二人目が欲しいのに妊活がうまくいかない?食事の見直ししてみない?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

 すんなりできた一人目。

そろそろ二人目が欲しいなと思っているけど、

妊活してもなかなかうまくいかないという人、いませんか?

さまざまな要因があるかもしれませんが、

できることはやって二人目の子どもを授かりたいですよね。

そこで食事改善をしてみましょう!

食事のどんなことに気を付けていますか?

どんなものを食べたらいいか、見ていきましょう!

 

・妊娠中に摂ったほうがいいもので、よく聞くのは「葉酸」

どんな食材に多く含まれているかというと、

ほうれん草やアスパラガス、納豆などに多く含まれています。

レバーもよく聞くかもしれませんが、

上記の食材は料理のアレンジもしやすいので、

これをおすすめ食材ベスト3とします。

 

・そしてもうひとつ大事なのは「たんぱく質」です。

そう、お肉です!

葉酸の食材、ほうれん草と一緒に炒めたり、

アスパラの豚肉巻きなんかも手軽に摂取しやすいですね。

 

・最後にホルモンバランスを整える「イソフラボン」

大豆や豆乳などですが

これも、葉酸やタンパク質との相性抜群です。

熱い夏、冷ややっこの上に、納豆とキムチ、

ごま油、そして刻んだシソを乗せる。

さらっと食べやすいですよ。

 

また、あったかいものであれば、豆乳で作るクリームシチュー。

牛乳の代わりに豆乳を入れたり、ほうれん草を入れると、

妊活中に摂取したい成分全てが取れちゃいます。

お肉は骨に近い部位がより効果的だそうですよ!

一人目のお子さんがいる、バタバタの日常の中でも、

簡単に摂取できることが理想ですよね。

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

妊活中に気を付けたい食事について!注意するべき食材ってなに?

活には食生活の見直しが必要となります。

一人目のお子さんや旦那さんの食事を優先してしまい、

自分の食事はついつい後回しで、何でもいいやと考えがち。

 

朝はトーストだけ。

太るからお肉は食べず、野菜中心。

でもお腹が空くからお昼はコンビニのおにぎりやカップ麺。

 

なんて生活していませんか?

妊娠する体には、栄養バランスが整った食事が理想です。

妊娠体質になるために、たんぱく質はきちんと摂りましょう。

 

そんな一方で、摂りすぎに注意してほしいのが、炭水化物。

お米やパンなどの炭水化物には

「糖分」がたっぷり入っています。

手軽に食べられるさっきのような

朝ごはんと昼ごはんではなく、

野菜やお肉、魚や乳製品など、バランスよく食べましょう!

 

また、食事の順番も注意すべき点です。

汁もの→野菜→肉・魚→米・パンです。

 

このような順番で食べることにより、効果的に

書く栄養が体に行き渡るのです。

これらを意識しながら食事をしましょう!

 

 

 

妊活におすすめのデトックス食材を使った食事のレシピで授かる体を!

デトックスといえば、食物繊維。

キノコ類をふんだんに入れたメニューで、

体の中をデトックスし、

妊娠しやすい体づくりを目指しましょう!

・豚汁

定番の豚汁ですが、多くの産婦人科医が言うように、

和食は妊活にもってこい。

その中でも簡単にできるのが、豚汁。

ここに食物繊維豊富な食材を入れるのです。

しめじ、えのき、ごぼう、白菜、ほうれん草、にんじん、

だいこん、こんにゃくそして豚肉。

たくさんの食材を入れているので、一気にいろんな栄養が摂れます。

朝・昼・夜いつでも食べられる

日本代表の豚汁は妊活デトックスに最適な料理!

 

・豚肉の他人丼

豚肉に含まれるビタミンB群には、

代謝を上げる効果があります!

体もあたたまり、基礎対尾オンの上層にも効果が期待されます。

豚肩ロース、玉ねぎ、卵、ごはんが基本の食材。

あとは、自分で好きな食材を入れて

オリジナルの丼にするのもいいですね!

アスパラを入れると彩りもよくなります!

調味料は一人前だと、水100㏄、しょうゆ・みりん各大さじ1、

砂糖・酒各大さじ1/2、にんにく(チューブ◎)小さじ1/2

 

簡単お手軽な料理で三食バランスよく食べましょう!

新たな命が授かれることを願います♪

タイトルとURLをコピーしました