カビ対策として、部屋の風通しは大丈夫?カビの発生とメカニズムを徹底解剖

スポンサードリンク
スポンサードリンク

寒い冬も終わりこれから暖かくなると気になってくるのが、“カビ”の繁殖ですよね。

冬場は寒いので繁殖する時間が掛かりますが、暖かくなってくると繁殖率はグッと高くなります。

 

室内の色々な場所に繁殖するカビについていくつか対策を考えてみました。

 

カビ対策に除湿器は有効?正しい使い方と換気・通気の有効活用方法

 

カビの発生を防ぐには除湿ですが

除湿機を使ったことはありますか?

除湿機は室内の湿気を取り除くには適しており、

湿気でじめじめした日や結露防止にも役立ちますし、

洗濯物を室内で干すときにも有効です!

 

しかし、便利とはいえ騒音が気になったり

室内の温度が上がってしまう

といったデメリットもあるので、

夏場や梅雨時はあまり使いたくないかもしれませんね。

 

もっと簡単な方法は、

窓を開けて空気の入れ替えをすることです。

これだけでカビ防止になりますし、

室内を閉めっぱなしにせず、ドアを開けて風通しを良くして

カビを防止しましょう。

スポンサードリンク

 

カビ対策で見落としがちな「押し入れ」。大事な衣類をカビから守れ!

 

押し入れやクローゼットを閉めっぱなしに

するとカビが繁殖します。

一番簡単なのは除湿剤を入れて大事な衣類を守ることです。

その他に、お菓子などに付いてくる乾燥剤も、

湿気取りとして活用できます。

 

 

カビ対策で最も厄介なのはお風呂、それには事前の対処が必須。

 

毎日使っているお風呂場はカビの発生率が最も高く

お風呂上りに換気扇を回しても

湿度が高いので、これから暖かくなると

カビが発生しやすい環境です。

 

カビの発生対策には

浴室用の防カビくん煙剤がオススメです。

これは除菌成分を含んだ煙を発生させることで、

浴室全体の除菌ができます。

ですが、マメに水垢を掃除することが

一番のカビ防止になります。

 

それ以外の浴室のカビ対策として、

最後に冷水のシャワーをかけるということを

行っている人もいるのかもしれません。

しかし、これは逆に水滴が残ってしまうので

カビを発生させる原因になってしまいます。

ですので最後にシャワーをかけるのであれば、

お湯で流して換気良くしましょう。

 

 

カビ対策で見落としがちな布団下、あるもの使ってカビ防止!

 

毎日寝ている布団を敷きっぱなしにしていると、

就寝中の汗でカビが発生してしまいます。

一人住まいだと場所が狭く、

椅子代わりに使っていることもあるかもしれません。

 

布団の下をしばらく確認せずにいると、

気づいた時にはフローリングにカビが

付着してしまうという経験はありませんか?

 

対策としては簀の子を敷いたり

湿気を取ってくれる除湿シート

敷くだけでカビ発生を防げます。

 

 

カビ対策で放置できない結露問題!大きな問題になる前に備えておきたい!

 

冬に特に多いですが、

外気と内気の温度差で結露が発生し

窓枠のゴムに結露が付着

その結果カビが発生して

ゴムが黒くなること、ありますよね。

 

一度黒くなると中々取れないし、

大掃除の時に初めてカビに気づき

慌てて掃除したことありませんか?

タオルを置いてマメに拭いても面倒だし、

毎日だから大変ですよね。

 

そんな時は窓に結露防止フィルムを貼ったり、

少しコストが掛かりますが、2重窓にすると

結露を軽減できるのでかなりお勧めです。

 

 

カビ対策 まとめ

 

カビの条件は温度20~30℃、湿度70%以上、

ホコリや汚れ等を栄養分として発生しますので、

これから春から夏にかけて多くなり

特に湿度が高くなる梅雨の時期には多くの人が悩まされます。

 

カビは生活をしていく上で必ず発生してしまうので

面倒くさいかもしれませんが、

マメに掃除したり、こまめに換気をすること

心がけることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました