ミュゼの解約から返金まで!クーリングオフの流れのまとめ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「ミュゼの脱毛プランを契約したけれど、

サービスに不満がある」

「後になってミュゼよりもお得な

他の脱毛コースを見つけてしまった…」

こんな時、

「すでに支払ってしまった契約金はどうなるの?」

と不安になってくる方も多いかと思います。

そこで今回は、ミュゼの返金額をシミュレーションして説明、

また、どんな理由で解約する人が多いのが紹介していきます!

 

ミュゼを解約した場合返金額はいくらになるのか実例シミュレーション

 

早速、ミュゼを解約した場合の基本的な計算式は

「契約金額消化額=返金額」になります。

「消化額」とは「実際に施術を受けた1回の金額×回数」と、

予約日時まで24時間をきってしまった場合の

当日キャンセルが消化回数に含まれます!

「ドタキャンが多すぎて全然お金が戻ってこなかった…」

なんてことにならないようにしましょう。

それでは、シミュレーション形式で、

どのように返金されるのかみていきましょう。

 

<フリーセレクト美容脱毛コース(Lパーツ)4回契約、1回施術した後に解約した場合>

 

レギュラープランの場合のこのキャンセル料は、

「税込38,880(通常価格)「消化額9,720円×1回」

=返金額29,160

ということになります。

 

解約に伴う違約金や手数料が一切かからず、

また、契約期間内に1回も

お手入れを受けていないプランに関しては、

全額返金してくれるのが嬉しいところですよね。

 

ただし、返金には以下のような例外があるので注意が必要です。

 

・回数無制限の返金対象は6回まで

・予約日から24時間以内の当日キャンセル

 

いわゆる回数に上限がない「通い放題プラン」は、

6回以上お手入れを受けてしまうと返金されません。

そして、当日キャンセルが返金対象外ということに関しては、

前述致しましたので割愛させていただきますね。

この他にもプラン・コース内容によっては

返金方法も異なってくることがありますので、

コールセンターや契約店舗に確認してみるのがいいでしょう。

 

 

ミュゼは予約が取れないことが理由で解約する人が多いって本当?

 

ミュゼは充実したサービスやプランが人気の為、

今や会員数約360万人を超えています。

これは日本女性2034歳の年齢層の

3人に1人が会員という計算に。

そうなると、人気のあまり必然的に予約が取りにくくなり、

解約するという方も中にはちらほらいるそうです。

その他にも、

「思ったような効果が得られなかった」

「肌にあわなかった、痛みを感じた」

「結婚して転居した」

「妊娠してお手入れを受けられなくなった」

といったような理由も多いようですね。

 

ミュゼをはじめ多くのサロンでは、

肌に異常が出てしまった場合や、

妊娠された方はお手入れすることが

できない規定となっています。

 

そういった理由などで解約を希望する場合は、

クーリングオフも以下の条件で利用可能です。

<クーリングオフの条件>

・契約した日から8日以内であること

・契約期間が1か月以上

・契約金額が5万円以上

 

契約した日から8日以内なので

それ以上過ぎてしまった場合は

クーリングオフ対象外になります。

ですが、期間を過ぎても解約・返金にも応じてもらえますし、

ミュゼは違約金・解約手数料・強引な引き止めなどは

ありませんので心配しなくて大丈夫ですよ。

 

<クーリングオフの流れ>

    電話でクーリングオフする旨を伝えるor直接店舗へ行く

コールセンターへ電話し、

クーリングオフすることを伝えましょう。

コールセンター:0120-965-489

受付時間:10001900/年中無休

 

    「特定記録郵便」や「簡易書留」など書面でも通知を

コールセンターの指示通りの必要事項を記載の上、

郵送の記録が残る「特定記録郵便」や

「簡易書留」を利用して出しましょう。

 

    契約解除・返金されるのを待つ

基本的にこちら側からすることはありません。

契約解除と返金がされてクーリングオフ完了となります。

不明点や疑問点がありましたら、

コールセンターへ連絡してみましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ミュゼの解約で迷っていましたら、

今回の返金シミュレーションや、

クーリングオフなども検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました