あなたの子育ての悩みは深刻かも!?迷わず相談しよう

スポンサードリンク
スポンサードリンク

子育てがある毎日は、とても忙しいものです。

その忙しさの中にいると、自分でも気づかない内に心身ともに追い詰められていることがあります。

家族や友人に心配されたり、子育ての悩みがあったり、体の調子が悪かったりしませんか?

 

もしそうなら、一度誰かに相談したほうがいいかもしれません。

今回は、育児ノイローゼの症状、受診する目安、相談窓口などをご紹介します。

育児ノイローゼかもと思っている方も、そこまでじゃないと思っている方も参考にしてみてください。

 

あなたの子育ての苦しさは育児ノイローゼかも!相談すべき3つの事例

 

ノイローゼとは、神経症です。

精神的に追い詰められることによって、

心と体に良くない影響が出ることをいうそうです。

まずは育児ノイローゼの具体的な症状と、対処法をご紹介します。

 

・気持ちが安定しない

・安眠できない

・すぐにイライラする

・何もする気にならない

・自分の子をかわいく思えない

・楽しくない

・食べ過ぎる、もしくは食欲がない

・些細なことで、もしくは何もなくても悲しくなる

 

当てはまることが多いほど、ノイローゼの可能性が高くなります。

しかし、当てはまるものが1つでも、

すごく悩んでいて辛いのならノイローゼになることもあり得ます。

 

この症状の多くが、誰かに協力を得て

子育てから一時的にも距離をとり、

よく眠ったり気晴らしをしたりすることで改善できるはずです。

 

ただ、それでも良くならない場合は深刻です。

特に人間の体に必要なこと、食べる、寝るに不調があると、

他の症状を誘発しかねません。

そのため「安眠できない」、「食べ過ぎ、もしくは食欲がない」、

「何もする気にならない」が改善しない場合は要注意です。

相談窓口を利用したり、医療機関を受診したりする必要があります。

スポンサードリンク

 

子育ての悩みは溜めないで!すぐに相談できるフリーダイヤルはこちら

 

子育ての悩みは、子供の成長とともに変わります。

 

新生児のころはミルクや夜泣き、

ハイハイや一人歩きができるようになるとイタズラ、

集団生活に入れば反抗期、

といったように、悩みは増えたり、減ったりします。

 

そのためやり過ごせばマシになると考え、

ストレスや悩みを溜めこんでしまう方も多いです。

 

しかし悩みの種類は変わっても悩んだままでいると、

気持ちは参ってしまいます。

気持ちが弱ると、体も弱ります。

イライラしたり、体調を崩したりしていては、

大切な家族と楽しく過ごせません。

 

悩みを解決するのは自分ですが、

解消するお手伝いをしてくれる人たちがいます。

医療機関の受診はハードルが高いという方は、

こちらを利用してみてください。

 

1.エンゼル110番

 

森永乳業の委託を受けた

森乳コミュニケーションが運営している相談窓口です。

妊娠中から就学前のお子さんについての育児相談ができます。

 

TEL:0800-5555-110(フリーダイヤル)、

ご利用できない場合は046-259-8951(通話料がかかります)

相談できる日時:月から土曜日(日祝をのぞく)、10時から14時

1回の相談時間の目安は約30分

エンゼル110番公式サイト:http://www.angel110.jp/

 

 

2.よりそいホットライン

 

福島での震災を機に何かしなくてはと思った

お医者さんが立ち上げたホットラインです。

育児以外にもいろんな相談を聞いてくれます。

電話がない方はSkypeでの相談も可能です。

 

TEL:0120-279-338 (フリーダイヤル)

24時間相談可能

よりそいホットライン公式サイト: http://279338.jp/yorisoi/

 

通信料を負担できる場合は以下もおすすめです。

 

3.お住まいの自治体の子育て支援センター

大抵は自治体ごとにありますので、

HPや役所からのお知らせなどで確認してみてください。

 

4.子育てホットライン ママさん110番

 

日本保育協会の育児相談窓口です。

保健師や元保育園長といった方々が、妊婦もしくは乳幼児の

育児に関わる方々の悩みを聞いてアドバイスをくれます。

 

TEL:03-3222-2120(通話料がかかります)

相談できる日時:月から金曜日、10時から12時、13時から16時

1回の相談時間の目安は約30分

日本保育協会公式サイト: https://www.nippo.or.jp/soudan/

 

 

まとめ

 

以上が育児ノイローゼの症状、受診する目安、

相談窓口などについてでした。

まとめます。

 

・辛い、調子がでないと思ったら

育児ノイローゼについての理解を深める

・症状に当てはまるようなら改善できるよう

周りに協力をお願いして休む、もしくは気晴らしをする

・改善しない場合は相談窓口を利用する

 

一人一人、大変だと思うことは違うと思います。

大したことないと決めつけず、自分と向き合ってみてください。

お子さんとの毎日が楽しいものでありますように。

タイトルとURLをコピーしました