タオルが色移りやカビの影響でピンクになった時にオキシクリーンや漂白等で落とす方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

タオルが色移りやカビの影響でピンクになった時にオキシクリーンや漂白等で落とす方法ですが、具体的な落とし方の手順についてご紹介します。

1・タオルを漬け置く為に40度~50度のお湯を用意する。
(この際、漂白剤の必要量がわかりやすい様に2リットルや3リットルといったきりの
良い数量とすることをお勧めします。)

2・お湯1リットルに対し酸素系漂白剤(オキシクリーンなど)大さじ2杯を溶かす。

3・洗浄液内に汚れたタオルを漬け置く。(目安1~2時間)

4・漬け置き後、洗濯機で洗う。

この記事では、

  • タオルが色移りやカビの影響でピンクになった時にオキシクリーンや漂白等で落とす方法
  • タオルがピンク色や色が着く原因と対策方法とは?
  • オキシクリーンを使った洗濯槽の掃除方法

といった内容をまとめてみました。タオルが色移りやカビの影響でピンクになった時にオキシクリーンや漂白等で落とす方法について調べている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

タオルが色移りやカビの影響でピンクになった時にオキシクリーンや漂白等で落とす方法

タオルがピンク色となったとき、それを落とすには【酸素系漂白剤】を使うことをお勧めします。

「オキシクリーン」はドラッグストアなどの店頭でよく見かけますが、これは「酸素系漂白剤」となりますので入手しやすいですね。「塩素系」と間違えないよう注意しましょう。

具体的な落とし方の手順についてご紹介します。

1・タオルを漬け置く為に40度~50度のお湯を用意する。
(この際、漂白剤の必要量がわかりやすい様に2リットルや3リットルといったきりの
良い数量とすることをお勧めします。)

2・お湯1リットルに対し酸素系漂白剤(オキシクリーンなど)大さじ2杯を溶かす。

3・洗浄液内に汚れたタオルを漬け置く。(目安1~2時間)

4・漬け置き後、洗濯機で洗う。

この手順でピンク色の汚れもきれいに落ちることとなりますが、それでもまだ汚れが残っている場合は洗浄液に付けなおして煮洗いをしましょう。

タオルと言えば白色が多いと思いますし、ご自宅で使用しているものも白系が多いのではないでしょうか。

しかし使用を重ねていくにつれいつの間にかピンクっぽく変色していってしまい、洗濯を重ねてもなかなか白色に戻らない経験をされている方も多いのではないかと思います。

さて、タオルがピンク色に変色してしまったりする原因は一体何なのでしょうか?

タオルがピンク色や色が着く原因と対策方法とは?

白いタオルが変色してしまった場合には2通りの原因が考えられます。

まずは「雑菌」によるもの。白いタオルが使用を重ねるにつれピンク色にだんだんと変色してきた場合は雑菌によるものが疑わしくなります。

タオルと言えば水分を拭きとるもの。タオルに水分を吸い取らせた後は例えばカバン内に放置したり、洗濯かご内に入れて洗濯時まで放置、というケースが大半でしょう。

濡れてしまった状態のままが続くと菌が繁殖しやすくなるのはご存知であると思います。

そしてピンク色の色素を出す雑菌が繁殖することでタオルの色が変わってしまうという現象が発生していると考えられるのです。

雑菌が繁殖すれば、色も変化すると同時に嫌な臭いも発生しますのでチェックしましょう。

もう一点の理由は、洗濯機の中で他の衣類の色が落ち移ってしまった可能性です。

この場合、ピンク色だけではなく他の色に変色することもありますのでわかりやすいのではないでしょうか。

https://twitter.com/mebayumama29623/status/1210092021710327808

さて、これらの嫌な変色に対してはどのような対処法があるのでしょうか。いくつかご紹介していきましょう。

まず雑菌による変色を防ぐには、タオルを使用した後は濡れた状態での放置を防ぐために乾かしてから洗濯機に入れる、そして洗濯が終了したのちはすぐに干すといったこまめな行為が必要といえるでしょう。

当たり前のことですが当たり前がなかなかできていないことも多いでしょうし、日々の積み重ねが大事であるといえますね。

そして色移りを防ぐには白いタオルと色の濃い衣類を一緒に洗濯機で洗わないことです。
面倒ですがいつまでも白色の新鮮なタオルを保つにはこれも大事なことといえますね。

ただ雑菌が繁殖する、と言えば洗濯機も疑わしいですよね。洗濯機はそのほとんどが部屋内の洗濯コーナーに設置されるために、日当たりも風通しも良好であるとは言えません。

その為雑菌も繁殖しやすく洗濯物への影響も懸念されますが、実は前述の「酸素系漂白剤」であるオキシクリーンを使用して掃除が可能なのはご存知でしたでしょうか?

オキシクリーンを使った洗濯槽の掃除方法

「オキシ漬け」とも呼ばれるこの洗浄方法。オキシクリーンは漂白の他、弱アルカリ性洗剤という面もあり、油汚れや泥汚れといった酸性の汚れに有効なのです。

洗濯層からの臭いや内部の汚れが気になる場合は洗濯槽の洗浄を試みましょう。

まず50度程度のお湯を高い水位まで洗濯槽内にため込みます。この際、何リッター相当となるのかを説明書などで確認しておきましょう。

そののちオキシクリーンを入れた水量に対し適量投入し、「洗い」コースで5分ほど洗濯機を回したのちふたを閉め6時間ほど放置します。

6時間ほど経過したら、水面に浮かんだ汚れをネットなどですくい、排水します。排水後水槽内の汚れを確認し、取れる汚れを取り除いたら通常コースで洗濯機を動かします。

もちろんこの際、洗濯物は入れずに動かしましょう。

その洗濯機でのオキシ漬けが初めてでありかつ湯温やオキシクリーンの分量が適量であった場合つまりはうまく洗浄能力が発揮できた場合、凄まじく汚れが浮いてくるそうです。

逆に汚れが浮いてこない場合、汚れがたまっていないかもしくは洗浄液の能力が足りていないことが考えられます。面倒ですが再度分量に注意して実施してみましょう。

逆に何度すすいだところで汚れが出てくる場合はオキシクリーンの能力では落としきれないことの表れとなります。

その際はより洗浄力の強い「塩素系」の洗濯槽専用クリーナーを迷わず使用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました