野良猫が発情期にうるさいときに試してほしい2つの方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

野良猫が発情期でうるさい時に効果的な方法は下記の2つです。

  1. 野良猫の寄り付かない環境を作る
  2. 市販のグッズを使う

我が家にも使った、とても効果的なアイテムはこちら

この商品を売っているショップは
何件もあるんですが

そんな中でも上記リンクのショップが
一番お得でした。

 

この記事では、

  • 野良猫が発情期にうるさいときに試したい2つの方法
  • 猫がうるさく鳴く理由とは
  • 野良猫は保健所に引き取ってもらえる?

といった内容をまとめてみました。野良猫が発情期にうるさいことについて気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

野良猫が発情期にうるさいときに試したい2つの方法

発情期の野良猫は非常にうるさいですよね。その対策方法について2つご紹介します。

野良猫の寄り付かない環境を作る

身近にあるもので猫が嫌うもの、基本的には匂い・刺激臭の強いものを使用します。

水で薄めたものを毎日噴霧します。

柑橘類

みかんなどの柑橘類の皮を撒きます。

コーヒーのかす

コーヒー抽出後の「かす」を撒きます。

生ニンニク

切り刻んで撒くまたはネットに入れて吊るしておきます。

香辛料

カレースパイスや胡椒などを猫が居付く場所に撒きます。

唐辛子

粉末状のものや細かく刻んだものを撒きます。

ハイター

キッチンハイターを10倍ほどに薄めて撒きます。

大事なのは猫が刺激になれてしまわないよう、数日おきに撒くものを変えていくことです。

それでも猫の性質によるものか、なかなか効果が出ない時があるかもしれません。

そのような時はもう一つの方法を試してみましょう。

市販のグッズを使う

猫は音にも敏感なので、市販のブザーなども効果的です。
遠隔で操作するものや、近づいたらなるセンサー式のものなどが市販されています。

ただ大きな音がちょっと・・・という場合は超音波発生器もおすすめです。

Tweet / Twitter

これは猫が近づいてきた時にセンサーで感知し、猫によく聞こえてさらに嫌に感じる超音波を出すため、猫が近づかなくなる仕組みです。

それでも気になる場合は、大きな音楽をかけるか耳栓をして鳴き声を聞こえなくする方法も試してみましょう。

猫がうるさく鳴く理由とは

猫の鳴く理由は主に以下の3点が考えられます。

親子間・仲間間の交流

子猫の時は母猫へその気持ちを伝えることを中心に、猫の生涯の中で最も良く鳴くそうです。

また、仲の良い猫同士がお互いを呼ぶ際にも良く鳴くことがあります。

発情期

繁殖が可能となる年齢に達すれば、雌が雄を甘く呼び寄せる鳴き声や、雄同士が雌をめぐり争う際の威嚇行動として発します。

警告・威嚇・攻撃行動

猫同士の喧嘩はよく目にするかもしれません。

お互いが鳴きあってなかなか本番に移行しないことが多く感じますが、その際の警告・威嚇の意味合いで鳴き声を出し、攻撃時も鳴き声を出したりします。

警告・威嚇行動として鳴き声をあげることは、猫以外の生き物にも出すことが多々あり、人間に対しても発することがあります。

上記に当たらないとみられる場合は、体調が悪くて鳴き声を上げていることも考えられます。

しかし鳴き声やフンを撒き散らす野良猫、様々な対策方法を取ってもなかなか撃退できない、そんな時が出てきた場合はどうすれば良いのでしょうか。

野良猫は保健所に引き取ってもらえる?

最終手段と言っていい方法ですが、お住まいの地域の保健所に相談し、引き取ってもらうことが挙げられます。

猫は愛護動物として定められており、個人が無闇に傷つけたりすれば「動物愛護と管理に関する法律」に従い刑罰を受ける場合があります。

しかし野良猫を捕まえ保健所に持ち込む行為自体は違法行為には当たりませんので、万策尽きた場合は一度相談してみるのも良いかもしれません。

ただ、保健所は伝染病蔓延防止や地域住民の健康維持の観点から申し出があれば受け入れをする義務がある、と過去に法律で定められていたのですが、平成25年の法改正により正当な理由のない場合は引き取りを拒否できることとなっています。

「正当な理由」に猫による被害が深刻であることは当たりそうですが、それを証明することが大変かもしれません。

しかし行政側も無闇に駆除するわけにもいかず、かといって住民の訴えを無視するわけにもいかず、前例を簡単に作るわけにもいかずといった板挟み状態が続いているように感じます。

そのため、できる限り自分でできる野良猫の忌避対策を実行していくことが最善の解決方法なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました