「アフィリエイト広告を利用しています」

節分は豆食べすぎに注意!腹痛?アレルギー?食べすぎの注意点を解説

スポンサードリンク
スポンサードリンク

節分の豆を食べすぎると、カロリー過多で太ってしまったり、下痢や腹痛、イソフラボンの過剰摂取によりアレルギーを起こしてしまう可能性があります。

 

基本的に豆類は植物の種なので栄養が豊富で体に良いのですが、その反面食べすぎには注意する必要があります。

そういった意味では、節分豆の通説である「年の数だけ食べる」というのは理にかなっているのかもしれません。

 

この記事では、

  • 節分の豆食べすぎが身体に起こす影響とは?
  • 節分豆の栄養価とは?
  • 節分の豆を食べすぎてしまった時の対処法

といった内容をネットで調べてまとめてみました。節分豆の食べすぎやカロリー、栄養素に関して疑問に思っている人には参考になると思いますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

節分の豆食べすぎが身体に起こす影響とは?

節分豆の食べ過ぎは身体に良くありませんので気をつける必要があります。

 その理由は以下の通りです。

 

高カロリー

節分豆は大豆です。

 

大豆といえば畑の肉、と言われているくらいに栄養素が多いものと印象がありますよね。

しかし調理方法によっては低カロリー・高カロリーとその顔を自在に買える食材でもあるんです。

 

節分豆は乾燥大豆ですが、100グラムで約420kcalと茹でた場合の倍以上のカロリーとなります。

 

そのため豆腐などと同じ感覚でボリボリ食べてしまうといつの間にか太っていた、なんてことにもなりかねないですね。

 

過敏性腸症候群

小腸で糖質が吸収されず大腸へ行き、下痢や腹痛がひこ起こされる症状です。

 

節分豆=炒り豆の糖質量は茹でた豆の3倍ほどとなっているので、食べすぎるとお腹を壊す傾向が強いのはこのためであるといえます。

 

 

人によりガスが溜まりオナラが止まらない、といった症状も出たことがあるようですね。

 

イソフラボンの過剰摂取

天然成分イソフラボンは健康食品の代名詞ともなっており、大豆にも含まれているものですが摂取のしすぎは身体に良くないと言われております。

 

骨粗鬆症や前立腺がんなどの予防に有用である反面、乳がん発症などの発症に作用するなどという説もあり、いまだにヒトに対する有効性や安全性は確立されていない現状があります。

 

内閣府の食品安全委員会では大豆イソフラボン内の成分「大豆イソフラボンアグリコン」が実際に体内に吸収されることから、大豆イソフラボンアグリコンの1日の摂取上限目安量を公表しています。

 

その値は70〜75mgとされていますが、それに対し節分豆などの炒り大豆の平均含有量は200mgとなっております。

 

そのため、食べすぎるとイソフラボンの過剰摂取につながってしまい、どのような影響が出るかが未知数というリスクがあります。

 

中にはアレルギーを引き起こす場合もあるようですね。

 

https://twitter.com/miki_mfb/status/1053637519303049216

 

x.com

 

節分豆は言い伝えの通り自分の年齢数分だけという食べ方が無難のようですし、先人の知恵だったのかもしれないですね。

節分豆の栄養価とは?

 

そんな節分豆ですが、ネガティブなイメージばかりではありません。

カロリーは高いですが、他の栄養素も豊富に含まれているのです。

 

 

 

大豆食品といえば豆腐や枝豆ですが、前述の通り調理法により栄養含硫量が変化する食材でもあります。

 

100gあたりのカロリーと3大栄養素の数値を挙げてみましょう。節分豆は「乾燥大豆」となります。

 

カロリー

  • 乾燥大豆 : 約420kcal
  • 茹で大豆 : 約180kcal
  • 納豆   : 約200kcal
  • 豆腐   : 約60kcal

 

豆腐と節分豆の差は約7倍!びっくりの数値ですね。

 

タンパク質

  • 乾燥大豆 : 約35g
  • 茹で大豆 : 約16g
  • 納豆   : 約17g
  • 豆腐   : 約5g

 

脂質

  • 乾燥大豆 : 約19g
  • 茹で大豆 : 約9g
  • 納豆   : 約10g
  • 豆腐   : 約3g

 

炭水化物

  • 乾燥大豆 : 約28g
  • 茹で大豆 : 約10g
  • 納豆   : 約12g
  • 豆腐   : 約2g

 

調理方法により大きく変動しますが、注意しなければならないのは100gあたりの数値ということ。

 

茹でた場合は水分を含みますので、グラムあたりの粒数も乾燥時から大きく減ります。

そのため、同じ粒数を食べれば両者はほぼ数値が変わらなくなるようです。

 

でも節分豆と例えば枝豆では満腹感も異なりますよね。

 

そのほか、異なる豆 100gあたりの栄養素で比較してみると・・・

 

乾燥大豆

  • カロリー  : 約420kcal
  • タンパク質 : 約35g
  • 脂質    : 約19g
  • 炭水化物  : 約28g

 

落花生

  • カロリー  : 約560kcal
  • タンパク質 : 約25g
  • 脂質    : 約48g
  • 炭水化物  : 約19g

 

アーモンド

  • カロリー  : 約600kcal
  • タンパク質 : 約19g
  • 脂質    : 約54g
  • 炭水化物  : 約20g

 

となります。

 

大豆は畑の肉と言われる由来、タンパク質が多いことがよくわかりますね。

 

節分の豆を食べすぎてしまった時の対処法

食べ過ぎてしまった場合の対処法は残念ながら良い方法がないといえます。

 

そのため、「食べすぎない」ことが最良の対処法といったところでしょうか。

少なくとも毎日食べ続けることだけは避けた方が良さそうです。

 

そして小さいお子さんがいらっしゃれば、食べ過ぎで喉を詰まらせる事故も多いそうですので他のもので代用するのが良いかもしれません。

 

 

さまざまな影響を鑑みると、節分豆は自分の年齢と同じ数だけ食べる、といった伝統は言い得て妙なのでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました