暑中見舞い出したいけどいつ・どんな文章にしたらいいの!?時期と文例

スポンサードリンク
スポンサードリンク

暑中見舞いや残暑見舞い、あなたは送ったり、もらったりしたことはありますか?メールやSNSで連絡するのが主流の最近では、若い世代の人は暑中見舞いと言ってもあまり馴染みがないかもしれませんね。

 

暑中見舞いとは、 一年の中で最も厳しい暑さの時期に、相手の体調を伺うとともにこちら側の近況を伝えるハガキ、手紙、ギフトなどのお便りです。

 

郵便局で暑中見舞いはがきが販売されているのは見たことがある人が多いのではないでしょうか。また雑貨店や書店でも初夏の季節になると、海に浮かぶヨットや青空に浮かぶ入道雲、ひまわりや朝顔などの夏の花、すいかやかき氷、夏祭りの情景、そんな夏の風物詩がイラストされた素敵な絵ハガキが並びます。

 

いつもはメールやSNSで済ませてしまう「久しぶり~、暑いけど元気?」の挨拶を、今年はオシャレな絵ハガキで暑中見舞いとして郵便で送ってみたらどうでしょうか。暑中見舞いを送る方ももらった方も、新鮮な気持ちがするのではないでしょうか。

 

暑中見舞いや残暑見舞いで夏の挨拶をしよう!送る時期もチェック!

 

 

暑中見舞い、残暑見舞いは夏のご挨拶ですが、具体的にいつごろから出すものか知っていますか?さらに、暑中見舞いがいつから残暑見舞いに切り替わるのか混乱してしまいますよね。

 

二十四節気の小暑と呼ばれる日(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前まで、または夏の土用の時期(7月20日頃)、あるいは梅雨が明けてから、など地方によって多少のブレはあるものの、一般的には梅雨が明けて夏らしくなった頃からがよいと思います。

 

ただし、梅雨明けは通常西日本から順に東日本へと明けていくので

自分の住んでいる地域で梅雨が明けたからと慌てて出さず、相手先の住んでいる地域が梅雨明けしているか確認してからにしましょう。

 

暑中見舞いから残暑見舞いに切り替える時期は、立秋を過ぎたらということになります。もし先に暑中見舞いを頂いて返事を書くときは、 あなたの返事が相手に届くのが8月6日以内になりそうなら暑中見舞い、8月7日以降になりそうな場合は残暑見舞いとしましょう。残暑見舞いをいつまでに送るべきかについても地域差があったりしますが、8月中に送るのが間違いないでしょう。

 

・暑中見舞いを送る時期 :梅雨が明けてから立秋(8月7日前後)前まで

・残暑見舞いを送る時期 :立秋から8月末まで

スポンサードリンク

 

暑中見舞い・残暑見舞いのスタンダードな文面は?

 

 

暑中見舞い、残暑見舞いには標準的な文面のスタイルがあります。

 

①暑中見舞い

  1. 暑中見舞いの挨拶となる言葉(挨拶文):「暑中お見舞い申し上げます」 を冒頭に持ってきます。すでにプリントされているハガキも多いですね。

 

  1. 時候の挨拶:葉書を出す時期にふさわしい季節の挨拶(7/初旬〜立秋の頃まで)を入れます。

 

「連日厳しい暑さが続いています」

「空の青さと日差しがまぶしい今日この頃 」

「盛夏の侯、いかがお過ごしですか」

 

なんかも、シンプルでいいですよ。

 

  1. 自分(送る側)の近況報告:どこに遊びに行ったとか、こんな趣味にはまってますなど、具体的な内容の方が受け取る側も楽しいですね。

 

  1. 相手の体調を気づかう言葉:暑い日が続いていますから、相手の体調を気づかう言葉を入れましょう。「お身体をどうぞご自愛ください。」や、友人であれば、「夏バテしないように気を付けてね。」なんてさばけた文章でも構いませんよ。

 

  1. 日付け:日付けは「○年○月○日」という正確な日付けではなく「令和○○年盛夏」と書くのが慣例です。

 

②残暑見舞い

基本的な構成は暑中見舞いと同じです。挨拶文が「残暑お見舞い申し上げます」となり、時候の挨拶が立秋過ぎ〜8月末頃までの文章を使います。

 

「秋はまだ遠く、厳しい残暑が続きますね。」

「立秋を過ぎ、朝晩はようやく涼しくなってきました。」などです。

 

最後の日付は「令和○○年晩夏」と書くとよいでしょう。

 

文面のスタイルが決まっているので、意外に書きやすいですよ。友人や近親者であれば、構成はこのままに肩の凝らない、気さくな内容で構いません。

 

暑中見舞いに困ったら!送る時期とデキる人が送っているギフト!

 

 

夏はお中元を送るシーズン。デパートでも特設販売がされていますよね。でも若い世代の人にはお中元となると堅苦しく感じてしまうかもしれません。

 

夏の時期にちょっとしたお礼や、ご挨拶の気持ちを込めてギフトを送りたいけど、そんなに堅苦しいものにはしたくないという時は、

お中元の時期から少しずらして、暑中見舞い、残暑見舞いとして送ってみてはどうでしょう。

 

まず、お中元の時期は、地域によって多少異なりますが、7月上旬〜7月15日頃が一般的です。7月16日~立秋なら「暑中お見舞い」立秋~9月上旬は「残暑お見舞い」としてギフトを送ります。

 

贈り物は、受け取った方に喜んでもらえるギフトを選びたいものですよね。2018年の「もらってうれしいギフト」のベスト5は、次の通りです。

 

1位:カタログギフト

2位:洋菓子

3位:ハム・ソーセージなど

4位:酒類

5位:フルーツ

 

1位はカタログギフト。やはり受け取った側は自分で商品を選びたいと思う人が多いんですね。最近は、和牛やワインなど、特定の商品だけをラインナップしたカタログギフトもありますので、相手の方の好みをリサーチして特色のあるカタログギフトを送るのも喜ばれそうですね。

 

2位の洋菓子は、夏のシーズンは彩りのきれいなゼリーがおすすめです。フルーツをたっぷり使ったゼリーは見た目にも華やか。暑い夏に冷たくてのど越しが良くどんな年代の人にも喜ばれそうです。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?今は年賀状でさえもメールやSNSですませる時代ですから、暑中見舞いを書いたことももらったこともない、という人もいるかもしれません。

 

そんな人こそ、送る相手の顔を思い浮かべながら、その人のイメージに合うハガキのデザインを選んだり、好みに合うものを探したりするのは、新鮮で、その人に対する感謝や親しみの気持ちがさらに深まるのではないでしょうか。

 

今年の夏は、ぜひ暑中見舞い、残暑見舞いを送ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました