受験を控えた中3の夏休みの過ごし方って!?遊びに行くのはNG?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

休みなのに休めない、中3の夏

中学3年生で初めて受験を経験するという人も多いと思います。

初めての受験ではなおさら、

夏休みに休めないというのは辛いはずです。

しかし受験を控えている今、

夏休みであっても遊びに行くのはやはり気が引けるし、

勉強スケジュールにも響きますよね。

 

どうしても出かけたい場合は、

図書館やカフェに行き勉強する、

2時間と時間を決めて遊びに出かけるといった方法で

乗り切るのが無難です。

 

今回はそんな受験生のために、

進学後の夏休みおすすめスポットをご紹介します。

進学後に待っている楽しいことを知れば、

さらに勉強へのモチベーションがアップすると思うからです。

高校生編と大学生編に分けてご紹介しますので、

ぜひ読んでみてください。

 

夏休みに行きたい遊び場!高校生向けお出かけスポット

 

高校生ともなると、活動範囲や交友関係が広がり、

できることがたくさん増えます。

もちろん未成年なので、

節度を守った楽しみ方をする必要はあります。

その中で最大限楽しめる夏休みの遊び場を2つほどご紹介します。

 

1.エネルギーを使いきれ!複合エンターテイメント空間「ラウンドワン」

 

ボーリングやカラオケ、ビリヤード、ダーツ、

未来型ローラースケート、バランススクーターなど、

体を動かす様々な遊びが集まっている施設です。

自分の得意なものを選ぶのもいいでしょうし、

やったことのないスポーツを片っ端から

友達とチャレンジするのもいいかと思います。

フードコートもリーズナブルで、

学割もききますので学生のお財布にも優しい施設です。

ラウンドワン公式サイト:http://www.round1.co.jp/

 

2.都会に行きたいけど迷いたくないならココ!「サンシャインシティ」

 

渋谷や原宿にも場所も楽しいところはたくさんありますが、

中学生のころ既に訪れている人も多いでしょう。

そんなときは池袋の「サンシャインシティ」をおすすめします。

ここは買い物、食事、水族館、展望台、プラネタリウムなど、

楽しいものが凝縮された複合施設です。

季節ごとのイベントも色々と開催されています。

建物の中なので涼しいです。

また東京でありがち、私もやったことのある

「いつのまにか隣の街にきていた」というのがありません。

外に出たり地下通路を通ったりしない限りは、

どこかに行かずに済みます。

サンシャインシティ公式サイト:https://sunshinecity.jp/

スポンサードリンク

 

夏休みを謳歌できる遊び!大学生だからこそできる遊び方!

 

大学生の夏休みの期間はほぼ2か月と長いです。

私の周りではバイトをたくさん入れたり、

地元に帰ったりという方が多かったです。

私もそうでした。

しかし、就職したら仕事なんていくらでもできるのだから、

バイトを詰め込むのは良くなかったと今では思います。

そこまでお金をかけず、

大学生だからこそできる遊びを2つほど紹介します。

 

1.リゾートバイトでリゾート地満喫!

 

行ってみたいリゾート地でちょうどいいバイトがないか探し、

あったらそこで働き、

空いた時間でリゾート地を楽しむという方法です。

働くことによって地元の人と交流ができます。

そうすると地元民ならではの楽しみ方も知ることができます。

マイナビバイト公式サイト:https://baito.mynavi.jp/kodawari/resort/

 

2.大人でなくてはできない遊び…それはキャンプ

 

高校生のときは制限のついていた外泊も、

大学生ともなると比較的自由がきくようになります。

そのため、気の合う友達ができたら

一度は行きたいのがキャンプです。

学校での体験学習や家族との旅行で経験があるかもしれませんが、

自分たち主体でやるキャンプはワクワク感が違います

テントや寝袋、ランタンなどの道具を

レンタルしてくれるお店はたくさんありますし、

手ぶらで現地に行けば全てをそこで借りられる、

という施設もあります。

 

 

まとめ

 

以上が高校生と大学生の夏休みの遊びを紹介してみました。

まとめると、

 

・中3の夏休みは遊びを極力控える

・進学後の楽しみを知ると、さらに勉強をやる気になる

・高校生のおすすめ遊び場1. ラウンドワン

・高校生のおすすめ遊び場2. サンシャインシティ

・大学生のおすすめ遊び方1. リゾートバイトでリゾート地満喫

・大学生のおすすめ遊び方2. キャンプ

 

今も楽しいことはできますが、

未来にも楽しいことがたくさん待っています。

背伸びをせず、今できることを一つずつやっていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました