ミヤマクワガタの寿命はどのくらい?寿命を伸ばす上手な育て方とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ミヤマクワガタの寿命は成虫となったのち約3ヶ月ほどで迎えることが多いです。

温度管理・湿度・餌が育成に重要な要素となりますが、特に温度管理を失敗して飼育がうまく行かなくなることが多いと言われています。

この記事では、

  • ミヤマクワガタの寿命はどのくらい?
  • 知っておきたいミヤマクワガタのこと
  • ミヤマクワガタが弱ってしまう原因と対策方法とは?
  • ミヤマクワガタを寿命を伸ばす上手な育て方とは?

といった内容をまとめてみました。ミヤマクワガタの寿命について気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

ミヤマクワガタの寿命はどのくらい?

ミヤマクワガタは成虫となったのち約3ヶ月ほどで寿命を迎えることが多いです。
クワガタといえばカブトムシに次いで今も昔も好奇心旺盛な少年たちの心を揺さぶる生き物ですよね。

クワガタと言ってもその種類は様々。メジャーなところではノコギリクワガタ、オオクワガタ、コクワガタといったところでしょうか。

オオクワガタは特に「黒いダイヤ」として高値で取引されることも話題に上がることがありました。

ミヤマクワガタもクワガタの中ではメジャーな種となりますが、オオクワガタ・コクワガタが2〜3年生きるのに対し、短命である特徴があります。

愛着が湧く前に天寿を全うしてしまう儚さはあるものの、その美しいフォルムは少年たちの心をくすぐるためかオオクワガタなどに引けを取らず人気の種類となります。

さて、ミヤマクワガタとはどのような生物なのか詳しくご紹介していきましょう。

知っておきたいミヤマクワガタのこと

木に止まっているクワガタを取ろうとしてもなかなか取れなかった、という少年時代の経験をした人も多いのではないでしょうか。

足の力が強いことがまず挙げられますが、顎の力も強いという特徴も併せ持っています。

その顎の力で樹木の皮をかじって傷をつけ、そこから樹液を吸うという生態があり、このような特徴を持つのはクワガタの中でもミヤマクワガタのメスくらいと言われています。

そしてその名前も意味があります。みやまを漢字で書くと「深山」。人があまり立ち入らない標高の高い場所、つまり山奥に生息している種であったことから名付けられています。

そのため気温的に涼しい場所を好む性質があり、夏場の暑さには弱くすぐに死んでしまうという特徴を持っています。

そして他のクワガタと大きく異なる点が、頭の後ろに張り出している「耳状突起」と呼ばれる張り出し。体の大きさにより張り出しも大小がありますが、ミヤマクワガタを特徴づける部分です。

そのほか、オスメス共に金色の毛が生えており、この毛によって全体的に艶やかな印象を見たものに与えています。この毛はメスにはお腹にしか生えていないので、オスメスの見分け方もわかりやすいといった特徴を持っています。

そして光に集まってくる習性があることから、ライトトラップで捕獲した人も多いのではないでしょうか。

少し山奥に行かなければ採取できないミヤマクワガタ、せっかく捕獲したのにすぐに死んでしまっては残念ですよね。

できる限り弱らせず長く飼育したいところですが、弱ってしまう原因とその対策方法についてご紹介しましょう。

ミヤマクワガタが弱ってしまう原因と対策方法とは?

前述の通り、ミヤマクワガタはその名前の由来の通り山奥、つまりは標高の高い涼しい環境を好む生態です。

カブトムシ・クワガタの捕獲といえば春〜夏の時期が盛んですが、気温の高い環境下ではすぐに弱ってしまうという弱点をミヤマクワガタは持っています。

弱らせないために最も重要なのはその飼育環境。つまりは飼育する箱内の環境を山奥に似せて整えてあげることが弱らせないための対策方法と言えるのです。

そのような環境を作り上手に育て、寿命を伸ばすための方法とはどのようなものがあるか、簡単にご紹介していきます。

ミヤマクワガタを寿命を伸ばす上手な育て方とは?

まずは土づくりですが、山奥に近い環境とするには「腐葉土」と「朽木マット」を揃えましょう。腐葉土は市販品を乾燥させてから朽木マットに混ぜて飼育ケースに敷き詰めます。

その際マットは飼育ケースの天井近くまで入れることをお勧めします。力の強いミヤマクワガタは天井によじ登ろうとする修正があるため、転倒を繰り返すことで無駄に体力を消耗し寿命を縮める恐れがあります。

マットを天井近くまで敷き詰めれば掴まる場所が出来て転倒を防ぎ、結果として体力の温存になり寿命を伸ばす効果が期待できます。

飼育ケースの環境を作り上げたら、次に重要なのは気温。涼しい環境を好むために高温になってしまっては元も子もありません。

飼育適温としては20℃〜23℃となりますので、真夏などの高温時期に関してはクーラーのきく部屋で飼育するなどの温度調整が必要です。

また湿度も重要な要因。多湿を好みますので霧吹きなどで定期的にマットを濡らすなどの手間を惜しまず実施しましょう。

食事に関しては、市販の昆虫ゼリーを与えてあげましょう。オスは発達した顎のためにケース入りのゼリーは食べにくいため、皿木の中に直接ゼリーを流し込みましょう。エキスが木に染み込み、直接木から吸い取ります。

温度管理・湿度・餌が育成に重要な要素となりますが、特に温度管理を失敗して飼育がうまく行かなくなることが多いと言われています。

そのため最も飼育に重要なのは温度管理、ということができるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました