いざ断捨離に挑戦!すすむやり方初心者のポイントはひとつだけ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

断捨離ブームの昨今、テレビや雑誌で収納術や整理整頓術などのコーナーがよく取り上げられるようになりました。


また、人気インスタグラマーやYouTuber
おしゃれで清潔感のあるお部屋をみて、憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。


「私もこんな部屋にしたいけど物が多すぎるな
「断捨離っていったいどこから始めたらいいの?」


と、途方にくれている方も多いはず。


そこで今回はおすすめの断捨離方法について
ご紹介していきます!

断捨離に勢いをつけるやり方服の整理から始めると気分もすっきり

断捨離でもっとも悩む服の整理。
特に、クローゼットで服がぱんぱんになっている

女性は多いのではないでしょうか。
ですが、よく着ている服は意外と限られていて、

あとはクローゼットの肥やしになっている

なんてことになっていませんか?
そこで、断捨離は服の処分から始めていきましょう!
服の断捨離を行う上でのおすすめ方法をご紹介していきますね。

・服を全部出してみる!
まずはヘビーユースしている服も、

あまり着ていない服も、

全部ごっちゃまぜにして服の山を作りましょう!
持っている服全てを山積みにすることで、

よりクリアな気持ちになり、

捨てるか残すかの判断がしやすくなるんです。

・いつ着たのか覚えてない服は捨てる
「こんな服持っていたっけ?」

と自分でも覚えてない服はたくさんあるはずです。
目安としてはワンシーズン〜1年以内に

いつ着たのか思い出せない服が対象となります。
そういう服は思い入れがない証拠なので、

すっぱり捨てることをおすすめします。

・悩む時間は3秒まで
「その服を着て輝いている自分を想像できるか?」

と自問自答してみてください。
その悩む時間は3秒まで、つまり直感で

すばやく判断してみてください。
3
秒以上悩む服は、ずっといつまでも悩み続けますし、

タンスの肥やしで居続ける可能性が高いです。
3秒じゃ短すぎて決められないよ!」という方は、

家族や友人、恋人などの第三者から

客観的に判断してもらうといいでしょう。

・あまりに悩むものは「保留ボックス」へ
ここまで機械的にさくさく断捨離が進む方法を

お伝えしていきました。
しかし、使わないとわかっているけれど、

どうしても残しておきたい物ってありますよね。
そういう場合は無理に捨てる必要はありません。
そこで、「保留ボックス」を作るといいでしょう。
どうしても未練が残り、

手元に置いておきたいものはそこに入れて、
とりあえずキープしておき、

後でじっくり考えるという手もあります。

断捨離の基準部屋の中はどこからてをつける?女性が気を付けること


押入れやクローゼットは、

しばらく使わない物をとりあえずしまっておいたり、
使うかわからないけど念のため取っておいた物などの宝庫で、

断捨離の判断がしやすいものが多いです。
なので、まずは押入れやクローゼットなどの

収納スペースから始めることをおすすめします。
ここでの注意点は

思い出の品の判断は後回しにする、ということです。
特に、お子さんをお持ちのお母さんの場合、

子供のもう使わないおもちゃや服などは

思い入れがとても強いものが多いので、

断捨離の手が止まってしまうケースが多いです。
また、一般的に女性は写真やアルバムなどを

たくさん持っている方が多く、

昔の結婚式の写真や学生時代のプリクラを

眺めて思い出に浸ってしまいがちです。
思い出の品はあらかじめまとめて避けておいて、

その他の物から整理していくことがおすすめですよ。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。
断捨離は、部屋をすっきりさせて掃除や整理整頓が

しやすくなるというメリットだけではありません。
物の管理がしやすくなるので、

無駄な買い物がなくなり、節約にもつながる

という好循環も生まれるんですよ。
今日から断捨離を始めて、

すっきりした空間作りを目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました