「アフィリエイト広告を利用しています」

アマリリスの植え替え時に根を切るのは良いの?正しい植え替え方法とお手入れ方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

アマリリスの植え替え時に根を切るのは腐ったり枯れたりしている根っこだけきるようにしましょう。

鉢植え、地植えともに2.3年を一区切りとして植え替えすることをお勧めします。植え替えする際は、一回り大きな鉢を準備して培養土に化成肥料を混ぜた土を使います。

夏までは日向において、真夏は日陰に移動させます。そして秋ごろからは水やりをしないで休眠させることにしましょう。アマリリスはもともと熱帯地域が原産ですので寒さに弱い性質がありますので、温度管理が重要になってきます。

しかし、比較的育てやすく、花が咲くのも早い植物なので初心者でもキレイに大輪の花を咲かせることができますよ!

今回の記事では、

  • アマリリス植え替え時のポイント
  • アマリリスの上手な育て方
  • アマリリスの病害虫とその対策
  • アマリリスの種まき方法
  • アマリリスの増やし方
  • アマリリスという花について

ということを紹介していきますので、アマリリスを生育してみたいと思っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

アマリリスの植え替え時に根を切るのは良いの?

アマリリスの植え替え時には、枯れたり腐ったりしている根は切りましょう。そして植え替えする時には十分に湿らせた土を使ってその後は一週間ほど水を与えないようにしておくことがその後の根腐れを起こさなさいポイントになります。

植え替えポイント

鉢植え、地植えともに2.3年を一区切りとして植え替えをしていきましょう。

まず、植え替えの鉢として一回り大きい鉢を準備します。

その鉢の底に鉢底石を敷いて培養土を入れておきましょう。その培養土には緩効性の化成肥料を混ぜておくと良いですよ。

球根の四分の一くらいが地面から出るように浅めに植え付けましょう。そうすることで球根が腐らずに済みます。植え付けした後はたっぷりと水をあげる事がポイントです。

置き場所が屋外の場合

夏の初め頃までは日当たりのよい屋外でOKなのですが、夏になると葉焼けの心配があるので日陰に移動させましょう。

そして秋ごろから水やりをせず休眠に入らせるのです。

基本的にそもそもアマリリスは熱帯の植物です。冬には耐えられないので休眠させ、4月ころから日当たりのよい場所に戻して水やりをまた始めましょう。

アマリリスの上手な育て方

アマリリスの花の時期は4月から7月です。基本的にはポットで植えて水をあげて適度に日光を当てるだけで約2.3か月で開花する実に育てやすい花だと言えます。

アマリリスを育てるのは基本的に球根で鉢植え、地植えかポット苗での方法があります。順に説明します。

球根:鉢植えの場合

大輪種の場合は、5~6号鉢に1球、小~中輪種の場合は4~5号鉢に1球植えを基本として植えてみましょう。

  1. 鉢に鉢底ネットを敷き鉢底石を入れる
  2. 鉢の高さの2/3ほどまで培養土を入れる
  3. 球根2個分の間をあけながら球根を並べる
  4. 球根の上部1/3が出るようにして培養土をかぶせる

球根:地植えの場合

基本的に土作りから2週間ほど経過してから球根の植え込みをします。

  1. 堆肥を入れて土作りをする
  2. 深さは20㎝程度堀り上げる
  3. 球根の上部1/2~1/3が出るようにして土をかける

※もともと乾いた球根の場合は、湿らせたキッチンペーパーで球根を包んだ状態にして一日置いた後に植えつけるようにしましょう。

ポット苗で育てる

アマリリスの苗は秋から春の間に手に入れる事ができます。

基本的に購入したらすぐ植え付けをするようにしましょう。

鉢植え・地植え

  1. ポットから株を抜き取って下の土を振るい落とす
  2. 鉢の半分くらいまで培養土を入れる
  3. 球根の2/3が隠れる程度に植え付ける
  4. たっぷりと水やりをする

適した土

水はけがよくて風通しが良く、ある程度保水される土が適しています。植物用の市販の草花培養土でOKです。

もし自分で用意する土なら、パーライト1、赤玉土6、腐葉土3、の割合にしておきましょう。

水やり

ポットで育てるならそのポットを箱から取り出してたっぷり水を最初に上げます。後は1週間に一度のペースでポットカバーの中央あたりからゆっくり水を与えてください。

水やりに関してはやりすぎが注意です。水を与えすぎると根腐れしてしまう可能性があります。

置き場所

ポットや鉢で育てるなら置き場所は屋内で、基本的に日があたり15℃~20℃くらいの温かい場所に置くようにしてください。

一応支柱などで支えると安定して育てる事ができます。

アマリリスに気を付けたい病害虫と対処方法とは

アマリリスは病気も害虫も被害が少なめですが、病気だと赤斑病、害虫だとダニ類に注意です。

赤斑病

初めは不規則な赤色の斑点がでてきて、だんだん拡大し最終的には黒色の小粒点が密生するような形状になっています。病斑を生じた側に曲がったり、病斑に亀裂が生じたりもしてくる可能性もあります。
この赤斑病にかかる原因は、糸状菌(かび)です。このかびは、15℃以上30℃以下で生育するといわれています。

もし発生したら、その部分を摘除することで改善することもありますし、繁殖が多ければ薬剤散布で対処しましょう。

この病気を防ぐには株の合間ときちんとあけて風通しを良くさせる事や、水分をためすぎないことなどが注意点となります。

害虫:ダニ

アマリリスはほとんど害虫被害がないのですが、高温期に葉裏に赤ダニが稀に発生します。もし発生したら水で流すことで退治できます。

あまりに大量発生していれば薬剤散布でもOKです。

害虫を防ぐためには日ごろから長雨に当てない、水やりしすぎないことを注意しておくことです。

アマリリスの花芯(花芽)の出し方とタイミング。大輪の花を咲かせる方法を解説

アマリリスは基本的には大きさを考えると一つの鉢に1球根入れるのがおすすめです。

しかし大輪の種類の場合は大きめの鉢の4号あたりのものを用意しておくとよいでしょう。そして花が大きいので倒れやすくもなりますので、重みのある鉢を使用することが良いとされます。

なるべく大きな花を咲かせたいなら、球根がずっしりしている重めで艶があるものを選びましょう。

ホームセンターなどで大きくなるアマリリスという種類のものも置いてありますのでチェックしてみてください。

アマリリスの種まき方法と栽培。自分で育てて新しい品種を作ろう

アマリリスの花が咲くと次はさやが変色して黄色になります。そうなったときに薄い膜につつまれているところから種を採取してください。ちなみに一つの鞘には50粒ほど入っています。

そしてその採取した種は、季節的に15℃から23℃の適温であればするに蒔いてもOKですが、7月くらいまでのほうが管理がスムーズになります。もし少し種を保存するなら日陰で乾燥させておきましょう。

種まきには、市販の植物培養土を使用し、種をまいて水をたっぷり与えましょう。その時には日陰に置いておくのが良いです。1週間くらいで芽が出始めますので、芽が出たらひなたに移しましょう。

そして種をまいてから1ヶ月前後で追肥をしておきましょう。

ここからは通常の育て方と同様ですが、密植しすぎたら植え替えをして風通しをよくしてあげたり、温度管理をしっかりしてあげます。

アマリリスの繁殖方法と増やし方。株分けやリーフカットで増やす方法を紹介

アマリリスは「有皮鱗茎」に分類されているものです。種で増やすことも可能ではありますがかなり時間がかかりますので球根で増やすことが一般的とされています。

球根で増やす方法としては、球根を大きな株に育てることによって自然に子球根ができるのでそれを使って増やす分球がおすすめです。

もうひとつ球根をナイフで切り分ける方法もあるのですがこれは簡単な方法ではないので初心者向きではないでしょう。

分球での増やし方

 

まず球根を肥大化させることから始めます。

花が咲き終わったとこからスタートで、花がらとタネが出来る部分を切り取って、花茎や葉は枯れるまで残します。そうすることで、葉っぱや花茎で作られた養分が球根に行き、球根を大きく太らすことができます。

分球の手順鉢植えの場合、鉢を押さえながら、鉢から株を抜く。

地植えの場合は、アマリリスの周りの土を広めにシャベルで掘り起こす。

  1. 固まった土を落としながら、丁寧に根をほぐす。
  2. 親球から子球をわける。
  3. わけた球根をがすぐに鉢に植えつける。

地植えの場合は、春まで待って植えつけるために、球根を保存することになるので、球根から土をしっかり落として日陰で乾燥させて茎や葉などを取り除いて保存しましょう。

覚えておきたいアマリリスのこと

アマリリスは、球根の植物で多年草に該当します。

アマリリスが属するアマリリス属は、南アフリカ原産の温暖な地域の花で、基本的にアマリリスとベラドンナという2種類のみです。

春から夏にかけての花で開花は4月から7月、育てる適温は15℃から23℃あたりです。切り花としては通年出ていますが、花もちはだいいた1週間前後とされています。

花の色は多色あって、代表的な赤色、ピンク色、白色を中心にオレンジ、黄色、緑、紫いろなど複数の色が存在します。

アマリリスは基本的に育てやすい植物で、球根は2月あたりから出回り、早くて4月から花が楽しめます。それぞれの季節に咲く種類もあります。

育て方としては、鉢植えがおすすめです。地植えも可能ではあるのですが、原産地が温暖な地域で寒さに弱いところもあるため、室内で育てる方が簡単と言えるからです。

アマリリスの花言葉と由来。贈り物に最適な意味を持つアマリリスの花言葉を紹介

アマリリスは色ごとに花言葉が少し違ってくるのですが、全体としては以下の通りです。

  • おしゃべり
  • 誇り
  • 輝くばかりの美しさ
  • 内気
  • 臆病
  • 虚栄心

この「アマリリス」という言葉がギリシャ語で「輝く」という意味です。

臆病な心などのマイナスイメージの花言葉もあるのですが花言葉の花の姿や形状でつけられた言葉なのであまりに気にせずとも良いと思いますよ。

贈り物をするときには「輝くばかりの美しさ」「誇り」をモチーフにしたいですね。

各色の花言葉を紹介します。

  • 赤色アマリリス:輝くほどの美しさ
  • 白色アマリリス:内気
  • ピンク色:おしゃべり
https://twitter.com/REIKAworld/status/1337733571109240833

基本的にアマリリスは女性に贈ることに向いている花です。職場の先輩などには尊敬を込めて赤色、ずっと友達でいたいという人には思いを込めてピンク色など花言葉にあった花をプレゼントするのは喜ばれます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
趣味
YUKIをフォローする
タイトルとURLをコピーしました