いちご狩りは何歳から連れていける?楽しみ方と役立つ知識

スポンサードリンク
スポンサードリンク

いちご狩りに何歳から連れて行っても良いかというと、離乳食が始まった頃から連れていくことは問題ありません。

もちろんそのままいちごを食べさせることはできませんが、離乳食が始まる月齢6ヶ月頃からすり潰して果汁を飲ませることができますので一緒に楽しむことはできるますよ!

 

いちご狩りは食べておいしいだけでなく、赤いかわいい実を目で楽しんだり甘いイチゴの香りを楽しむことができるので、子供にも楽しい経験となりますよね!

 

この記事では、

  • いちご狩りができる年齢と、いちご狩りのポイントを解説!
  • いちご狩りに子供と一緒に行く時の服装・持ち物・とは?
  • いちご狩りで注意すること

といった内容についてまとめてみました。いちご狩りは何歳ごろから連れて行っていいの?うちの子はもう連れていける?といった方には参考になりますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

いちご狩りができる年齢と、いちご狩りのポイントを解説!

いちごを実際に摘み取るには、歩けて親の言うことも理解できる年齢が適しているでしょうが、離乳食が始まる月齢6ヶ月頃からすり潰して果汁を飲ませることができますので、いちご狩りに連れていくのは離乳食が始まった頃から、というのが一つの目安です。

 

農園によっても異なりますが乳幼児は無料のケースが多いことから、摘み取れなくても乳幼児の頃から連れていくこともいいのでは無いでしょうか。

https://twitter.com/kudamonomura268/status/1084814721386143744

 

寒い時期は植物の成長スピードが遅くなりますが、いちごも寒さにより成長が緩やかになります。

 

同時に糖度も蓄えていくそうですので、いちご狩り園では温度管理を行った上で12月〜3月の寒い時期に美味しく食べれるように調整をしているそうです。

 

そのためいちご狩りのシーズンとしては12月〜3月となりますが、12月といえばクリスマス。クリスマスケーキ用に大量にいちごが収穫される傾向があるため12月は避けるほうが良いかもしれません。

 

また成長が緩やかとなる冬の時期のため、12月に収穫された場合は再び実を成らすための時間がおおよそ1か月強必要となります。

 

また3月に入ると春休みに入ることから、予約が取りにくいことも考えられます。

https://twitter.com/ayase_knit/status/1482347659633389568

 

様々なことを考えれば最も寒い時期ではありますが、1月下旬〜2月いっぱいがいちご狩りを楽しむベストシーズン、と言えるでしょう。

 

風邪など体調を崩しやすい時期でもあるので気温対策はもちろん、いちご狩りに適した服装や持ち物などを簡単にご紹介します。

いちご狩りに子供と一緒に行く時の服装・持ち物・とは?

まずは寒さ対策ですが、ビニールハウス内では温度調整がされていますので相当暑さを感じます。そのため脱いだり着たりで温度調整ができる服装が良いでしょう。

 

加えて汚れてもいい服と、少し大きめのハンドタオルを持参することがおすすめです。

 

農園のため土汚れなどへの対策はもちろん、摘み取ったいちごを園内で食べれるところも多いので、食べ汚れへの対策となります。

 

子供は食べ方はどうしても汚くなりますので、上下共に汚れてもいい服にしておけば安心です。

 

また食べさせる時はいちごの「へた」の部分を親が取ってあげる必要があるので、大人の手も汚れてしまいます。

 

ウエットティッシュではごみの量も嵩張りますので、ハンドタオルなどをお絞りにすれば荷物も少なくて済みます。

 

まだ歩けない乳幼児を連れていく場合は、ベビーカーの乗り入れが可能な農園としましょう。

https://twitter.com/s_gm0215/status/1482303261151744000

 

いちごは密集して栽培されていることもあり、ベビーカーが通れるような通路が十分に確保されていないケースもありますので事前確認が必須と言えますね。

 

子供とのいちご狩りで注意すること

さて、注意すべき点としてはできる限り早い時間帯の予約と、早めに農園に向かうことが挙げられます。

 

農園にもよりますが基本、その日の分の収穫が終わり次第終了となり早いもの順となります。

遅い時間帯では取れるいちごも少なかったり、最悪の場合摘み取れるものがない、なんてこともあるかもしれません。

https://twitter.com/yukakichi43/status/960022967286620161

 

できれば朝一番の時間が望ましいですね。

 

また小さな子供には不測の事態が起きやすいもの。出る前に家の中でケガ、なんてことも起きやすいので、できる限り早く向かうことが望ましいです。

 

また道路事情も読めないので、その点からも早めの出発が楽しむコツと言えますね。

 

また普段はたくさん食べないいちごを目の前にした子供は、大量のいちごを目の当たりにするとテンションが上がってたくさん食べてしまうかもしれません。

 

しかしいちごに含まれているビタミンCなどを過剰に摂取すると腹痛などを引き起こしますので、食べすぎないように注意してみておくことが必要です。

 

目安5個〜10個程度としておき、残りはお家に帰ってからのお楽しみ、としておくことが楽しく1日を終える秘訣と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました