とっても水持ちが良い「ハイドロカルチャー」根腐れ防止剤なしで植物を育てられる?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ハイドロカルチャーで植物を育てる場合は、根腐れ防止剤なしはやめた方がよく、根腐れ防止剤は使用したほうが良いです。

植物の根が腐る原因はさまざまありますし、梅雨など飴が続くときには根腐れのリスクはかなり高まります。

最近ではインテリアとしても遜色ないハイドロボールなども販売されていますので見栄えも気にすることはありません。

逆に根腐れ防止剤を使わなければ根腐れの確率は圧倒的に高くなるリスクがあります。

今回の記事では、ハイドロカルチャーに根腐れ防止剤なしで植物を育てられるか?さらに使い方と代用品を紹介していきます。

普段から植物を育てている方、今から植物を育ててみたい方はこれを読んでハイドロカルチャーについて改めて知識を深めて上手に活用していきましょう。

ハイドロカルチャーに根腐れ防止剤なしで植物を育てられる?

ハイドロカルチャーで植物を育てる場合は、根腐れ防止剤を使用しましょう。

根腐れは字の通り、植物の根が腐ってしまうことですがその原因は様々です。

代表的なものは水の与えすぎで、梅雨や雨続きの場合によく根腐れが起きてしまうので、栽培者にとっては頭の悩ましい現象です。

その他土の水捌けや通気性が悪くても起きやすく、養分を吸い上げるための機能が働かなくなるため結果植物が枯れてしまいます。

例えば葉が黄色や茶色に変色していたり、土の表面にカビが生えていたり、土がなかなか乾燥しないといった特徴が現れれば要注意。

植物の根っこが見ることができれば一番早いのですが、黒色に変色してしまっていれば根腐れが起こってしまっています。

対処法は黒くなったねを切り落とし、株ごと別の場所に植えてしまうことですが枯れ具合がひどければ処分するしかありません。

ハイドロカルチャーでは植物が常時水に浸かっているような状態となります。そのため根腐れが起こりやすい環境と言えるので、防止剤は使用するべきとなりますね。

さて、ハイドロカルチャーでの根腐れ防止剤の使用方法、及び代用できるものがあるのかについて詳しくご紹介していきます。

ハイドロカルチャーに根腐れ防止剤を使う方法と代用できる物とは

ハイドロカルチャーでの根腐れ防止剤は、容器の底に敷き詰めて使用します。

ハイドロカルチャーではハイドロコーンやゼリーボールといった人工の土を使いますが、この土だけでは植物を育てるのは非常に困難です。

根腐れ防止剤の使用目的は植物から出される老廃物を吸着することで、根腐れを防止するとともに植物の成長を促すためとなります。

ただ根腐れ防止剤だけでも植物は育ちませんし、人工土と根腐れ防止剤の配分を間違えてもうまく育ってくれません。

その配分量はどれくらいがベストなのか?おおよその目安としては人工土9割、根腐れ防止剤1割の配分となります。

土が少なすぎると植物の根が長く育ちませんし、土が多すぎると容器内で老廃物が増えてしまい根腐れを起こしやすくなってしまいます。

植物にとってそのバランスが取れていることが成長に重要な要因であり、土9割、防止剤1割はうまく植物が育つためのちょうど良いバランスとなります。

根腐れ防止剤の代表的なものとして「ミリオン」という商品があります。

しかし量がそこまでいらず、もっと手軽なものはないか?といった場合は別のものでも代用が可能です。

その代表格としては「ゼオライト」があります。

金魚の水槽などに入れるゼオライトは汚れを吸着する効果がありますので、根腐れ防止剤としての効果も十分、ネットのほかホームセンターや100均でも購入できたりしますので手軽でおすすめですよ。

今一度確認しておこうハイドロカルチャーのこと

植物を気軽に栽培できるとして、近年人気が高まってきているハイドロカルチャー。

100均で揃えることができる手軽さも魅力です。

容器で育てる植物ですが、ハイドロボールと呼ばれる人工土、もしくはジェルボールを使用し意匠性を高めインテリア映えすることも人気の要因です。

透明の容器のために水の量が一目瞭然で管理がしやすく、土の独特な匂いがせず無臭であり虫もほとんど寄らないために清潔感も高い栽培方法です。

反面、植物自体はさほど大きく成長しないために観賞用途以外を求めるのであれば適した栽培方法ではありません。

また多くの植物とは異なり、日光にあまりさらしてしまうと水中に藻や苔が発生してしまうので美観を損なってしまいます。

そのために全ての植物が生育できるというよりも、日光が少なくても十分に育つ植物の育成が適していると言えます。

またハイドロボールやジェルボール自体は普通の土と異なり栄養分は含まれていません。そのために栄養分は人の手でこまめに与えてあげる必要があり、手間に感じつことがあるかもしれません。

肥料は水耕栽培用の液体のものを用意し、植物の成長しやすい4月〜10月の期間は2週間から1ヶ月おきに与えます。

寒い季節となると植物の成長も緩やかになるので、頻繁に与えるのは逆効果です。成長度合いを見ながら適宜与えていきましょう。

成長がうまく軌道に乗れば、ある程度形を保ちながら緩やかに育っていきますので観賞用の植物として申し分ありません。

ジェルボールを使用したものもインテリア性が高いですが、カラーサンドを使っても映えますし、様々な組み合わせを試す楽しみもありますよ。

タイトルとURLをコピーしました