蝉が鳴かない理由とは? |夜や雨が降っていても鳴く?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

蝉が鳴かいな理由は下記の3つが考えられます

  • 暗いので夜と勘違いしている
  • 雨が降っているから
  • 人間が襲ってくるから

蝉はオスしか鳴きません。オスの成虫の腹腔内には音を出す発音筋と発音膜、音を大きくする共鳴室、腹弁などの発音器官が発達し、鳴いてメスを呼び子孫繁栄へ繋げます。

蝉が鳴く理由、鳴かない理由を詳しくまとめておいたのでチェックしてみてください。

この記事では、

  • 蝉が鳴かない理由とは?
  • 知っておきたい蝉のこと
  • 蝉がまれに夜に鳴く時はどんな理由がある?

といった内容をまとめてみました。蝉が鳴かない理由について気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

蝉が鳴かない理由とは?

セミが鳴かいな理由は下記の3つが考えられます

• 暗いので夜と勘違いしている
• 雨が降っているから
• 人間が襲ってくるから

ひとつずつ詳細を説明しますね。

暗いので夜と勘違いしている

蝉は基本的に夜は鳴かないのです。
蝉が鳴く時の条件は「明るさ」「気温」が揃っているからなのです。

夜は気温が低くて暗いので鳴かないというわけですね。
気温的には25℃~32℃あたりで鳴くそうです。

最近は熱帯夜が多かったり、夜でもネオンで明るい場合があります。
その場合はやはり蝉も勘違いして夜でも鳴くのです。

だから夜というよりは、明るさと気温という条件ですね。

雨が降っているから

雨が降ると、蝉の羽が濡れてしまいます。
そもそも羽をこすって鳴くので、濡れると鳴けないですよね。

併せて雨の日は気温が下がるので25℃以下になり鳴かないこともあります。

人間が襲ってくるから

人間が近くに来たら、怖いので察知して鳴かなくなります。

いないよ!というアピールで鳴かないというわけですね!
なかなか賢い!

ちなみに各種類の蝉の鳴く時間を紹介してみましょう。

• アブラゼミ 終日
• ミンミンゼミ 午前中
• クマゼミ  午後
• ヒグラシ  早朝・夕方
• ツクツクボウシ  午後

このようになっています。

知っておきたい蝉のこと

蝉のことをもう少し詳しく知ってみましょう!

蝉が鳴くことについて

オスの成虫の腹腔内には音を出す発音筋と発音膜、音を大きくする共鳴室、腹弁などの発音器官が発達し、鳴いてメスを呼ぶということをします。

発音筋は秒間2万回振動していて、それで鳴き声になっているということです。

蝉が鳴く理由

蝉が鳴く理由はひとつ!子孫繁栄です。
オスの蝉が自分のいる場所を知らせるために鳴いているのです。

メスに対しての求愛行動として鳴いているということですね。
だから、蝉で鳴いているのはオスだけなのです。

蝉って寿命が短いことはみなさんご存じですよね?

実は蝉は長い間土の中で過ごしているのです。
そして地上に出れたと思うと寿命がとても短い。

だからできる限りの鳴き声で、必死に子孫繁栄をしているのです。
そして大きな声の雄の蝉にはたくさんの雌が寄ってくるのです。
まさにここも弱肉強食ですね!

稀に蝉が夜に鳴くと地震が起こるという噂があります。
これには具体的な根拠はありません。

よく地震の前に動物が異常行動をすると言われますよね?
それと同じような考えで、普段夜に鳴かない蝉が鳴くと地震の前兆だと言われたようです。

でも前項でおつたえしましたが、気温や明るさで蝉も夜に鳴くことはありますからね(笑)

蝉がまれに夜に鳴く時はどんな理由がある?

蝉はそもそも夜は基本的に何をしているのでしょうか?

実は人間と同じく蝉も夜は通常寝ています。
蝉は昼行性が基本ですね。

常に警戒心を持って木に捕まって寝ているのです。
しかも蝉は意外と長い時間寝るんですよ(笑)

蝉がまれに夜に鳴くときにはどんな理由があるのでしょうか?
前述もしましたが、地球温暖化による気温上昇、夜のネオンなどの光という条件で、蝉が昼と勘違いして夜に鳴くことはありますね。

ちなみにミンミンゼミやクマゼミなどは、夜で明るくても鳴くことはありません。
ニイニイゼミやアブラゼミは時代とともに、夜中によく鳴くようになっています。

また海外ではどうやら蝉は夜鳴くのが当然のことなんです。

韓国

韓国ではセミが夜に鳴くのが普通になっています。
熱帯夜が多く日が高いのも長い国なので、条件的に蝉が鳴くのでしょう。

それに韓国は最近とても賑やかになり、夜も発展しています。
そのため明るさも蝉が勘違いしやすい雰囲気になっています。

タイ

タイでも同じ条件ですね。

タイは日本でいう4月が夏を指します。
気温は最高が38度くらいにもなるのです。

夜でも25℃以下にはならないのが通常ですね。
蝉が鳴く条件を考えれば、タイは夜に鳴くことになりますね。

タイトルとURLをコピーしました