脂質と糖質を同時に摂取すると太る!脂質・糖質制限の効果とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

脂質と糖を同時に摂取すると間違いなく太ります。

ダイエット方法として「糖質制限」と「脂質制限」は食事量に関係してきます。

  • 糖質制限は運動する時間が中々取りにくい、食事量は減らしたくないといった人向き
  • 脂質制限は炭水化物を摂りたい、食事量が減っても我慢できるといった人向き

太る原因は食材というよりも「糖質」「脂質」と言うことを知っていなければどれだけ食事制限をしてもダイエットは失敗に終わる恐れがあります。

今ダイエットをまさにしたいと思っている人!

この記事では、脂質と糖質を同時に摂取する太る理由や、糖質制限と脂質制限のこと、それぞれのダイエット方法などを伝授していきますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

脂質と糖質を同時に摂取すると太る!太る理由とは?

脂質と糖質の同時摂取は太る原因となります。

人間の欲求の一つである食。美味しいものを食べたり、腹一杯食べたり出来ることは本当幸せなことですよね。

しかし同時に多くの人を悩ませるのが「太る」というワードでしょう。

太る理由というのは「食べ過ぎ」と一般的には知られていますが、当たらずとも遠からず。

太る原因は食材というよりも「糖質」「脂質」にあり、これらが消費されずに体に溜まってしまうために太るのです。

まあ、美味しいものほど太る!というのは悔しいですが真実ですよね。

「糖質」「脂質」は人間の体を動かすための重要なエネルギー源、車でいえばガソリンに値するものです。

しかしガソリンは消費されなくても液体を保っていますが、糖質・脂質は消化されなかった場合に中性脂肪に変換されてしまい、これが肥満の原因となるのです。

入ってくるものを消化させるか、もしくは入ってくる量を少なくするか、という選択が肥満防止に繋がり、消化させる方法として知られているのは運動ですね。

ガソリンとエンジンに置き換えればわかりやすいですが、高回転になるほどガソリンの消費も多くなるように、高い負荷の運動はよりエネルギーを消費することとなります。

しかしエンジンと違うのは、きつい運動をしたとしてもエネルギー消費が多くなりすぐに痩せる!というメカニズムに人間の体はなっていないことです。

そこで近年耳にするのが「糖質制限」「脂質制限」といったワードですが、入ってくるものを減らすという考え方に基づいた方法です。

知っておきたい糖質制限と脂質制限のこと

3大栄養素として知られるタンパク質・炭水化物・脂質。

糖質が入っていないと思うかもしれませんが、炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものを表しています。

主に糖質の役割は、臓器や筋肉を動かすためのエネルギー源、また脂質は体温保持や内臓の保護といった役割を果たすどれも人間に欠かせない栄養素です。

厄介なのは前述の通り、消化しきれなかった場合に中性脂肪へと変換されてしまうこと。

そのため糖質、脂質の摂取量を制限することで肥満の防止につなげようという方法がよくとられます。

糖質制限はご飯やパン、麺類などの炭水化物の多い食事を制限すること、脂質制限はその名の通り脂分を控える方法となります。

それぞれの効果について詳しくご紹介していきましょう。

糖質制限と脂質制限をするとどういう効果がある?また向いている人はどんな人?

糖質を摂りすぎると血糖値が上がり、体内にインスリンが分泌されて糖を脂肪に変えてしまうメカニズムが働きます。

糖質制限をすることで

  • 効率的に脂肪を落とせる。
  • 筋肉の減少防止。

効果が期待でき、肉や魚は食べることができますので食事面の満足度も高いといった点が挙げられます。

対して脂質制限ではカロリー量を減らすことに繋がるため、体重を減らす効果が期待できます。また炭水化物も接種できることからご飯やパンを食べることができるのもメリットでしょう。

糖質制限は運動する時間が中々取りにくい、食事量は減らしたくないといった人向き、

脂質制限は炭水化物を摂りたい、食事量が減っても我慢できるといった人向きとなります。

二つを組み合わせれば最強!と思うかもしれませんが、糖質制限も脂質制限もある程度健康上のリスクを引き起こす可能性があるため、どちらかを無理せずトライすることが結果として大事となります。

ダイエットを上手にする方法とは?

さて、最後に上手にダイエットをする方法ですが、食事と運動を兼ね合わせることがポイントになります。

まず食事面ですが、血糖値を急激に上げると糖分が脂肪に代わりやすくなるため、血糖値の上昇を抑える食材から食べることが効果的です。

代表的なのは野菜類。特に葉野菜のレタスなどを意識的に最初に食べるようにしましょう。

そしてもう一つ重要なのは運動。ジョギングやランニングなど「有酸素運動」と呼ばれるものが効果的と言われますが、最も重要なのは「筋肉」です。

筋肉とは車のエンジンのようなもの。糖分を燃焼させるための重要な組織です。筋肉は鍛えるほど増え、増えればそれだけ糖分を燃焼させる能力が上昇します。

俗に言われる「リバウンド」現象とは食事摂取量を減らすと脂肪と一緒に筋肉が落ちてしまい、その後に通常の食事量に戻すと燃焼させる筋肉が激減していることから一気に脂肪に変換されてしまうことを表します。

そのため食事量を減らしたとしても、筋肉を維持もしくは増やさなければ意味がありません。

なので食事の質・量に加えて運動も重要なポイントとなります。

ダイエットは緩んだ心と体に厳しい道のりとなりますが、うまく組み合わせてスリムな体を目指したいですよね。

しかし何事も無理は禁物。長い目で見て無理しないペースで挑戦することが大事です。

タイトルとURLをコピーしました