ダニ捕りシートは気持ち悪いほど効果がある!正しい使い方と駆除の方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ダニ捕りシートの正しい使い方は置くだけの為に非常に簡単です。あまりに簡単すぎて、この使い方で本当にいいのだろうか?と疑問に思ってしまうほどですが簡単です。

そして実際に使用した声では、製品にもよりますが効果が気持ち悪いくらいに覿面だったという声も多数聞かれています。

死骸を吸い込むことでダニアレルギーやアトピー性皮膚炎を発症させてしまうこともある厄介なものですので、ダニのことが気になったらまずは簡単にダニ捕りシートを使うことをお勧めします!

この記事では、

  • ダニ捕りシートは気持ち悪いほど効果がある!正しい使い方とは?
  • ダニの対策・駆除の方法とは?
  • 知っておきたいダニのこと

といった内容をまとめてみました。ダニ捕りシートについて気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

ダニ捕りシートは気持ち悪いほど効果がある!正しい使い方とは?

ダニ捕りシートの正しい使い方は置くだけの為に非常に簡単です。あまりに簡単すぎて、この使い方で本当にいいのだろうか?と疑問に思ってしまうほどですが簡単です。

そして実際に使用した声では、製品にもよりますが効果が気持ち悪いくらいに覿面だったという声も多数聞かれています。

普通に生活していたとしても、布団やカーペットにはダニが湧いてしまうことを聞かれた方も多いのではないでしょうか。

刺されるとかゆいですし、死骸を吸い込むことでダニアレルギーやアトピー性皮膚炎を発症させてしまうこともある厄介なものです。

古来より様々な方法が用いられてきたほどにダニの駆除方法は多数ありますが、ダニ捕りシートは最も簡単であるかもしれません。

ダニを駆除したい場所に製品の有効範囲に応じた個数のシートを用意し、置く、時間が経過したら集めて捨てる、のステップを踏むだけです。

しかし闇雲に場所を決めるのも効果が期待できません。ダニは暗くて温度が高く、じめじめした環境を好む性質があります。

また生物である以上、食べ物も必要ですね。ダニは何を食べるかといえば人間の髪の毛や垢といったものも好んで食べる性質があるのです。

ということはおのずから設置するに適した場所といえば、ベッドや布団、カーペットやソファといったところとなってきますよね。

特にベッドや布団は睡眠により温度と湿度が高い状態が長時間続きますし、髪の毛や垢もたくさん落ちてくるのでダニにとっては住みやすい環境となります。

そのためにも布団とシーツの間などにシートを入れることが効果的な使用方法となってきます。

さて、その他のダニ対策・駆除方法についてはどのようなものがあるかご紹介していきましょう。

ダニの対策・駆除の方法とは?

まず頭に思い浮かべるのは布団などの天日干しとなるでしょう。太陽光の熱によりダニを死なせることが出来ます。

ただダニの生命活動を止めたとしても死骸がアレルギーを引き起こすこともありますので、天日干しの後は掃除機で死骸を吸い取ることが大事です。

その他、ダニ駆除用の燻煙材を使うと部屋内のダニを一網打尽にすることも可能です。ダニ以外にもゴキブリなどの害虫駆除も行えるので一石二鳥な方法となります。

但しこの方法は数時間、部屋が使えなくなるのとダニの死骸が残ることとなりますので使用後の掃除機による吸い取り作業は欠かさず行いましょう。

ダニシートはその点、死骸も吸着してしまうので掃除機をかけない分楽ではありますが、効果が出るまでは日数がかかることがネックではあります。

各手段に良し悪しがありますので、速効性を狙うか手軽な方法を取るかは状況により使い分けましょう。

駆除も大事ですが、普段の生活でダニの発生を出来る限り抑えたいところですよね。

前述の通りダニは暗くて高温多湿な環境を好みますし、髪の毛や垢等が食事にもなります。

出来る限りごみやほこりが部屋内にたまり続けないようにこまめな掃除や、窓を開けて空気を入れ替える等の行動が効果的となってきます。

さて次章では敵を知り己を知れば百戦危うからず、ダニのことを知ることで大切な家族や自分の身を守るため、ダニのことについて学んでいきましょう。

知っておきたいダニのこと

ダニと言えば屋外で生息しているイメージが強いですが、室内だけに見られる種類も多く存在しています。

主に以下の3種類が屋内で発生するものとして挙げられています。

チリダニ

カーペットやソファといった場所を好み、フケや垢、ホコリをエサとして生息します。
よってほとんどすべての家に住み着いているといっても過言ではありません。

人を吸血したりすることはありませんが、死骸がアレルギーを引き起こすことがあります。

コナダニ

畳や保存食品の容器に発生し、畳やお菓子・調味料といった保存食品類をエサとします。

人を咬む習性はないものの、チリダニよりも増殖率が高いため油断すると大発生をする
ことがあります。

ツメダニ

カーペットや畳などに生息し、他のダニをエサとします。

他のダニが増えてしまうと自然にツメダニも増えてしまうために注意が必要です。

目に見えないほどに小さいため、大量に発生していてもわかりずらいのが難点。死骸や脱皮した殻、排泄物がアレルギーの原因になることがあります。

またコナダニは食材の中に生息してしまうため、気づかずに食べてしまいアナフィラキシーショックを引き起こすこともあるのです。

部屋中に必ず生息している、と考えれば風通しを良くし掃除をこまめに、時には燻蒸処理を行う行動が自分と大事な家族を守ることとなりますね。

タイトルとURLをコピーしました