富士山の登山ルート紹介! 難易度別徹底解説!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「一生に一度は富士山に登りたい」そう言えば多くの人に納得してもらえるくらい日本人に富士山は愛されています。

私は日本の低い山ばかりを集めた本片手に登山を楽しんでいますが、いずれは難易度を上げて富士山に挑戦したいと思っています。

 

今回、その事前準備として富士登山の色々なルートの比較、特徴別ルートを調べてまとめてみました。

参考になればと思います。

 

富士山の登山の前に知っておきたいルート比較!

 

富士登山オフィシャルサイトによると、

富士山に登るためのルートは4つありました。

ルート名と出発場所、標識の色は以下の通りです。

ちなみに標識の色は

分岐点で迷わないようにするためのもので、

ルートごとに決まっています。

 

1.吉田(よしだ)ルート・富士スバルライン五合目・黄色

2.須走(すばしり)ルート・須走口五合目・赤色

3.御殿場(ごてんば)ルート・御殿場口新五合目・緑色

4.富士宮(ふじのみや)ルート・富士宮口五合目・青色

 

基本情報は次のとおりです。

1.吉田ルートは、標高2,305m地点からスタートします。

歩行距離は往復で約14kmです。

歩行の時間は上り約6時間、下り約4時間で計10時間です。

一番人気のルートです。

2.須走ルートは、標高1,970m地点からスタートして

歩行距離は往復で約13kmです。

歩行の時間は上り約6時間、下り約3時間で計9時間です。

静かな登山が楽しめて、

富士山で見られる植物の数が多いです。

3.御殿場ルートは、標高1,440m地点からスタートして

歩行距離は往復で約19kmです。

歩行の時間は上り約7時間、下り約3時間で計10時間です。

山頂までの距離と時間は最長ですが、

登山道の傾斜は緩やかです。

4.富士宮ルートは、標高2,380m地点からスタートして、

歩行距離は往復で約8kmです。

歩行の時間は上り約5時間、下り約3時間で計8時間です。

山頂まで一番近いのがこのルートです。

スポンサードリンク

 

富士山の登山で歩きたい特徴別ルートのおすすめ!

 

つづいて人気、静かさ、自然といった

特徴別に分けてルートを見ていきましょう。

一番人気なのは吉田ルートです。

こちらは登山口までのアクセスがしやすいことや、

山小屋やトイレが多いこと、救護所があるところなどが

初心者にも選ばれる理由ではないでしょうか。

人気すぎて山小屋がすし詰め状態になることや、

登山道の混雑もよくあるそうです。

 

二番人気は富士宮ルートです。

山頂までの距離が最短なことや、

合目ごとに山小屋があるという安心感があります。

登りと下りのルートが同じなので

迷うことがないということも嬉しい魅力です。

岩場が多いルートでもあるので、

先を急ぎすぎないよう気を付ける必要があります。

 

一番静かに登山が楽しめるのが御殿場ルートです。

距離は最長、山小屋は少なくとも、

傾斜は緩やかなところが多く、

マイカー規制がない唯一のルートのため

登山経験が豊富な方はこちらがおすすめです。

また下山の楽しみの一つとして「大砂走り」があります。

この火山灰地は一歩2~3mくらいで下れるそうです。

だから登りが約7時間かかるのに、

下りが約3時間と半分以下なのですね。

 

一番自然を楽しめるのが須走ルートです。

豊かな緑、岩場、雲上の世界といった

自然のバリエーションを楽しめるコースのようです。

ここは4つのルートの中で唯一5合目より上に

森林限界があります。

荒涼とした風景の中の登山といった

富士登山イメージを覆す原生林の緑、

エネルギッシュな力に満ちた樹林帯が楽しめます。

そして樹林帯を抜けて見える雲上の景色やご来光は

別世界と言われています。

こちらも下山専用道の砂利道で楽しい「砂走り」ができます。

 

まとめ

以上が富士登山の色々なルートの比較、特徴別ルートでした。

まとめます。

・富士山の登山ルートは主に4つ

(吉田、須走、御殿場、富士宮)

・一番人気、初心者向けは吉田ルート

・一番自然が楽しめるのが須走ルート

・一番静かで難易度が高いのが御殿場ルート

・一番距離と登山時間が短いのが富士宮ルート

 

調べる中で富士山登山の難易度もわかってきましたが、

やはり魅力がそれを上回りました。

そして登山者数が多いだけあって、施設やサポート体制が

充実しているため登山者に

優しい山であることもわかりました。

富士山の登山期間は1年の内に約2ヶ月です。

すぐに準備しないとあっという間に

シーズンを逃してしまいますね。

タイトルとURLをコピーしました