「アフィリエイト広告を利用しています」

グローランプの交換時期や目安とは?点検のポイントや交換の手順とは

スポンサードリンク
スポンサードリンク

グローランプの寿命は、およそ6,000回点灯といわれていて、1日6回点灯して1,000日なので約2年~3年というところでしょうか。

交換する時期はだいたい2.3年に一度でよいということになりますが、多くの人は蛍光灯を取り換える時にグローランプも一緒に取り換えるようです。

グローランプを変えるのには、いまだ!というタイミングのサインがちゃんと出ています。

蛍光灯のスイッチを入れてから明かりがつくまでに、5秒以上かかるなら交換のサインだと捉えてよいでしょう。

蛍光灯はグローランプのおかげで点灯しているので、蛍光灯の付きが遅いのはグローランプの寿命を表しているということなのです。

今回の記事では、

  • グローランプの交換の時期や目安
  • グローランプ点検のポイント
  • グローランプ交換の手順とコツ
  • グローランプや電子点灯管とは?

ということを紹介していきますので、グローランプの交換のタイミング、交換の仕方に悩んでいるなら最後まで読んでいただくとグローランプのことに詳しくなれますよ!

グローランプの交換の時期や目安とは?

グローランプの交換には交換のタイミングでサインを出しています。

そのサインは、蛍光灯のスイッチを入れてから明かりがつくまでに、5秒以上かかる。こうなったらランプの交換時だと理解してください。

しかし実際問題、蛍光灯はもっと早く寿命がきて、蛍光灯を交換する回数は圧倒的に多いですよね?別々交換が煩わしい方は、だいたい蛍光灯を変える2度目に1回グローランプを交換するというのを目安にしてもOKです。

https://twitter.com/_samuiossan/status/1612056178636509184

グローランプの実際の寿命は約6,000回程度の点灯で時間より点灯回数で測られています。

年数で計算すると6,000回なら単純に一日6回の点灯で1,000日の計算、つまり約2年半から3年程度が寿命と考えるのが妥当です。

そうなると蛍光灯は一年に一度と換算してもグローランプは蛍光灯の2回目の交換時に一緒に交換するのがおおよその目安になってくるということです。

しかし前述しましたように、グローランプは点灯回数によって寿命が変わりますので点灯回数が多ければ2年弱、少なければ4年ほど持つケースもあるというわけです。

その他の交換のサインとしては、
  • 蛍光灯の両端が薄赤く光る
  • 蛍光灯の点灯がチカチカ繰り返される

という状態も交換のタイミングだと考えてください。

グローランプ点検のポイントとは

確認方法は簡単で、照明器具についている銘板(ラベル)をチェックします。

照明器具交換の目安は10年と先述しましたが、安全のために1年に1回は点検することをおすすめします。

  1. 購入後、10年以上経過している
  2. 全く点灯しない
  3. スイッチONでも点灯しないときがある
  4. こげくさい、異臭がする
  5. 点灯時にブレーカが動作する
  6. 点灯するまで数秒かかりすぐにつかない
  7. 明るさが低下している
  8. チカチカしている
  9. グローランプが黒色になっている
  10. 点滅を繰り返す
  11. プラグ、コードなどが熱くなっている
  12. カバー、パネルなどが変色、変形、破損、ひび割れしている
  13. さびが出ている

以上13点をチェック項目としてグローランプの点検をしてみてください。

グローランプ交換の手順とコツとは

グローランプの交換は非常に簡単です。背の届く場所にあればだれでも交換できるでしょう。

グローランプの構造は基本的に時計の反対周り左側に回すと外れて、右側に回すと締まるという単純な仕組みになっています。

しかしグローランプにもいくつか種類があり、30W以下のものだと左に回していくとそのままスムーズに取れるのですが、32W以上の場合は左に回すとカクッと手ごたえがあるようになっていて、カクッとした時点で抜くと取れるようになっています。

 

グローランプや電子点灯管とは?

点灯管とは蛍光灯を点灯させる際に使われる器具のことです。

点灯管の種類はかなりあって、バイメタル内蔵のもの、寿命を3倍程度まで延長した長寿命点灯管などが開発されてそれぞれのメーカーからいくつもの種類が販売されています。

そして、「点灯管」と「グローランプ」は同じなのです。

蛍光灯の種類の中に「グロースターター形」というものがありますがそれに使う点灯管ということで敢えて呼び方がグローランプとされているだけのことで、違いは呼び方でしかありません。

点灯管はスターター形の蛍光灯を点灯させるための放電管なのですが、それには以下のようないくつかの呼び名があります。

  • グロースターター
  • グローランプ
  • グロー方式点灯管
  • グロー球

これらは全部同じものだと思ってください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
生活
YUKIをフォローする
タイトルとURLをコピーしました