オリーブの木を育てるのは日当たりの悪い北側でも大丈夫な理由とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

オリーブの木を育てるのは、日当たりの悪い北側でも大丈夫です。ただし、日当たりの良い場所の方が成長が良く、実も多くなりやすいことからも、まだ植える前や木が移動できるくらい小さいといった場合は可能であれば日当たりの良い場所で栽培するのが良いでしょう。

この記事では、そんなオリーブの木について下記の通りまとめてみました。

  • オリーブの木は日当たりの悪い北側でも大丈夫?
  • オリーブの木が北側でも上手に育てる方法とは
  • オリーブを育てるときに気をつけたい病気と害虫
  • オリーブの代わりに日陰でも育つ植物

オリーブの木を育てているんだけど北側だ!、植える場所が北側しかないけど大丈夫?と不安になっている方には参考になると思いますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

オリーブの木を育てるのは日当たりの悪い北側でも大丈夫?

オリーブの木を育てるのは、日当たりの悪い北側でも大丈夫です

ただし、日当たりの良い場所の方が成長が良く、実も多くなりやすいことからも可能であれば日当たりの良い場所で栽培するのが良いでしょう。

 

気温に対しては、零度くらいまでは耐える植物のため雪が積もらなければ寒い場所でも育てることができます。

栽培には土も重要。ph6.5〜7.0あたりの中性の土壌が栽培に最も適しています。

 

市販の「オリーブ用の土」を使用することが良いですが、入手できない場合は「果樹・花木用の土でも良いでしょう。

オリーブの木が北側でも上手に育てる方法とは

オリーブの木は「平和の象徴」とされ、幸せをもたらすとされております。

 

 

相当な日陰の環境下でも育つことからカフェやサロンなどの店舗内への設置他、玄関やベランダなどに置くご家庭も増えております。

 

Twitter / ?

 

鉢植えでも地面でも、どちらでも育てることができ、地植えの場合は5〜10m程度まで育つことと、その形状の美しさから庭のシンボルツリーとして植えられるケースも多いようです。

 

https://twitter.com/NyaPiKoNa/status/1461140182296522753

 

またその実を原材料とした植物油「オリーブオイル」はあまりにも有名ですね。世界5大健康食品の一つとしても選ばれているくらいです。

 

 

オリーブの木の育て方のポイントについて、簡単にご紹介します。

 

水やり

地植えの場合は、自然の雨で十分ですが夏場のみ夕方に水やりを行いましょう。

鉢植えの場合は、土が乾いたら水やりのサイン。鉢底から溢れる程度にしっかりと水やりを行いましょう。

 

肥料

効果が長くつづく緩効性の置き肥がベストです。

鉢植えの場合は、花が咲くまえの2〜3月、花が散った後の6月、実を収穫後の10月の3回が肥料をあげる目安となります。

 

地植え時は開花前と実の収穫後の2回が目安となります。

 

剪定

日当たりを良くすることと害虫防止のためにも、剪定は大事です。樹齢3年以上の木は積極的に剪定を実施しましょう。

 

形を整えるために剪定する場合の適した時期は5月〜12月の間と言われております。

なお、新しく伸びた枝を切ってしまうと実がつきにくくなりますので注意が必要です。

 

挿し木

剪定した枝を挿し木することで増やすことができます。

 

新芽のついた枝を選び、葉を数枚残して切り取ります。1〜2時間水に浸し、挿し木用の土に挿した後は水をたっぷりとやり、風通しの良い日陰へ設置しましょう。

 

植え替え

立派に育てるためにも植え替えは重要です。1〜2年の成長サイクルと共にワンサイズ大きい鉢へ植え替えましょう。時期的には4月〜6月が適しています。

 

湿気に弱いことからも、鉢の底に石を入れるのを忘れずに実施しましょう。

 

実を成らせるため

結実には受粉させることが重要です。開花時期の異なる種類のオリーブの木を置くことで受粉され、しっかりとした実を成らせることが出来ます。

オリーブを育てるときに気をつけたい病気と害虫

屋外で育てることの多いオリーブは害虫の被害が避けられず、悩ましい問題となります。

 

代表的な害虫が「オリーブアナアキゾウムシ」。幼虫が幹の内側を食い荒らすことで木が枯れてしまう原因となります。

 

木の根元におがくずのようなものや、樹皮の表面にかさぶたが出ていると発生のサインのため注意が必要です。市販の殺虫剤などで対処していきましょう。

 

また病気も悩ましいところ。代表的な病気は炭疽病・梢枯病と呼ばれるものがありますが、薬剤だけでは病気を防ぐことが難しいです。

 

病気部分の枝を切り取ったり、適切な剪定を実施することで病気の防止につながりますのでこまめに生育状態をチェックすることが大事と言えますね。

 

オリーブの代わりになる日陰でも育つ植物

オリーブ以外にも日陰でも育つ植物類をご紹介します。

 

アジサイ・アナベル

北米産のアジサイで、日本産のアジサイよりも野性味が強く日陰でも花を咲かせます。

 

ヤツデ

古来より日本の山に自生していた植物で、日本の気候にも合い病気や害虫にも強く、縁起物として庭などに植えているケースもあります。

 

https://twitter.com/urashira1/status/1471364893337337860

 

アオキ

ヤツデ同様、古来より日本の山で自生していた植物です。

 

森の中でも力強く育つ性質のため、庭やベランダなどにおいても十分姿形を楽しめるものと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました