いちごの実が大きくならない3つの原因と対策方法とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

いちごの実が大きくならない原因は3つ考えられます。

  • 受粉ができていない
  • 株間が狭い
  • 摘花・摘果の不足

 

ハチなどの虫が少ない場合は自分で授粉用の筆などを購入して授粉させてあげましょう。

またいちごは横に広がって成長しますので、株間は広くとって余裕を見てください。

たくさんの花や実をつけたイチゴはその全てに栄養を行き渡らせようとします、必然的に実が受け取れる栄養量がつけている実の数によって増減しますので、いちごの実を大きくしたいのであれば実の数を少なくすればよいのです。

大きくて甘いイチゴにするためには間引きが必要ですね

この記事では、

  • いちごの実が大きくならない原因と対策方法とは?
  • いちごの実を大きく育てる為に知っておきたいポイント!
  • いちごの実を甘く育てる方法とは?

といった内容を詳しく調べてまとめてみました。育てているいちごを大きくしたい!といった方には参考になると思います、ぜひ最後まで目を通してみてください。

いちごの実が大きくならない原因と対策方法とは?

プランター菜園でいちごの実が大きくならない!と悩まれているケースが多いのではないでしょうか?原因として考えられる理由は以下の通りです。

 

受粉ができていない

自然環境ではハチなどの虫によって受粉が行われますが、マンションのベランダなどでプランターで育てている場合、上層階になるほど虫がこない環境となるため受粉が満足に行われません。

 

そのため、筆や耳かきの柔らかい部分を使って、花粉をなでるように受粉させてあげる必要があります。

 

株間が狭い

 成長したいちごは横に広がっていきますので、株同士が近いとお互いが成長の妨げとなってしまいます。

あまり隙間を設けず敷き詰めるのはよくありませんので、ある程度間隔を設けましょう。

 

株の数が多い時は、プランターを追加しましょう。

 

摘花・摘果の不足

花や実が多いと、それだけ栄養も必要となりますよね。そのため増えすぎた花や実を摘みとる必要があります。

実を大きくするには栄養が必要、摘花・摘果をすることで栄養を行き渡らせ実を大きくすることができます。

 

また、実がなる茎が細くて弱々しい場合も、栄養が十分に行き渡らない可能性が高いので茎をカットしてしまいましょう。

 

さて、次は実を大きく育てるためのポイントをご紹介します。

 

いちごの実を大きく育てる為に知っておきたいポイント!

いちごに限らず、実のなる植物は花が咲いたのちに実をならします。また実をならすためには受粉をさせる必要があります。

多過ぎる花は摘花しなければなりませんが、まずは花をたくさん咲かせ、受粉を確実にさせることがポイントとなってきます。そのためにも植え付けの時期は重要と言えますね。

 

いちごは十分な日光を当てて冬を乗り切ることで成長した甘い実を成らせますので、植え付け時期は冬に入る前の10〜11月が適切です。

 

厳しい冬を乗り越え春先に開花、受粉から40〜50日で実が成熟しますので、5月〜6月頃が収穫時期となってきます。この育成サイクルはまず抑えるべきポイントとなりますね。

 

大きくするには土も重要。弱アルカリ性の土を好みますが、プランター栽培時は市販の野菜用の培養土を使用することで良いかと思います。

 

水やりも重要ですが、冬の時期はあまり多く与える必要はありません。土が完全に乾いているのを確認し、1週間に一度程度の水やりでOKです。

 

花を咲かせる時期からが本番、水を切らさないことが重要です。土の表面が乾いていたらたっぷりと与えましょう。この際、葉や花に水がかからないよう、根元に優しく与えることもポイントです。

 

肥料は元肥・追肥が必要です。ただしプランターの場合は野菜用の土であればあらかじめ配合されているので元肥はあえて与える必要はありません。

 

追肥は植え付け後1ヶ月経過した時、新芽の発育を促進させるために開花前の2月下旬頃の2回実施しましょう。市販の果実用肥料を適量与えます。

 

この様に手間暇をかけて育て上げ、立派な実をならしてもいざ食べると甘くない!ということも起こります。

 

せっかくなら甘く育てたいですよね。その方法とはどの様なものでしょうか?

いちごの実を甘く育てる方法とは?

甘く育てる方法は以下が挙げられます。

 品種

甘味の強い品種を選ぶことが重要です。

 

摘花・摘果

摘花時は花を3輪〜5輪残し、養分を集中させましょう。実をならし始めていればこちらも3〜5個残し、養分を集中させます。

 

肥料

チッ素成分が多い肥料は葉に養分が回り、花や実に行き渡りません。リン酸成分の多い肥料や、イチゴ栽培専用の肥料を使いましょう。

 

日当たり

日に当てる時間をできる限り長くすれば、花もよく咲き実も良くなるために甘さも強まります。

 

水分

前述の通り、花が咲く前は水分もさほど必要はありませんが、控えめの水分が糖度を高めることにつながると言われています。

 

手間暇はかかりますが、大きく育った実を食べた時に甘みが豊富であれば喜びもひとしおですよね。その時を楽しみに丁寧に育てていくことが最も大きなポイントと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました