「アフィリエイト広告を利用しています」

サルスベリ花が咲かない原因と対策|たくさんきれいな花を咲かせる育て方とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サルスベリの花が咲かない原因は主に6つ

  • 害虫のせいで樹が衰えている
  • 病気のせいで衰えている
  • 肥料が足りない
  • 光が足りない
  • 水が足りない
  • 剪定のミス

どれも育て方の問題ですので、キレイに花が咲かない時は育て方を見直してみてください。

この記事で紹介する

  • サルスベリ花が咲かない原因と対策方法とは?

に書いてある対策を行えばきれいな花が咲きますよ!その他にも、

  • サルスベリの上手な育て方と育てるのに大事なポイントとは?
  • 知っておきたいサルスベリのこと

といった内容をまとめてみました。サルスベリの花が咲かない原因について気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

サルスベリ花が咲かない原因と対策方法とは?

サルスベリの花が咲かない原因は主に6つ

• 害虫のせいで樹が衰えている
• 病気のせいで衰えている
• 肥料が足りない
• 光が足りない
• 水が足りない
• 剪定のミス

それぞれ対策と併せて紹介していきます。

害虫のせいで樹が衰えている

害虫のせいで樹が衰えている可能性があります。
サルスベリはアザミウマ、カイガラムシ、グンバイムシ、ケムシなどの害虫の被害にあうことが考えられます。

対策方法

発生してしまったら殺虫剤や虫を取り除くという作業で対応します。
予防策としては、次の見出しの「サルスベリの育て方」に書かれる、水やり、環境、肥料などの適切な対応をしていくことです。

適切な水やりによって、湿気が多くなりすぎないため害虫が付きづらくなります。

枝が混み合って風通しが悪くなると害虫は発生しやすいので適宜剪定し風通しを良くすることも重要ですね。

肥料のやりすぎにより害虫が寄ってくることもありますので、適量を与える事も害虫予防に繋がります。

病気のせいで衰えている

サルスベリが病気になる時は、「ウドンコ病」ですね。
葉っぱや茎に白いカビが付いていきます。

対策方法

もし病気になってしまったら、殺菌剤の散布、病気になった茎や葉を取り除くことです。
予防としては、古い葉っぱなどをこまめに剪定しておくことですね。

肥料が足りない

肥料が足りていないために花が咲かないことが考えられます。

対策方法

冬と花が咲いた後(9月ころ)の二度、化学肥料をまくことをお勧めします。

花が咲いた後に肥料をまく理由は花が咲くというのはものすごくエネルギーを使うため、
次の年にまたちゃんと咲くように栄養を与えるためです。

光が足りない

日照不足が原因で花が咲かないことがあります。
サルスベリは基本的に明るいところで育ちます。

対策方法

光がちゃんと当たる場所に植え替え、もしくは鉢植えの移動をしましょう。
併せて枝が込み合っていると光が当たらない部分ができますので、均等に当たるように剪定もしましょう。

水が足りない

水やりの水が足りていないため花が咲かないのかもしれません。

対策方法

基本的にサルスベリは、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやります。
夏場に水の枯れが早い時期がありますよね?その時はこまめにチェックして水を適宜与えるようにしましょう。

剪定のミス

花が咲かない原因に、剪定のミスも考えられます。

対策方法

花が咲く場所は太い枝でなく、細い枝のところです。

花が散った後、剪定をするようにしましょう。次の年に花を咲かせることを考えて剪定をしていくようにしましょう。

新芽が伸びる前の、厳冬期を除く休眠期(11月下旬~3月頃)に行って下さい。 剪定を行う事で新しい枝を生じさせることができます。

サルスベリの上手な育て方と育てるのに大事なポイントとは?

サルスベリの上手な育て方と上手に育てるポイントを紹介していきます。

サルスベリは樹高が2m以上なので基本は地植えですが、鉢植えも可能ではあります。
サルスベリは日当たりと風通しのよい場所が良く育ちます。
日陰は花を付けなくなってしまいますので、日当たりの良いところに植えましょう。

また、病気や害虫の被害にあい辛くするためにも、午前中は日の当たるところで育てることがポイントです。

サルスベリの水やり

地植えの場合、水やりは基本的に必要ありません。

日照りが続き、真夏など地面が完全に乾燥しきってしまっている時に与えてください。

鉢植えの場合は、土が乾燥したら与えるようにしてください。

サルスベリの肥料

2月と9月に、化成肥料を施しましょう。

冬の時期に肥料を与えることで、有機物の働きで土壌改良されます。
新芽や花芽がつきやすくなり、とても良く育つようになります。

サルスベリの剪定

2度切りというものを施します。
夏に開花枝の花房の下、2~3節目を切り戻すという方法を2度切りと呼びます。

2度切りすることで、新しい枝が伸びてきて、再び枝先に花が咲くことが可能なのです。
切り戻しをすることにより、枝数が増えてそれに伴い花も増える事になります。

2度切りの適期は、7月下旬~8月中旬頃を目安にしてください。

サルスベリの植え替え

2年に1回のサイクルで植え替えを基本としましょう。

3~4月の春か、10~11月秋冬が植え替えのおすすめの時期です。

植え替えのやり方は、

① 土を乾燥させておき、鉢から株を抜く。
② 根についた土を1/3ほどほぐしておく
③ 大きな鉢に植え替え
④ 水やり

これでOKです。
大きな鉢は2周りほど大きいものが理想です。

知っておきたいサルスベリのこと

サルスベリの事をもう少し詳しく知ってみましょう。

サルスベリ名前の由来

木登りが上手なサルでも、滑り落ちるほど樹皮が滑らかという例えから名付けられています。

花が咲く期間が長いことから、ヒャクジツコウ(百日紅)の別名もあります。

サルスベリ花言葉

愛嬌
不用意→サルでも滑りそうなほどツルツルとした幹ということでの花言葉です。

サルスベリ原産地

中国南部原産となっています。
基本的には、世界の熱帯各地に分布しています。

日本に来たのは江戸時代前と言われていますね。

サルスベリの花

花の時期は、は7月~10月です。
花の色は、紅色または白色となっています。

円錐花序になり、がくは筒状で6裂、花弁は6枚の構成です。

サルスベリの果実

果実の時期は、8月~11月となっています。

果実は円い蒴果です。
先が6つに割れて、翼がある種子を飛ばします。
しかし、果実は種子を飛ばしたあとも遅くまで枝に残っているのも特徴にあります。

サルスベリ品種

サルスベリには品種がいくつかありますが、人気なものをいくつか紹介します。

カントリーレッド

濃い紅色が鮮やかな品種です。よく見かけますよね。

夏祭り

紅白絞りが印象的な模様です。名前も素敵ですよね。

ブラックパール

珍しいタイプのシックな黒葉品種。大人な雰囲気です。

チカソー

樹高30cmで背丈低めのサルスベリです。

タイトルとURLをコピーしました