルとURLをコピーしました