はっさくは薄皮まで食べると健康に良い理由や栄養素|剥き方、外皮のレシピまで|

スポンサードリンク
スポンサードリンク

はっさくの皮は食べることで身体に良いとされる以下の4つの栄養素を摂ることができます。

ビタミンC

毛細血管・歯・軟骨などを正常にする、皮膚のメラニン色素(体に色を付ける色素のことで、メラニンが多いにつれて黒くなると言われています。)の発生を抑え、日焼けなどを防いでくれたりかぜやストレスといった病気に対する抵抗力を上げると言われています。

ナリンギン

ナリンギンにはダイエット効果を促す食欲抑制効果や血流を改善する効果、花粉症などの症状を緩和してくれるような抗アレルギー作用があると言われています。

食物繊維

ヒトの消化酵素で分解されない食物中の総体と定義され、水に溶ける水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維に分けられます。

クエン酸

血液の酸性化をおさえ血流を改善してくれます。

 

とることでマイナスな面はなく、美容や健康に良いとされる要素ばかりですので積極的に食べるようにしていきたいですね。

 

この記事では、

  • はっさくの皮を食べるとどんな栄養分や健康に良い効果があるのか?
  • はっさくの皮の簡単な剥き方とは?
  • 美味しく食べられるはっさくの皮レシピは?
  • はっさくの外皮は食べる以外の使い方もある!
  • はっさくの保存方法と美味しいはっさくの選び方は?

といった内容をまとめてみました。「はっさくの皮の食べ方」が気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

はっさくの皮を食べるとどんな栄養分や健康に良い効果があるのか?

結論から言うと、4つあります。

ビタミンC

毛細血管・歯・軟骨などを正常にする、皮膚のメラニン色素(体に色を付ける色素のことで、メラニンが多いにつれて黒くなると言われています。)の発生を抑え、日焼けなどを防いでくれたりかぜやストレスといった病気に対する抵抗力を上げると言われています。

逆に不足すると、コラーゲンが生成されないため、血管が脆くなり出血を起こしてしまいます。(壊血病)

ナリンギン

ナリンギンにはダイエット効果を促す食欲抑制効果や血流を改善する効果、花粉症などの症状を緩和してくれるような抗アレルギー作用があると言われています。

また、活性酸素によるコレステロールの酸化を防ぐと言われていて、コレステロール(細胞膜やホルモンの材料などになると言われています。

とりすぎると、血管を詰まらせてしまい、悪玉となるみたいです。)が酸化する事で起こる生活習慣病を防ぐ効果もあるようです。

食物繊維

ヒトの消化酵素で分解されない食物中の総体と定義され、水に溶ける水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維に分けられます。

水溶性の方は食後の血糖値の上昇を抑え、コレステロール値の低下、高血圧の予防、そして生活習慣病の予防に効果があるとされています。

不溶性の方は排便をスムーズにするみたいです。水分を吸収して弁の容積を増やすことで大腸が刺激されるからです。

クエン酸

血液の酸性化をおさえ血流を改善してくれます。
ミネラルやビタミン類を吸収しやすくし、ミネラル類が酵素に触れる前にクエン酸が包み込み、酸化から守ってくれます。それにより、老化が予防できると言われています。

また、身体の細胞が正常に働くことによって古くなった角質を剥がすことを促進し、身体のサイクルを保ってくれるのもうれしい効果ですね。唾液や胃液の分泌を促進して食欲も促します。

そしてエネルギー代謝経路を活性化し、良い食事と適当な運動を共にする事で代謝を上げ、ダイエット効果があるとも言われています。

はっさくの皮の簡単な剥き方とは?

はっさくの皮はとっても硬い!果肉を包む薄皮は剥きにくくて、手が果汁でベトベトに、、、そんなはっさくですが比較的手が汚れず、皮の簡単な剥き方を2つご紹介します。

包丁での剥き方

まず、上下を切り落とします。
次にりんごの皮を剥く要領で包丁で剥いていきます。
房が全部くっついているのでバラバラに。
すると、びっくりするほど簡単に薄皮が果肉からとれていきます。

ムッキーちゃんを使う

黄色と白に分かれた柑橘類の皮剥き専用機器。
白色の方で切れ込みを入れ、上の下手の周りを切り取ることで簡単に硬い皮が切れます。

次に白色の方で薄皮を剥けば、出来上がり!

美味しく食べられるはっさくの皮レシピは?

実だけでなく、皮も美味しく頂けるはっさくの皮レシピ4つ。

ピール

煮詰めて美味しく頂けます!

チョコへのアクセントやケーキの中に仕込んだり。
付け加えたものの中に爽やかな香りをもたらしてくれるでしょう。

ジャム

こちらも煮詰めて作ります。
パンに塗ったり、スイーツに付け加えたり。お好きにどうぞ。

ハーブティー

切って、乾燥させて。
3時のおやつのお供に。リラックスしたい時にも癒しになってくれるでしょう。

塩漬け

みじん切りにして塩をまぶすだけ。

肉料理にかければ、爽やかなアクセントに。サラダやパスタ、ピザにも良い相棒になってくれるでしょう。

はっさくの外皮は食べる以外の使い方もある!

食べる以外にも役立つ道が他にも!3つ紹介します。

入浴剤として

入浴剤として体にポジティブな効果を発揮してくれるそうです。

まず、オーラプテン効果。認知機能を低下させる炎症を抑えてくれて、ダイエットの効果や免疫力を高めてくれるそうです。

次にリモネン。情感神経を刺激し、新陳代謝の活性化、さらにそれによって脂肪を分解させる効果もあるみたいです。

また、皮を2日間ほど外に干しておくことで成分が凝縮され、効果が上がるみたいです。

掃除に使える

まず、肉厚な皮はスポンジがわりに。分厚い皮で汚れを拭き取れるでしょう。

またはっさくに含まれるクエン酸。これは酸性のため、アルカリ性の汚れを中和して落としてくれるでしょう。

具体的には、シンクの水垢がすっきり。蛇口のステンレスがピカピカに。ガラス製品や鏡の曇りにも効果があるでしょう。

肥料

栄養がたくさん入ったはっさくの皮は肥料としてきっと成長を促してくれるでしょう。

またアブラムシをはじめとした害虫が柑橘系の匂いを苦手とするため、害虫除けとしてもお役立ちしてくれるでしょう。

はっさくの保存方法と美味しいはっさくの選び方は?

八朔の保存方法はポリ袋に入れ、冷蔵庫での保管です。そうすることで2~3週間はもつ事でしょう。

一方、はっさくの敵は乾燥のため(上記で記述したようにあえて乾燥させ、入浴剤に使う、などの方法もありますが。)、常温で保存だとあまりもたないようです。

その場合は、一つずつラップや新聞紙で包むことで乾燥を防ぎましょう。

次に美味しいはっさくの選び方4つを見ていきましょう。

はり、つやで選ぶ。

新鮮なはっさくは水分を多く含んでいるので、皮にはりとつやがあります。

重みがあるかどうか

重みがあることで果汁が多く含まれている可能性が高いです。また、果汁が多いほど、甘味があると言われています。

甘い香りがあるかどうか

爽やかな中でも甘味が感じられれば、果肉も甘いことがあります。

茶色い部分がないかどうか

茶色い部分があるとそこからいたんでいる可能性があります。色が明るい橙黄色を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました