初心者でもできる夏野菜の栽培! おすすめの種類と時期は?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

専業主婦をしているそこのあなた!

空いた時間でこの夏は野菜を育ててみませんか?

今回は、初心者でも手軽に家庭菜園できる

とっておきの夏野菜の紹介をします。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

夏野菜を栽培するなら!簡単に育てられる夏野菜10種

 

夏野菜の栽培と言えばこれ!

 

1つ目は、プチトマト

学校でも授業の一環として育てているところが多く、

非常に育てやすい夏野菜の一つです。

 

2つ目は、キュウリ

キュウリは、歴史のある食べ物で

昔から育てられている王道の夏野菜です。

育て始めて、1~2か月で育ち、食べごろを迎えます。

 

3つ目は、枝豆

私も初めての家庭菜園をしたとき、枝豆を育てました。

成長がとても早く、きちんと間引きを行えば

立派な枝豆が出来ます。

私も簡単に育てることが出来ました。

 

4つ目は、ニラ。

ニラも比較的育てやすい野菜です。

一度植えてしまえば、毎年育ってくれるというのが、

家庭菜園の中でも人気の理由です。

 

5つ目は、ゴーヤ

物凄い勢いで育つので、間引きがとても大変ですが、

それさえきちんと行えばたくさん育ちます。

つるがしっかり伸びるように支柱をつくるのがコツです。

 

6つ目は、ベビーリーフ&サラダミックス。

私も最初育てました。

放っておいても育つというイメージです。

超簡単ですが、リーフにきちんと栄養が回るように

育てる事がコツです。

なぜなら、食べる時に水負けしてしまうからです。

 

7つ目は、ピーマン

育てる時に、手間が少々かかりますので

几帳面な人に向いていると思います。

手間暇かけて育てたら立派な野菜になりますよ。

 

8つ目は、オクラ

もともと乾燥地帯で育っているオクラは、

水やりの回数が少なく済むので手軽にできると思います。

 

9つ目は、ネギ。

何の料理にも相性抜群のネギはおすすめです。

私は、ペットボトルで育てていました。結構育ちます。

 

10つ目は、バジル。

とても簡単で、一度育てると放っておいてもたくさん出来ます。

10つの中でも一番簡単だと言っても

過言ではないかもしれません。

スポンサードリンク

 

夏野菜の栽培はいつから?最適な時期を把握しよう

 

夏野菜の栽培は、基本的には4~6月頃です。

 

地域によって気温差がありますので

九州・沖縄では4月頃、北海道では6月頃といった感じです。

植え付ける時期が少しズレたからと言って

育たなくなるという事はありませんので、大体で大丈夫です。

しかし、梅雨時期などもありますので、

乾燥したところで育つような野菜(ゴーヤなど)は、

育てにくくなります。

 

ですので、梅雨時期に種まきは遅すぎてしまいます。

育てる時に気をつけないといけない事は、野菜の性質です。

 

 

また、育てる時に一番難しいのは、種まき~植え付けです。

植え付けてしばらくすると安定していきますので、

それまでが勝負です。

特に種に芽が出るまでは、しっかりと意識しなければなりません。

 

私が育てる時は「発芽率」というのを気にしていました。

初心者でも比較的簡単に出来るものは、

発芽率の高いものだと考えたからです。

 

基本的には、発芽率が良いとされている

枝豆は育てやすかったです。

適切な時期は、地域によっても変動がありますので、

種や苗を購入する際に専門スタッフに相談すると良いでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

初心者でも出来るおすすめの夏野菜の紹介をしましたが、

気になるものはありましたか?

個人的には、枝豆はもちろんのこと、

ネギとプチトマトもおすすめです。

 

ネギは、スーパーで買ったネギの根元を切って、

その部分を土に植える又は水に挿しておくとグングン伸びます。

どの夏野菜も育て方のポイントさえ掴めば、

初心者の方でも出来ると思いますので

空いた時間でぜひトライしてもらいたいです。

家計の助けにもなりますので、

空いた時間を有効的に使いつつ育てれば一石二鳥ですよ。

タイトルとURLをコピーしました