バナナヨーグルトダイエットは夜がベスト!その理由を紹介

スポンサードリンク
スポンサードリンク

バナナヨーグルトが夜にベストな理由は、夕食前に血糖値の急激な上昇を抑え、脂質・糖質の分解を促進するためです。

 

この記事では、

  • バナナヨーグルトダイエットを夜実践しても痩せる理由は?
  • バナナヨーグルトの効能やカロリーは?
  • バナナヨーグルトダイエットの正しいやり方とは?

といった内容をまとめています、バナナヨーグルトダイエットを実践したい!実践している!といった方はぜひ最後まで目を通してみてください。

バナナヨーグルトダイエットを夜実践しても痩せる理由は?


夕食前に血糖値の急激な上昇を抑え、脂質・糖質の分解を促進するためにバナナとヨーグルトを摂取するのがバナナヨーグルトダイエットです。

 

バナナは摂取することで以下の効果が期待できる食物です。

 

満腹感を上げる

お腹をある程度満たした状態とできることから、食事の食べ過ぎを抑える効果が期待できます。

よく噛んで満腹中枢を刺激すればさらに効果が期待できるでしょう。

 

便秘解消

バナナは不溶性の食物繊維が多く含まれており、便通を促進する効果が期待できます。体内に溜まった便の排出を促進することで便秘解消とともに健康的な体作りにも役立ちます。

 

新陳代謝を上げる

新陳代謝が上がると脂肪が燃焼されます。

 

バナナには成長ホルモンの分泌を促進するアルギニンという栄養素が含まれており、この栄養素を摂取すると新陳代謝を上げる効果が期待できます。

 

成長ホルモンは一般的に寝ている間の夜10時〜2時が最も分泌量が多いことから、その前に摂取することで脂肪燃焼効果をさらに高める効果が期待できます。

 

血糖値の上昇を抑える

血糖値が上がると体内ではインスリンと呼ばれる成分が分泌されますが、この成分は糖質を脂肪分に変えてしまう働きを持っています。

 

ダイエットの一つとしてよく言われている「糖質ダイエット」はインスリンによる脂肪変換が行われないように糖質摂取量を制限する方法です。

 

糖質は3大栄養素の一つでありあらゆる食材に含まれていますが、同時に食物繊維も多く含まれていると血糖値を上げにくいことが判明しています。

 

これは「低GI値食品」と呼ばれ、バナナも食物繊維が多く含まれていることからこのカテゴリに分類される食材です。

 

 

アスリートの減量にもバナナがよく使われています。

 

 

さて、バナナに加えヨーグルトを摂取するとどのような効果が期待できるのでしょうか?

 

ヨーグルトにはビタミンB2が豊富に含まれています。

 

ビタミンB2は脂質・糖質を分解する働きがありますので、バナナとともに摂取することで相乗効果によるダイエットの促進が期待できるのです。

またヨーグルトを食べることで腸内活動が促進され、便通を良くする効果も期待できます。こちらもバナナとの相乗効果が期待できますね。

 

 

ただしくれぐれも「無糖」のヨーグルトを選びましょう。砂糖を加えたら元も子もありません!

バナナヨーグルトの効能やカロリーは?

さて、夜のバナナヨーグルトダイエットの実施でいかほどの効果が出ているのでしょうか?気になるところですよね!

 

1週間で体重1kg減、体脂肪が2%下がったという声が出ています。

 

 

朝に実施して1ヶ月で2kg減という声もあります。

 

 

気になるそのカロリーは目安として以下となります。

 

  • バナナ  :100g
  • ヨーグルト: 60g(プレーン品)
  • エネルギー値:62kcal

 

非常に優秀な値である、ということができますよね。

 

しかし優秀な素材でも方法を誤ると効果も見込めないでしょう。正しいバナナヨーグルトダイエットの方法とはどのような形なのでしょうか?

 

バナナヨーグルトダイエットの正しいやり方とは?

夜バナナヨーグルトダイエットは夕食の30分前に食べ、水か白湯をコップ一杯分摂取します。

 

夕食の食べ過ぎを抑えることも狙いであり、よく噛んで食べることで満腹中枢を刺激すればさらに食べ過ぎ抑制効果が期待できます。

 

なお、朝の場合はバナナヨーグルトだけでも良いでしょう。

 

忙しい朝はどうしても朝食を抜きがちですが、朝食抜きとなると代謝が落ち結果的に太りやすい体となってしまいますので、手軽に必要な栄養素を摂るためにもおすすめです。

 

また、忘れてはならないのは「きちんと食事を取る」ことです。

必要な栄養素を補給しなければ新陳代謝が悪くなり、結果として太ります。

 

食事を取らずに体重を落とし、減ったのちに通常の食事をすると元の体重に戻るどころか増えてしまうこともあるいわゆる「リバウンド」の理由がそこにあります。

 

食べれば太る、という考えは捨て、「必要な栄養素を補給しなければ太る」というマインドに変えていくことがダイエット成功に向けた第一歩と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました