ぬか漬けを食べるとかゆい!これってアレルギー?かゆみの原因と対処方法とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ぬか漬けを食べるとかゆい!となるのは、アレルギーの可能性が高いです。

考えられるアレルギーとしては、

• ぬか漬けの中の米ぬかによるアレルギー
• 漬けているもののアレルギー

このどちらかによるものだと言えるので、かゆくなってしまった場合は、

• 原因食物の摂取を控える事
• アレルギー反応を抑える薬を定期的にしばらく服用する事

といったことに気をつけましょう

 

この記事では、

  • ぬか漬けを食べるとかゆくなるのはアレルギー?かゆみの原因と対処方法とは?
  • ぬか漬けが食べたいけどアレルギーだった時の代替え案は?
  • アレルゲン検査と一緒に検討したい遺伝子検査

といった内容をまとめてみました。ぬか漬けを食べるとかゆくなることについて気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

ぬか漬けを食べるとかゆくなるのはアレルギー?かゆみの原因と対処方法とは?

ぬか漬けを食べるとかゆくなるのは、結論から言うとアレルギーの可能性が高いです。

考えられるアレルギーとしては、

• ぬか漬けの中の米ぬかによるアレルギー
• 漬けているもののアレルギー

このどちらかによるものだと言えます。

アレルギーが自分にあることを知らず食べてしまってかゆみが出たという話は、特別なことではなく、大いにあり得る話なのです。

ぬか漬けを食べてアレルギーが出た時の対処

• 原因食物の摂取を控える事
• アレルギー反応を抑える薬を定期的にしばらく服用する事

このふたつがアレルギーが出てしまった時の対処法です。

アレルギーの症状

• 唇、口の中がピリピリ、イガイガする
• 鼻炎
• 蕁麻疹
• 喘息
• かゆみ
• 腹痛
• 下痢
• 嘔吐

アレルギーの症状としては口の中の変化の軽いものから、喘息や嘔吐などのちょっと重いものまであります。

口腔アレルギーと呼ばれるものの症状が主にでてきます。

それ以外では、体にブツブツ、蕁麻疹が出てくると言う確率も高いですね。
蕁麻疹はほぼほぼアレルギーの症状だと思って良いでしょう。

ぬか漬けをたべて少し違和感を感じて症状が続くなら医療機関を受診することをお勧めします。

下痢嘔吐でも重いほうですが、アレルギーの一番怖い症状はアナフィラキシーですよね。アナフィラキシーは稀ですが可能性としては0ではないので気を付けましょう。

その際に対処はもちろんのこと、アレルゲンの検査をしておいて、今後の食の対策を講じるようにした方が良いですね。

ぬか漬けの米ぬかにアレルギーがある場合、かき混ぜて大丈夫なのでしょうか?

ぬか床には塩分が含まれており、酸性が強いので、手荒れの心配のある方は素手でかき混ぜるのはおすすめできません。

しゃもじまたはビニール手袋などでかき混ぜてください。
皮脂がなくなってバリア機能が弱まっていると,塩分の刺激等で蕁麻疹様の発疹が出る事があるのです。

ですので一概に、アレルギーだとも限りませんがわからなくなるので、始めから素手ではしないほうが良いですよね。

ぬか漬けが食べたいけどアレルギーだった時の代替え案は?

ぬか漬けが食べたいけど、アレルギーだった時の代替え案を紹介してみます。

もしぬか漬けの米ぬかでなく、浸けたものがアレルギーの対象であったのであれば、浸けるものを変えるという代替え案でOKです。

例えばキュウリがダメだったらナスにするということですね。

しかし米ぬか自体がアレルギーであれば、他の物を使用して「ぬか漬けもどき」を作ることができます。

そのぬか漬けもどきを作るのに使うのが、ヨーグルトです。ぬか漬けの乳酸菌とヨーグルトの乳酸菌は似ているので、代替え案として「ヨーグルト漬け」をしてみましょう。

アレルゲン検査と一緒に検討したい遺伝子検査

アレルゲンの検査は、とりあえず一度しておいたら安心かなと思います。
私も健康診断の時追加料金を出して、植物から食べる物も網羅してもらいました。

そうすると意外と自分が思ってもみなかったところに反応するんですよ。
ぜんぜん食べてきたけど、小麦がちょっとアレルギー体質で、その後小麦を控えると、毎日あった頭痛が無くなったりしたんです。

何かのきっかけに調べる事をお勧めします。

併せて、こちらのサイトもチェックしてみてください。

euglena MyHealth ユーグレナ・マイヘルス
自分のカラダを知れば、未来が変わる。本当...

現在ちょっと話題になってきている「遺伝子検査」です。
ユーグレナマイセルフは、遺伝子解析を元に自分の体の傾向値を知ることができます。

視力、ガンのリスク、太りやすいのかなど未来を予測した傾向値がでますので、今後の食事や習慣にとても役立てられるのです。

どこかのタイミングで一度しておくだけで、一生安心が得られるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました