小学生向け自転車ランキング! 行動範囲を広げてあげよう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

小学生にとって自転車は必需品。

しかし身長も大きく変わるため、自転車のサイズも変わってきます。

怪我を避けるためにも体格に合ったものを選ぶ必要があります。

 

身長が103㎝〜125㎝では18インチの自転車を。

身長が111㎝〜140㎝では20インチの自転車。

身長が116㎝〜145㎝では22インチの自転車がオススメです。

 

このように身長によってサイズが変わるため、自転車を選ぶときは子供と一緒に見に行き、足がきちんとつくか?手の長さは合っているか?など確認することをオススメします。

 

自転車のおすすめブランドは「ブリジストン」が人気です。

可愛いプリンセスデザインのものから、大人っぽいシンプルなものまで幅広く取り揃えています。

 

子供用マウンテンバイクの「クロスファイヤージュニア」太いタイヤで遊び心満点の「BWX

13.1Kgと軽量型の「シュライン」泥除けがレース柄で大人っぽいデザインの「リコリーナ

 

大人っぽいデザインでありながらキラキラと星が散りばめられた「ワイルドベリー

女の子が大好きな蝶々とお花をデザインしている「エコパル

 

パーツをブラウンで落ち着いた印象にしながらも子供心は忘れない「エコパルモカ

シンプルで大人用もあるため親子でお揃いにできる「ビッケJ

 

小学生用の自転車だけで8種類もあります。

 

これだけ揃えば、お子様の好みのデザインもきっと見つかるはず。

色も豊富なため、選ぶのも楽しくなってしまいます。

 

ワクワクしながらも、自転車を実際に買うとなった時には、安全面にも注意が必要です。

自転車を練習中の時期やまだ乗り慣れていないときは特にヘルメットが必須です。

 

焦って足が出ず、頭をそのまま打ってしまうなんて最悪な事態にならないようおすすめのヘルメットも紹介していきます。

 

小学生が自転車に乗るならヘルメットを装着!おすすめはこれ!

 

 

現代は自転車の事故は多発しています。

自転車で道路に飛び出してしまい

事故に合うなんてこともあります。

 

そんな事故に備えてヘルメットは大切です。

頭を守れば最悪の事態は避けられる

可能性が高くなります。

 

さらに小学生低学年などは

練習中で転びやすいため、

やはりヘルメットは必要になってくるでしょう。

 

それではヘルメットのオススメを

これから紹介していきます。

 

2019年5月調べのAmazonランキングでは

XJD」のヘルメットが1位です。

表面は丈夫なABS素材でできており、

内側は衝撃を吸収するEPS素材でできています。

 

ストラップの部分も長さを調整することができ、

中についているパット部分も

取り外し可能で選択できるため、

衛生面でも安心です。

 

次に人気なものは「OGK KABUTO」です。

大人用の競技用ヘルメットや

オートバイ用のヘルメットなど

安全を追求しながらも

デザインも求めたブランドです。

 

児童用のヘルメットだけでも10種類と

多くの種類を揃えています。

 

軽量で首への負担を最小限に抑えた

ソフトシェルタイプ

しっかりと守ってくれる「ハードシェルタイプ」の

2パターンがあります。

 

ソフトシェルタイプは

揺れて負担が多くかる自転車の後ろに

乗せる時などにオススメなものです。

 

ハードシェルだと少し重くなりますが、

きちんと守ってくれるので

自分で自転車をこぐ時などにオススメです。

 

今回は、自分で自転車をこぐ時に必要な

ヘルメットなのでハードシェルタイプの方を

詳しく紹介していきます。

 

チャンプとFR・キッズの2種類です。

 

チャンプは柄が4種あり、

ボタン1つでベルトが取れ、

帽子のように後ろでパットを調整することができ

頭のサイズに合わせて調整可能です。

 

日差しが避けられるようにバイザーがついており、

暗い時でも安全なように、

左右と後ろの3箇所に反射テープがあります。

 

FR・キッズはチャンプ同様

ボタンでベルトを取り外しでき、

後ろのパットもダイヤルで調整可能です。

 

デザインも種類が多いため、

お子様の好みのものがきっと見つかるでしょう。

 

これで安全に自転車に乗ることができます。

スポンサードリンク

 

もしもに備えて必ず!小学生の自転車保険に加入しよう

 

 

先ほども紹介した通り、

自転車事故は多く起きています。

あまり遠くに行かないからと

油断しては危険です。

 

もしもの時に備えて

保険には加入しておきましょう。

 

十分な危険察知能力は、

子供にはまだありません。

道路に思いっきり飛び出してしまったら、

角を思いっきり曲がった時に、

なんてことも考えられます。

 

さらに事故の原因は

子供の飛び出しだけではありません。

横断歩道を渡ろうとした際に

気づかずそのまま車が来てしまう

なんてことも考えられます。

 

また子供が他の人を傷つけてしまう

なんてこともあります。

もしもに備えて保険に入り、

安全な自転車ライフを送りましょう。

 

 

お気に入りの自転車とヘルメットで自転車をマスターしよう

 

 

自転車もヘルメットもたくさん種類があります。

ぴったりサイズの自転車とヘルメットの中から、

子供自身が好きなデザインのものを選びましょう。

自転車を選ぶときは

必ず試乗することをオススメします。

 

サドルに座ってみて足はきちんとつくか、

手の長さは合っているかなども確認してください。

買うときはサドルが1番低い位置でも、

成長につれて上げていくことになるので

問題ありません。

 

お気に入りの自転車で

安全にマスターしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました