クリスマスツリーを出す時期はいつ頃がベスト?一番楽しめる時期とは

スポンサードリンク
スポンサードリンク

クリスマスツリーを出す時期は1月の最終週の末か12月の最初の週の末、家族が皆で飾り付けを出来る時が良いでしょう。

本来の習わしにこだわる場合であれば、「待降節」の4つ前の日曜日である11月28日に出すこととなります。

 

この記事では、

  • クリスマスツリーを出す時期はいつ頃がベストか
  • 毎年見直したいクリスマスツリーの飾りと意味
  • クリスマスツリーを片づけるのはいつ頃?

といった内容を詳しく紹介しています。ぜひ最後まで目を通してみてください

 

クリスマスツリーを出す時期はいつ頃がベストか

クリスマスツリーを出すベストな時期は、11月の最終週の末か12月の最初の週の末、家族が皆で飾り付けを出来る時が良いでしょう。

クリスマスはキリスト教の祝日。
「待降節」と呼ばれる期間にクリスマスの準備をする習わしが続けられてきた様です。

この「待降節」はクリスマス当日より4つ前の日曜日からクリスマスイブまで、となっており、キリスト教徒の大半はこの「4つ前の日曜日」にクリスマスツリーを出すことが多い様です。

本来の習わしにこだわる場合であれば、2021年では11月28日(日)から12月24日までの期間が該当しますので、11月28日に出すこととなりますね。

ただキリスト教徒でなければ特に出す日にはこだわる必要はないと思います。

家族皆で楽しみながら飾り付けを出来る日が最善の日と言えるでしょうし、ハロウィン終わればクリスマス!と11月頭からツリーを設置する方も増えています。

https://twitter.com/Oh_tai_san/status/1459135974336647173

クリスマスツリーは家のどこに置かなければならない、という決まりはありません。

設置場所はご家庭それぞれとなりますが、小さな子供がいる家庭では飾り付けやツリー自体で怪我をしないように配慮しましょう。

またイルミネーションを付ける場合は電気を流していることから火事の危険性もありますので、燃えやすいものの近くに置かないよう配慮しましょう。

毎年見直したいクリスマスツリーの飾りと意味

様々な飾りつけを施されるクリスマスツリー。飾りつけにもそれぞれ意味があります。
代表的なものを見ていきましょう。

トップスター(頂上の星)

キリスト教ではイエス・キリスト生誕を三人の賢者に知らせ、生誕の地ベツレヘムまで導いた星があり宗教的な意味が強いことからツリーの頂上に星を飾る様になったそうです。
「ベツレヘムの星」「クリスマスの星」などと呼ばれています。

りんご(オーナメントボール)

旧約聖書で人間の祖先と位置付けられているアダムとイブはエデンの園で善悪の知恵の実を食べてしまった話は耳にされたことがあるかもしれません。

永遠の命を失った代わりに神々に等しい善悪の知識を得て人間となった、そのきっかけとなった禁断の実を再現しています。

クリスマスツリー発祥の地と言われるドイツでは、とある時期にりんごが不作となったことから赤いガラス玉で代用、それから赤をはじめとした様々な色のオーナメントボールへと飾りつけが発展していきました。

赤色はキリストの血、緑は永遠、金と銀はキリストの気高さや高貴さを表すなど、各色にもそれぞれ意味が込められています。

ベル

キリスト生誕時を知らせるために天使が持っていた喜びのベルとされています。
またベルの音には魔除けの意味もあるそうです。

キャンディ

「キャンディ・ケーン」と呼ばれ杖の形をしていますが、羊飼いが持つ杖を表しています。

羊飼いが羊を導くように、キリストが我々人間を導いてくれるという意味が込められています。

靴下

ある人が貧しい子供たちのため、煙突から金貨を投げると上手いこと暖炉に干されていた靴下の中に入ったそうで、縁起の良いものとして飾られることとなった様です。

ちなみにある人とは?サンタクロースのモデルになった人物だそうです。

ヒイラギ

キリストが処刑されるときに被っていたイバラの冠を表すそうです。

葉の緑は永遠の命、赤い実はキリストの血を表す聖なる装飾であり、葉の先端が尖っていることから魔除けの意味も兼ねています。

松ぼっくり

キリストの母マリアとその婚約者が逃げているときに助けてくれたのがモミの木。

助けてくれたことでキリストが生まれたことから、感謝の意を込めてモミの実を飾ることとなりました。

しかしモミの実はなかなか入手が難しいという現実があることから、松ぼっくりで代用されることとなったそうです。

ちなみに学術上ではモミも松も元は同じであるそうですので代用も納得ですね。

クリスマスツリーを片づけるのはいつ頃?

片付ける日に関しても、特に明確な定めはありません。
クリスマスが終わればすぐに片付ける、というケースが多いのではないかと思われます。

日本ではクリスマスが終われば次のイベントとなる大晦日、お正月がやってきますので遅くとも大晦日の大掃除の時には片付けるという家庭が大多数であると思われます。

しかし海外では片付ける日もそれぞれ異なるしきたりがある様です。

ドイツでは1月6日で、三賢者の日とも呼ばれています。

https://twitter.com/GermanyinJapan/status/1081746946228932608

イギリスでも1月6日とされています。

https://twitter.com/yoookd/status/1082020546865479680

スウェーデンでは1月13日。

https://twitter.com/EmbSweTokyo/status/1216653022278762496

日本と比べるとクリスマス後も長く飾られているようです。

 

クリスマスツリーの記事はこちらから↓

クリスマスツリーは本来なんの木が使われるの?日本で代用4種類とは?
クリスマスツリーの木として発祥の地であるヨーロッパでは伝統的に「モミ」の木が使用されます。 日本ではそれに似た、下記の4種類から手に入れやすいものを探してみると良いですよ。 モミ ウラジロモミ トドマツ エ...
タイトルとURLをコピーしました