自転車保険っていくら?保険会社別値段の安いランキング5

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最近交通事故のニュースが相次いでいますよね。

自分では気を付けていても、

いつ誰が遭遇するかはわかりません。

自分が被害者、または加害者になることもありうるのです。

事故に巻き込まれて怪我をしたり、

自転車が壊れたときにいろいろな補償を

してくれるのが自転車保険です。

実は、この自転車、保険はそんなに高くないんです。

低コスパで安心が買えるなら、損することはありません!

ここでは安い保険会社をご紹介していきます!

 

5位 ちゃりぽ

「自転車あんしん保険」(あんしんプラン)

月に260円で個人賠償保障が1,000万円ですが、

この保険の見どころは

入院保険が日額で6,000円ももらえるということ。

これはお得ですよね!

 

4位 モンベル

「モンベルの自転車保険」では、

月に226円で、たくさんの安心補償がついています。

加害者になった場合の個人賠償保障は最大1億円、

脂肪後遺障害や傷害医療費用保険金などがついているんです。

そして、個人賠償保障はご家族も利用できますよ!

 

3位 全日本交通安全協会

自転車保険制度「サイクル安心保険」

月額221円の保険になっています。

事故を起こした場合は、最大1億円の補償、

日額入院費は2,000円の補償プランです。

 

2位 楽天損保

「サイクルアシスト」個人プランで月135円。

加害者になっても最大1億円の補償、

入院補償は1日1,000円と、

安いのにしっかり補償してくれるのが嬉しいところです。

 

1位 損保ジャパン日本興亜

「サイクル安心保険」では月額103円からと、超格安!

個人賠償保障額は1億円、示談交渉もしてくれるんですよ~

もしもの時に安心な補償がたくさんついていますね!

 

 

年代によって値段も変わるの?自動車保険の年代別おすすめ会社3。子供の平均額はいくら?

 

●20代

1位 東京海上日動火災保険

2位 損保ジャパン日本興亜

3位 ソニー損害保険

20代では、格安で加入できる

ダイレクト保険がおすすめです。

忙しいので、いつでもどこでも加入できる

(パソコンやスマホがあれば)

そんな保険会社がいいでしょう。

 

●30代

1位 東京海上日動火災保険

2位 損保ジャパン日本興亜

3位 あいおいニッセイ同和損害保険

30代になると、結婚や出産で家族の状況も変わってきて、

見直す人も多くいます。

だから、保障内容の見直しができる東京海上日動火災保険が

不動の人気であり、おすすめの保険でもあります。

 

●40代

1位 東京海上日動火災保険

2位 コープ共済

3位 損保ジャパン日本興亜

家族全員が自転車に乗る機会が増えるこの年代。

コープ共済をおすすめするのは、

保険料を抑えながらも補償がしっかりしているからです。

 

まだまだ交通ルールがよくわかっていない幼小の子どもたち。

親の目があるにしても、やはり事故は相次いで起きています。

この時期のお子さんの保険、月に300円台からで

小学校卒業まで面倒を見てもらえます。

 

中学生になると、行動範囲も少し広くなり、

親の目の届かないところまで行くこともあります。

また、部活動で校外の場所へ移動したりする時に

自転車で移動することもありますよね。

そんな中学生の保険料は700円程度。

小学生時代に比べて少し保険料は値上がりします。

 

通学で使用する子どもも多い高校生。

こちらも中学生とほぼ変わりなく、700円程度です。

朝早くから出かけたり、塾や部活動で

夜遅くまで自転車に乗ることがあるので、

入っておかなければいけませんね。

 

 

みんなで入るとお得?!自動車保険は家族全員で入るといくらなの?気になる最安値の会社はどこ?

 

au損保

月額1360円で入院や通院のサービスまでついています。

 

●セブンイレブン

月額601円からで、

入院補償の日額4,000円がついています。

もしもの時に安心のサポートが受けられますね!

 

●楽天損保

月額234円!!

楽天のIDを持っていたら、

登録した翌日から保険が適用されます。

 

損保ジャパン日本興亜

月額365円で、家族全員が

補償を受けられるというのが嬉しいですね!

 

いかがでしたか?

ひと言に自転車保険といっても、

たくさんの保険会社があって迷うと思います。

ご自身の家族形態や将来のライフプランなどを見つめなおし、

最適な自転車保険を選んでくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました