結婚の際に贈られることの多い結納金ってなんなの?なしでもいい?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

結納金ってよく聞くけど、

それって何?と思われている方も多いと思います。

まずは、結納金について説明しましょう。

結納金とは簡単に言うと、

「結婚までに必要な支度金」になり、

男性側から女性側に送るものです。

金額は、地域によっていろいろと違いありますが、

相場としては100万や200万など、

キリの良い金額にします。

末広がりの80万とする方も多いようです。

 

そんな金額は準備できないと思っている方、安心してください!

結納金は必ず必要とするわけではありません。

両家が納得していれば、しなくても結婚に支障はありませんから。

 

 

結婚前に両家が揃う結納!時期の決め方やふさわしい日取りって?

 

両家で話し合った結果、結納を行うことになった場合に

気になるのが、時期や日取りについてです。

大安吉日などの良い日に合わせないといけないのでしょうか?

 

時期についてですが、多くのカップルが

結婚式の3ヶ月以内に結納を行っています。

この時期になると結婚式の段取りも大筋が決定していることも

多いので、顔合わせと同時に

結婚式の確認の場にも利用できます。

 

さて、日取りについてですが、

基本的には「大安」「先勝」などの

日程で行われることが多いようです。

ですが、今は式場が「仏滅」に

割引をしているところもあるようで、

あまり気にならないカップルは、

こういう日を利用しているようです。

ただ、本人たちは気にしていなくても、

年長者は気にされる方もいるので、よく話し合ってくださいね。

 

 

結婚するなら結納が必要?食事会との違いやそれぞれの特徴!

 

上記に書いたように結納しなくても結婚できますし、

なんなら最近は結納をしない人の方が多いです。

変わりに行うのが、両家の顔合わせを行う食事会になります。

 

結納と顔合わせの違いを見てみましょう。

           目的

結納は「二人が婚約したことを周りに知らせる、

または、確認する行事」ですが、

顔合わせは「両家の親睦」となります。

           費用

結納は式の費用(会場費・食事代)だけで15万円程です。

結納金や結納品などの諸経費を入れると、

100200万円程が必要になります。

顔合わせは、基本的に食事代だけになるので25万円ほどです。

何か贈り物をするにしても、

それほど高価なものを選ぶ必要の無いでしょう。

           服装

結納の場合は、振り袖や紋付き袴などの

正礼装かブラックスーツや訪問着などの準礼装となります。

顔合わせは、ワンピースやダークスーツなどの

カジュアルな格好でも大丈夫です。

服装に差がでないように、事前にどのような服装にするかを

確認しておくことをおすすめします。

 

結納金や結納品が無いので、顔合わせは

結納式に比べると準備に時間がかからずに行うことができます。

金額にしても場所によってはお車代や

宿泊費が必要になりますが結納式よりも安価に行えますね。

 

 

まとめ

 

現代では、結納を行う人は年々減少しています。

私の友人や親せきも結納を行わずに、浮いた費用を

結婚式や新婚旅行、新居の費用、赤ちゃんの出産費用に

回した人はたくさんいます。 

 

親の立場でも、結納はいろいろなしきたりがあったり、

準備するものが多くて面倒と思っている人もいるようです。

私の親は、もうやりたくないと言っていました。

仲人を立てて、本格的にすると本当に大変なようです。

ただ、結婚は当人だけの問題ではないので

自分たちだけでしないと決めるのではなく、

親の考えも聞いて判断することをおすすめします。

 

長い結婚生活のスタートにつまずかないように、

思いやりを持ってよく話し合ってください。

結納にしても顔合わせにしても、

2人で計画し実行することは、

お互いの距離を縮める良い機会になると思いますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました