間違ってソイルを洗ってしまった時の対処法は!?そのまま使用しても大丈夫?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

間違ってソイルを洗ってしまった場合、ソイルは基本的に洗って再利用することができません。

軽く洗って粒が残っている場合であれば大丈夫な可能性はありますが、洗って粒が潰れてしまうと潰れた微細な粒子がアクアリウム内の生体を傷つけたり、濾過装置の目詰まりなどを引き起こす原因となってしまいます。

残念ですが、新しいものと取り換えた方が生体には良いでしょう。

この記事では、

  • 間違ってソイルを洗ってしまった時の対処法は!?そのまま使用しても大丈夫?
  • ソイルを型崩れさせないよう洗浄する方法は?
  • ソイルによる水の濁りを予防する方法とは?
  • ソイルは再利用する方法とは?
  • ソイルの使用方法とは?

といった内容をまとめてみました。ソイルを洗ってしまった!という方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

間違ってソイルを洗ってしまった時の対処法は!?そのまま使用しても大丈夫?

ソイルは基本的に洗って再利用することができません。もし間違って洗ってしまった場合は、型崩れしていないもの以外はできればそのまま捨てて新しいものに交換をしましょう。

ソイルとはアクアリウム向けに小さな土を粒状に焼き固めたものです。

軽く洗って粒が残っている場合であれば大丈夫である可能性はあります。

しかし洗って粒が潰れてしまうと潰れた微細な粒子がアクアリウム内の生体を傷つけたり、濾過装置の目詰まりなどを引き起こす原因となってしまいます。

最近では高温で焼くことで、より硬度を増した「崩れない」ソイルというものも発売されていますが、形は保たれても保有している栄養分が枯渇してしまうという点があります。

ソイルを型崩れさせないよう洗浄する方法は?

型崩れしていないソイルであれば、軽く洗浄した上で再利用が可能となるかもしれません。

ソイルは水中で段々と崩れていくことから、型崩れさせず長持ちさせるには崩れる速度の速い粒の小さいものよりも、最初から粒の大きいものを選択し使用することがポイントとなります。

https://twitter.com/aquarium_25y/status/1472815618663809026

また水槽内のメンテナンスの際にソイルに無理な力が加わり型崩れを起こさないよう、水槽規模に見合ったメンテナンス用具を使用して無理のない清掃作業を行うことです。

そのほかには、水槽のレイアウトはできる限り固定化することです。

流木の位置や石の位置、変えたくなる気持ちもあるでしょうがソイルのためにはあまり良い行動とはなりません。

頻繁に変えてしまうとソイルにも力がかかり、型崩れを引き起こす原因ともなってしまいますので注意しましょう。

ソイルによる水の濁りを予防する方法とは?

ソイルを使用する際の水の濁り防止方法についていくつかご紹介します。

水換え

ソイルの細かい粒子が舞っている場合、水が濁ってしまうことがあります。このような場合に水換えを行うと透明度が上がります。

活性炭

炭はさまざまな汚れの粒子を吸着することはよく知られています。

栄養分が豊富なソイルを使っていると水換えでも濁りが取れない時がありますので、活性炭フィルターを使い吸着させることで透明度が上がります。

フィルターの水流調整

フィルターの水の勢いが強く、ソイルの細かい粒子を巻き上げてしまっている場合があります。

目視してソイルが水流で抉れてしまっているようであれば水流を弱めるようにしましょう。

市販バクテリア品

こちらはむやみに多用しないことをおすすめします。

水を透明にするというふれ込みで発売されていますが、バクテリアが定着しなければその死骸で濁ってしまうためです。

水槽内でバクテリアが自然発生しますので、無理に入れる必要もないかと考えます。

ソイルは再利用する方法とは?

さて、ソイルはその状態により再利用が可能な場合もありますが、再利用のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは栄養分のコントロール。再利用品は栄養分が枯渇しており、追肥により調整がしやすいことが挙げられます。

また定着したバクテリアをそのまま使えるため、水質の安定化が図れること、単純に買い直ししないことからコスト面も安く仕上がることとなります。

粒の形状が残っているソイルであれば再利用の可能性が高まります。ふるいにかけて残った粒などを選別していきましょう。

ソイルの使用方法とは?

水の濁りを防ぎ、植物の根張りをよくすることや通水性を高めるためにも、ソイル再利用時は新しいソイルを古いものの上に注いでいきましょう。

その上で、注水時はソイルが舞わないように優しく入れてあげることが重要です。

おおよそソイルの使用期限としては環境にもよりますが半年〜1年と言われています。

形が崩れ始めてきたりしたら交換のサイン、再利用可能なものを残し交換を進めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました