1月の旬な食材を使って栄養満点レシピ!不足しがちな果物も!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

寒さのピークとなる1月。

私はこの時期の朝、暖かい布団から中々出られないのと、厚着するのに時間がかかるため料理時間が短くなる傾向にあります。

しかし寒い時期に体調まで崩したら更に辛いので、栄養面での手抜きはできません。

そのため簡単に栄養を摂れる料理を探したところ、旬の野菜や果物を使うといいということが分かりました。

1月の献立に悩んでいる方、野菜嫌いのお子さんに苦戦している方の参考になればと思います。

 

1月の代表的な旬の食材を使った毎日作れる栄養満点料理

 

旬な食材を使うことのメリットは、

栄養素が高い点安く買える点にあります。

そしてたくさんある中でも

いろいろな料理に使いまわしがきく食材を選ぶと、

買い物の手間も省けますし、

毎日栄養満点の料理を作ることができます。

 

おすすめ食材は次の通りです。

 

1.冬キャベツ

葉がぎっしり詰まっていますから長く使えます。

繊維が豊富で、カロチンやビタミンCなどが入っています。

半分や四分の一のものを買うと傷むのが早いですが、

1玉ですと外側から1枚ずつ剥がして

使うことで持ちが良いです。

初めはロールキャベツ、炒め物といった料理で使い始め、

小さくなってきたらスープ、千切りして冷凍

といった順番がおすすめです。

 

2.ブロッコリー

最初に一気にゆでておけることが嬉しい食材です。

そしてがんや風邪予防に効果が期待できるところや、

冷凍しても形が崩れにくいところも高ポイントです。

サラダやグラタン、シチュー、肉料理といった

料理に添えるだけで見た目の鮮やかさをアップさせます。

おひたし、白和え、胡麻和えなどの

副菜としても活躍してくれます。

 

3.レンコン

冬に旬を迎えることが多い根野菜の中でも

強く推したいのがレンコンです。

ゆでてよし、炒めてよし、揚げてよしの優れものです。

ビタミンCも豊富で、私には見た目もオシャレに思えるのですが、

これは個人的な好みでしょうか。

レンコンの黒ずみを防ぐ効果もあることから、

酢との組み合わせ料理がおすすめです。

 

1つレシピをご紹介します。

  • れんこんの甘酢漬け

(材料:レンコン1本、酢大さじ4、砂糖大さじ2、塩少々)

・レンコン1本を5mmくらいに切ります。

・鍋でお湯を沸かします。

・沸くまでの間に調味料を合わせて甘酢を作ります。

・熱湯に分量外の小さじ1の酢と塩ひとつまみを入れたあと、

レンコンを入れて3分茹でます。

・その後ザルにあけたレンコンが熱いうちに甘酢につけて、

30分ほどで完成です。

スポンサードリンク

 

1月の旬な食材を子供にも!野菜嫌いには果物とあわせてスムージー

 

野菜を食べないお子さんも多いですよね。

続いてそんなお子さんにおすすめ、

野菜と果物をあわせるスムージーをご紹介します。

スムージーとは基本的には

野菜や果物を凍らせてミキサーにかけた飲み物です。

ベースの水分はヨーグルトや牛乳、豆乳などが多いです。

これでしたらジュースやスープ感覚で

お子さんも喜んで飲んでくれるかと思います。

 

1月に飲むのでしたら体を温めてくれるような素材にしたり、

スムージー自体を温める

ホットスムージーにしたりすると体に優しいです。

ホットスムージーでしたら野菜や果物を凍らせずに常温でミキサーにかけ、

その後鍋で温める調理法が一般的です。

温めることで栄養素が増える

ニンジンやみかんといったものもありますので、

ホットスムージーを作るのでしたら

こういった食材を見つけて入れてみてください。

 

またヨーグルトに含まれる乳酸菌

高温(100度で数秒)で死んでしまいますので、

60度くらいの湯せんで温めるくらいか、

入れる水分を牛乳にするといった工夫をしてください。

おすすめのホットスムージーのレシピはこちらです。

 

  • 大根スムージー

(材料:生大根100g、リンゴ1/2個、豆乳70g)

・豆乳を沸騰させないよう飲むため

少し熱いくらいにしておきます。

・野菜をミキサーが回るくらいに細かく切って入れて、

ミキサーにかけます。

・豆乳と合わせて完成です。

 

  • 水菜スムージー

(リンゴ1/4個、水菜2束、水100ml)

・リンゴの芯と種を取り除き、

ミキサーが回るくらいに細かく切ります。

・水菜も同じように切って、

水と水菜とリンゴ、全て一緒にミキサーにかけます。

・ミキサーから取り出したあと、

鍋で飲める温度まで温めて完成です。

 

 

まとめ

 

以上が旬の果物や野菜を使う料理について紹介しました。

要約します。

・冬の旬素材を使うと栄養満点な料理が作れて、

しかも色々な手間が節約できる

・1月のおすすめ食材は冬キャベツ、ブロッコリー、レンコン

・お子さんには野菜と果物のスムージーがおすすめ

(ニンジンやみかん、大根、水菜、リンゴなどがおすすめ食材)

 

今回調べてみて、身近な旬の食材に

たくさんの栄養素、料理法があることがわかりました。

1月の寒さに負けないよう、

旬の食材でおいしく冬を乗り切りましょうね。

 

タイトルとURLをコピーしました