【効果抜群】ハダニ駆除に効く重曹スプレーの作り方とハダニ駆除6つの方法とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ハダニの駆除に効果的な重曹スプレーの作り方は

小さじ一杯分の重曹、植物性のオイルをカップ3分の1程度、水1カップを用意し、混ぜ合わせれば完成です!あとはスプレーボトルに入れてハダニの発生している場所へ吹きかけましょう。

重曹は厳密には農薬ではありませんが、ある程度効果が見込めて害もないということで農林水産省からは「特定農薬」として指定されています。

重曹の持つ様々な効能は害虫に対しても効果を発揮する場合があり、この重曹スプレー1回の吹きかけでハダニの7割ほどを窒息させ駆除できたという例があります。

重曹がないといった時にはそのほかにも家にあるもので効果的な6つの対策を紹介していますのでチェックしてみてください。

この記事では、

  • 【効果抜群】ハダニ駆除に効く重曹スプレーの作り方
  • 6つのハダニの駆除の方法とは?
  • 知っておきたいハダニの事

といった内容をまとめてみました。ハダニ駆除について気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

【効果抜群】ハダニ駆除に効く重曹スプレーの作り方

ハダニ駆除には重曹スプレーが効果的です。

小さじ一杯分の重曹をまずは用意しましょう。そして植物性のオイルをカップ3分の1程度、水1カップを用意し、重曹と混ぜ合わせます。

あとはスプレーボトルに入れてハダニの発生している場所へ吹きかけましょう。

重曹は厳密には農薬ではありませんが、ある程度効果が見込めて害もないということで農林水産省からは「特定農薬」として指定されています。

重曹の効能としては病気に対してのものが認められていますが、害虫に対しては認められておりません。

しかし重曹の持つ様々な効能は害虫に対しても効果を発揮する場合があり、この重曹スプレー1回の吹きかけでハダニの7割ほどを窒息させ駆除できたという例があります。

折角手塩にかけて育てた植物も害虫に食い荒らされるのは本当悔しいですもんね。

ハダニは代表的な種類といえる程につきやすい害虫となりますが、重曹スプレー以外にも様々な駆除方法が挙げられます。

6つのハダニの駆除の方法とは?

1・テープによる駆除

少数が付着している場合は、セロテープなどの粘着テープを貼り付けて駆除が可能です。
但し再発の可能性があり駆除方法としては完全とは言えません。

殺虫剤などの併用をお勧めします。

2・水流による駆除

水の勢いで洗い流すこともできます。ホースのジェットなどの勢いの強い水をあてて流してしまいましょう。

しかし勢いが強すぎて植物を傷めることもありますので注意が必要です。

3・水に浸す

小さな鉢植えなどの場合には、全体を水に浸しハダニを溺れさせる方法も効果的です。

4・牛乳スプレー

乾いた牛乳成分がハダニの気門を防いで窒息させると考えられています。農薬を使いたくない野菜などでは効果的な方法といえるでしょう。

放置しておくと牛乳の臭いが付いたりしますので、散布の翌日などに水洗いで乾いた牛乳をしっかり洗い流しましょう。

5・コーヒースプレー

カフェインが有効と言われており、牛乳よりも臭みなどの心配が少ないことからも取られる方法の一つです。

しかし飲用よりも濃くしなければ効果が期待できないとも言われており、あくまでまずは試してみて、のレベルと考えたほうが良いでしょう。

6・農薬散布

最も効果的な駆除方法で。大量発生してしまった場合や、広範囲に発生が生じてしまった場合には覿面でしょう。

しかし無農薬野菜を目指している場合等は正直取りたくない方法とも言えますね。

出来れば植物に影響が少ない方法で駆除したいハダニですが、いったいどのような生態を持つ害虫なのでしょうか?

知っておきたいハダニの事

ハダニとはダニの仲間で、実はクモに近い動物です。

体調が0.3~0.5㎜となり、肉眼では非常に見つけにくい虫となります。

成虫になれば主に葉っぱの裏に卵を産み付け、孵化した幼虫は葉などの植物の組織から養分を吸い取り、成虫へと成長することとなります。

高温・乾燥した場所を好みますので梅雨が明けたころから9月頃までに繁殖が盛んになり、短時間に大量に増殖するために注意が必要です。

植物の樹液を吸い成長しますが、その吸い取りの後が白や褐色の斑点となって残ります。
大量に発生すると葉の全体が白みがかったりすることが発見の兆候となります。

害虫なだけに寄生されてしまうと、植物の成長が大きく妨げられることとなりますので
発見次第駆除、もしくは予防措置を取ることが必要となりますね。

乾燥を好むだけに、生物としては意外ながら水分を嫌う性質がありますので水を定期的に噴霧してあげることも有効な予防策となりますよ。

タイトルとURLをコピーしました