「アフィリエイト広告を利用しています」

おでんを圧力鍋で作る時に入れてはいけない2つの具材と圧力鍋で作るコツとは

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おでんを圧力鍋で作る時に入れてはいけない物は以下の2点です。

  • 練り物
  • じゃがいも

練り物とじゃがいもは圧力鍋で調理すると、美味しく仕上がらない、形が完全に崩れてしまうなどの不具合が生じます。圧力をかける事によって爆発するなどという危険性はないので安心してください。

今回の記事では、おでんを作る際の圧力鍋に入れてはいけない物、圧力鍋での美味しいおでんの作り方やおすすめ具材を紹介していきます!

圧力鍋でおでんを作ってみたい!と思っている方、絶品のおでんができるコツがあるのでぜひ最後まで読んでみてください。

おでんを作る際に圧力鍋に入れてはいけないものは?

 圧力鍋でおでんを作る際に鍋に入れてはいけない物は下記の2点です。

  • 練り物
  • じゃがいも

練り物にはたくさん種類がありますよね。それぞれ紹介します。

練り物

練り物系は、煮込みすぎるとNGな理由は、「うま味を損なう」ことと「膨張する」ということです。

練り物はかなり種類が多いですが、代表的なものでおでんの具材になり得るのは、白滝、はんぺん、ちくわぶ、さつま揚げ、こんにゃくなどですよね。

しかしこの練り物具材はおでんには欠かせないものなので、圧力鍋でおでんにするときは練り物は別調理にしておいて、食べる前に加えましょう。

下処理

  • さつま揚げ→油抜き
  • こんにゃく、白滝→下茹で

それぞれ下処理を終えたら圧力鍋のおでんの具材に仲間入りさせます。

なるべく下の方に入れて少し時間を経過させるほうが出し汁が染み込みます。

じゃがいも

じゃがいもを圧力鍋に入れてはいけない理由は「煮崩れ」です。

圧力鍋で煮込むと時間がたてばたつほど形状が全くなくなり酷い時には液状に・・。

じゃがいもをおでんに入れたい場合は、別で調理して食べる直前におでんの鍋に追加すると言う方法にしましょう。

簡単に調理するなら事前に電子レンジで熱を通して柔らかくしておくだけで、おでんの出汁で染み込ませて美味しく食べられますよ。

おでんを圧力鍋で作る時のその他注意点

  • 最大調理量を守ること
  • 水分の調理量を超えないようにすること

水や具材が規定量を超えて入っていると、出汁があふれ出てしまいやけどの危険、蒸気の道を塞ぐのえ爆発の危険も起こり得ます。

規定されている量を守るようにしてください。

おいしいおでんを圧力鍋で作るコツ

圧力鍋でおでんをつくるメリットは、時短、簡単、味の染み込みなどおいしさ倍増ということなのです!

簡単!基本的なおでんの作り方

  1. 圧力鍋に練り物とじゃがいも以外の具材を入れて、だし、醤油、みりんを入れる
  2. 強火にかけて10分間加圧
  3. 減圧して練り物を入れる
  4. 5分煮込む
  5. じゃがいもを入れる

このように圧力鍋に入れて時間を調整するだけなのでものすごく簡単で、さらに煮込む時間が短くても味が染みておいしいおでんが出来上がります!

圧力鍋おでんを美味しくするための下ごしらえ

具材のいくつかを下ごしらえしておいて圧力をかけることでさらにおいしくなるものを紹介します。

大根

味を充分に染み込ませるために皮を厚めにむいて、切込みをいれ下茹でをしておく。

下茹でする時には、米のとぎ汁を使うことで美味しくなりますよ!

x.com

たまご

まずゆで卵にして皮をむきます。ポイントとしては、黄身を固めにすることで味の染み込みを強くすることができることです。

定番から変わり種まで….おでんに入れるとおいしい具材とは?

おでんに入れるとおいしい意外な食材や変わり種まで紹介していきます。

圧力鍋で作るおでんのおすすめ具材定番編

  • もち入り巾着
  • ロールキャベツ
  • 牛すじ
  • ウインナー
  • 昆布

おすすめの定番具材でボリュームのあるものとして、もち入り巾着やロールキャベツがあります。

この二つは冷凍のものを使用してもおいしく仕上がるのでお勧めの具材です!

形崩れしないように、圧力鍋の後半に入れ込むと味が染みて美味しいですよ。

また牛すじを入れる際は下ごしらえが必要になります。牛すじを10分茹でて、一度洗ってさらにまた1時間茹でて、食べやすい大きさに切ったものをおでんに入れ込みましょう。

ウインナーも切り込みをいれて味を染み込ませやすくします。昆布は、結び昆布を用意すると見た目が良いです。

しかし結び昆布は柔らかくなりすぎてほどけてしまうこともありますので、後半に投入することをお勧めします。

圧力鍋で作るおでんのおすすめ具材変わり種編

  • トマト
  • 里芋
  • イカ
  • 卵焼き
  • 手羽先
  • チーズ

トマト、里芋、イカは、別に調理しておいて後半に入れ込むのがおすすめです。

卵焼き、チーズ、手羽先は子供にも人気具材ですね!

チーズに関してはトッピングとして最後に散らすのがポイント。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
生活
YUKIをフォローする
タイトルとURLをコピーしました