実際はいつなの?お中元の時期は地域によって変わる?関西編。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

マナーや風習は

地域によって全然違います。

今回ご紹介する

お中元についてもそうです。

 

まず時期が関東や関西、北海道といった

地域によって異なります。

 

もちろんお世話になった人への

感謝を示す贈り物ですので、

もらった人は時期がズレていても

そこまで気にしないかもしれません。

 

ただ、マナーに気を遣うことで

更に感謝の気持ちは伝わるものです。

そして時期が異なると、

季節が微妙に違うので、

メールや手紙の文面にも

注意が必要です。

 

私も覚えたつもりでも

混乱することがあります。

できるだけわかりやすく

まとめてみました。

 

お中元についての

地域ごとの時期を知りたい方、

いつもお世話になっている

関西の取引先の人へお中元を贈る方、

参考になればと思います。

 

 

お世話になったあの人へ!お中元の時期正しいマナー

 

 

お中元で、お世話になった人に

贈り物をしたい!

と思ったときに

気を付けていただきたいのが

その方のお住まいの地域です。

 

もし関西でしたら

7月15日から8月15日くらいまでです。

もし関東でしたら

7月初旬から7月15日です。

 

そう、お中元を贈る時期は

地域によってさまざま

他の地域の一般的な送る時期も

見ていきましょう。

 

区分けとしては1北海道、2東北と関東、

3北陸、4東海と関西と中国と四国、

5九州、6沖縄です。

 

1北海道: 7月初旬から8月15日

2東北と関東:7月初旬から7月15日

3北陸:関東と同じ時期の地区と、

北海道と同じ地区がある

 

4東海と関西と中国と四国:7月15日から8月15日

5九州:関東や東北と8月1日から8月15日

6沖縄:旧暦の7月15日まで

(「旧暦カレンダー」で検索すると

調べるサイトが出てきます)

 

かなりバラバラですね。

これは覚えるのも苦労しそうです。

 

ただ多くの人がこう思っているためか、

東日本では6月下旬から7月15日まで、

西日本では7月上旬から8月15日まで、

という解釈で送る人も多いそうです。

 

そして、近年ではますますシンプルに、

たとえどの地域でも

7月1日から15日までに送る

という人が増えているそうです。

 

東日本と西日本の時期が

この間は重なっているためです。

極論としては、

迷ったら7月1日から15日までに送る、

という方法も悪くはありません。

 

ただもらう側としては、

地域ごとの時期に受け取ると、

「こちらの風習への理解があるのだな」

とも思いますよね。

 

 

返事はこれで正しいの?お中元で頂いた物へのお礼はメールでは失礼?

 

 

お中元は送る時期が分かったら、

あとはお店に行ったり

ネットで選んで送るだけです。

 

しかし、意外と難しいのが

いただいたときのお礼です。

これについてもマナーがあります。

 

電話やメール、LINEという

通信手段だけでお礼をするのは

よくありません。

正式には、ハガキや手紙などで

お礼状を出すのがマナーです。

 

時候の挨拶から始まり、

相手の安否を気遣う文を入れ、

日ごろのお礼、お中元へのお礼、

相手の家族(社員)などへの心遣い、

結びの挨拶といった内容です。

 

ここでも、

送る地域に気を付けてください。

 

初めに作ったお礼状の文面を、

使い回しで他の地域のお礼状に、

同じ時候の挨拶を入れて

送ってしまうと台無しです。

 

また、お礼状を出す前に、

所用があったり、

仕事上の連絡をしたりすることも

あるでしょう。

その際、

お中元のことに触れないのは

どうしても不自然です。

 

その時は「この度はお心遣いの品を

ありがとうございます。

まずは取り急ぎメール(もしくは電話)にて

失礼いたします。」

といった言葉を入れるのが自然です。

 

 

まとめ

 

 

以上がお中元の地域ごとの時期、

お礼についてでした。

まとめます。

 

・お中元は地域ごとにかなり時期が異なる

・近年では東日本と西日本で分けたり、

全国どこでも7月1日から15日に

送ったりする人も増えている

・お中元のお礼でメールは失礼

メールで連絡を入れたら

手紙かハガキでお礼状を出すのがマナー

 

感謝を示したいだけなのに

こんなにも多くのマナーが存在するなんて、

混乱した方もいると思います。

 

ただ、マナーをしっかり押さえたお中元は、

きっとあなたへの評価を上げるはずです。

タイトルとURLをコピーしました